News

【バイナリーオプション】ボラティリティを理解してトレード勝率をアップさせよう!

【バイナリーオプション】ボラティリティを理解してトレード勝率をアップさせよう!
この記事でわかること
  • 為替相場におけるボラティリティとは?
  • バイナリーオプションでボラティリティが重要な理由
  • ボラティリティを活用した攻略方法

こんにちは!パンダ専務です。

今回は為替相場ではよく使われる「ボラティリティ」について説明します。

ボラティリティとは簡単に言うと為替変動した幅のことで、ボラティリティを理解することで勝ちやすいタイミングが分かるようになるので、勝率アップには欠かせない要素です。

平社員スズキ
平社員スズキ
Twitterでバイナリーオプションについて検索すると「今日のUSD/JPYはボラがある」「ボラが無いから取引きは辞めておこう」といった事をよく見るね!
パンダ専務
パンダ専務
それだけボラティリティは大事だということダよ。順番に説明していくからちゃんと理解しておくのダ!

またボラティリティはバイナリーオプションだけでなくFXや暗号資産(仮想通貨)などの取引でも使われる言葉であり、「金融取引の基礎知識」と言っても過言ではありません。

それではバイナリーオプションでの勝率を上げるためにも、ボラティリティを正しく理解していきましょう!

Highlow.comの公式ページへ

ボラティリティとは「価格の変動比率」のこと

ボラティリティとは「価格の変動比率」のことで、価格変動の幅が広いと”ボラティリティが高い”と言い、価格変動の幅が狭いと”ボラティリティが低い”というように表されます。

バイナリーオプションにおけるボラティリティとは価格変動の幅を表す

ボラティリティは様々な基準があるのですが、基本的に上のチャートのように全体的に見て変化が大きいかどうかで判断すれば問題ありません。

しかしトレードにおいて変動幅だけを見ていると大きな落とし穴にハマってしまう場合も!そこで次で解説する「取引量」も併せて考えていく必要があります。

ボラティリティと取引量の関係

ボラティリティは通貨ペアの取引量も考慮して確認しなければなりません。

取引量とは?

取引量とは為替相場で取引される通貨量のことであり、【取引量が多い=取引に参加している人が多い】ということになります。

取引量が多い(=取引参加者が多い)状態はチャートの動きが安定していること多く、大衆心理が効きやすいため、テクニカル分析が効きやすいという利点があります。

単純にボラティリティを「価格の変動幅」と考えると全体的な取引量が少ない時に少数が大量に売り買いする方が激しくなることが多いのですが、これでは取引参加者が少ないので大衆心理を予測するテクニカル分析が効きにくくなります。

一方で取引量の多い通貨ペアや時間帯では急激な値動きは少ないのですが、トレンドが発生することも多く、トータルで考えるとゆっくりと大きく動くため、ボラティリティがあると言えるのです。

ボラティリティが同じでも取引量の違いによって取引しやすさが変わる

上記の画像のように取引量の少ない通貨ペアは目標価格Aに到達しているものの、少数の取引が市場に大きく影響を与えているため、利益を出せるような相場ではありません。

一方で取引量が多く値動きのしっかりしている通貨ペアは、目標までの到達はゆっくりですが危なげなく価格Aに到達しているのが分かります。

どちらも価格Aに到達しているので変動幅は一緒ですが、どちらの通貨ペアが取引きしやすいかは一目瞭然でしょう。

  • ボラティリティが高く、取引量が多い通貨ペアは値動きが安定している。
  • ボラティリティが高く、取引量が少ない通貨ペアは乱高下が続くことも多い。

バイナリーオプションではこのようにボラティリティと取引量を意識しておくと良いでしょう。

平社員サトウ
平社員サトウ
要するにボラティリティが高くても取引量が見合わなければダメだということ。取引量が多い通貨ペアでの取引を心がけよう!

バイナリーオプションでのボラティリティの必要性

バイナリーオプションは決められた時間内にエントリーした方向に価格が動いている必要があるため、FXとは違って「値幅の大きさ」よりも「確実なトレンドによる一方方向への動き」が求められます。

つまり、ボラティリティが高いかつ取引量が多い相場の方が明確なトレンドが発生しやすいため、バイナリーオプションに向いているのです。

ボラティリティの認識としてバイナリーオプショントレーダーは「ボラティリティが高い=トレンドが出やすい」と考えてしまいます。確かに取引量が多く価格がしっかり動くのでトレンドが出やすい一面もありますが、「ボラティリティがある=エントリーポイントを狙っている人が増えている」と考える方が良いでしょう。

例えばあるポイントから下方向に動くと予想したとします。そのポイントが有効なポイントならば「価格が下に動く」と予想したトレーダーがたくさん待ち構えているため、そのポイントで取引量は多くなり、勢いがつきます。

上記のようなテクニカル分析は取引量が多い方がより有効になるため、為替相場での取引を行っているバイナリーオプショントレーダーも忘れてはいけません。

パンダ専務
パンダ専務
「価格は相場参加者の総意で動いている」ということを忘れてはいけないのダ

バイナリーオプションでボラティリティを活用する方法

バイナリーオプション取引でボラティリティを活用する上で「通貨ペアの選択」「取引時間帯」「エントリータイミング」などの基礎を理解しておく必要があります。

それではボラティリティを活用する上で重要な3つのポイントを見ていきましょう!

バイナリーオプションでの通貨ペアの選択

バイナリーオプション取引をする際は通貨ペアの選択は最優先事項であり、バイナリーオプションにおける通貨ペアをボラティリティを基準に選定すると次のようになります。

ボラティリティがあり安定している通貨ペア
  • USD/JPY
  • EUR/USD
  • USD/JPY

世界3大通貨と呼ばれる米ドル・ユーロ・日本円は流通量が豊富であり、この3通貨の組み合わせはボラティリティがありテクニカル分析が効きやすい通貨となります。

ボラティリティはあるが急変動もある通貨ペア
  • GBP/USD
  • GBP/JPY
  • EUR/GBP

ポンドは取引量世界第4位なので十分動きがしっかりしていますが、ポンドは投機目的での取引も多く、乱高下する場面もあるため「殺人通貨」とも呼ばれています。

短期間での変動率も高いので向いてはいるのですが少しクセが強く、使いこなすにはテクニカル分析に従った素直なエントリーが重要です。ある程度相場の流れが読めるようになった中級者向きの通貨ペアと言えるでしょう。

基本的にバイナリーオプションで選択できる通貨ペアはボラティリティが高めな通貨ペアが多いので、自分がトレードしやすいと感じる通貨ペアを見つけましょう

取引時間帯を意識したトレード

24時間取引が可能な為替相場ですが、市場参加者の層によってオセアニア市場・東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場という4つの市場に大きく分類されています。

ボラティリティは取引時間と取引市場によって変動する

バイナリーオプションではボラティリティの高い時間帯(取引量の多い時間帯)に取引きしたほうが勝率は高くなります。

1日の中で相場参加者の多い時間帯は東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場の3つが開場している時間帯です。ただし、この三大市場が開いている時間帯でも時間帯による傾向を知っておく必要があります。

▼時間帯別の相場傾向(日本時間)▼

9時~10時:9時50分の仲値に向けてボラティリティが高くなり相場が大きく動く可能性がある。

10時~12時:ボラティリティは高いが相場が落ち着いている時間帯

12時~15時:ボラティリティが低い時間帯

15時~18時:ロンドン市場の参加者が徐々に増え、ボラティリティが高くなる

18時~21時:ボラティリティが高く落ち着いた相場になりやすい時間帯

21時~翌日2時:ロンドン市場とニューヨーク市場が重なり、最も市場参加者が多く活発な取引がありボラティリティが1日の中で最も高い(ゴールデンタイム)。

翌日2時~翌日6時:徐々にボラティリティが低くなってくる

この中でオススメしない時間帯は12時~15時翌日2時~翌日6時の時間帯。どちらもボラティリティが徐々に低くなる時間帯でテクニカル分析が効きにくいためです。

バイナリーオプションではボラティリティが高い通貨ペア・時間帯に集中して取引を行うことで、勝率を上げることができます!

ハイローオーストラリアのおすすめの取引時間は?営業時間は何時まで?いつから24時間じゃないの?
ハイローオーストラリアのおすすめの取引時間は?営業時間は何時まで?いつから24時間じゃないの?Highlow.com(ハイローオーストラリア)の取引時間を詳しく解説。調べてみた結果、祝日や年末年始に伴う営業停止期間や、夏時間・冬時間・各国の祝日に合わせて変更される取引時間もご確認下さい。取引が出来ない時間帯もあるので注意!思っていたのと少し違うはずです。...

取引時にエントリータイミングを計る

バイナリーオプションは通貨ペアや時間帯でボラティリティを意識するだけでなく、エントリーポイントでもボラティリティを意識することが重要です。

バイナリーオプションでトレーダーが意識するポイントではボラティリティが高まる

例えば上図のように相場参加者が意識するポイントがあるとしましょう。このポイントは注文しようと待ち構えているトレーダーがたくさんいるため、必然的に取引量が増えていきます。

このように多くのトレーダーが意識するポイントを認識することで、より市場の流れに乗ったボラティリティの多いポイントでのトレードが可能です。

平社員サトウ
平社員サトウ
意識するポイントを探すにはインジケーターや水平線を使ったトレードがオススメです!

ボラティリティ判断に使えるインジケーター3選

ボラティリティを判断するにはインジケーターが有効。特に「ボリンジャーバンド」「ライン」「ATR」というインジケーターは使いやすいのでオススメです。

使えるインジケーター3選

なお上記のインジケーターは全てMT4で使うことが可能です。MT4を使ったことが無い方は以下の記事を参考にしてみてください

ハイローオーストラリアはXMのMT4を使えばテクニカル分析が出来るって本当?
ハイローオーストラリアはXMのMT4を使えばテクニカル分析が出来るって本当?Highlow.com(ハイローオーストラリア)はXMのMT4を使えばテク二カル分析が出来るのか?要因としてXMのMT4チャートとハイローオーストラリアの取引チャートの動きが似てると言う噂があったのですが、真実は一体どうなんでしょうか?...

それでは各インジケーターについて詳しく見ていきましょう!

ボリンジャーバンド:上下の価格幅を予測する

ボリンジャーバンドとは移動平均線と移動平均線を中心に相場のボラティリティで幅が変化するバンドによって構成されたトレンド系インジケーターです。

ボリンジャーバンドの狭い・広いをみればボラティリティの高い・低いが分かる

ボリンジャーバンドは真ん中の線を基準線にして、価格変動は上下の2本の線以内に収まるという考え方のもとに作られています。

そのため上下の線の幅が広がればボラティリティが高くなっており、逆に上下の線の幅が狭くなればボラティリティが低くなっているということを視覚的に認識することが可能です。

ボリンジャーバンドは非常に使いやすいインジケーターですので、初心者の方はまずボリンジャーバンドから使ってみることをオススメします。

ハイローオーストラリアの取引でボリンジャーバンドを使う際の設定は?highlow.com(ハイローオーストラリア)でテクニカル分析を利用する際に気になるのがボリンジャーバンドではないでしょうか。ハイローオーストラリアで使う際などにも必要なボリンジャーバンドの設定方法も併せて紹介していますので、是非どうぞ。...

ライン:ボラティリティが高くなるポイントを見つける

ラインは先ほど話したエントリーポイント、つまりボラティリティの高くなるポイントを探すのに有効なインジケーターです。

バイナリーオプションでトレーダーが意識するポイントを抜けるとボラティリティが高まる

上記のチャートは「上昇トレンド中の1時間足」と「下降トレンド中の5分足」の画像であり、長期的には上昇トレンドですが、短期的に利益確定の売りが入ったことで下落している相場を表しています。

ここから言えることは5分足で引いているラインを上に抜けた瞬間にボラティリティが高くなり、上昇トレンドが発生する可能性が高いということ。

このようにラインを使えば容易にボラティリティの高い部分を探せます。ラインを使いこなすには過去チャートでの練習やチャート全体を観察する経験が必要ですが、最もシンプルで応用の幅の広い分析方法なので、ぜひ自分のものにしてほしい分析方法です。

ハイローオーストラリアでライントレードが話題だけど、ラインの引き方わかる?【バイナリーオプション】
ハイローオーストラリアでライントレードが話題だけど、ラインの引き方わかる?【バイナリーオプション】Highlow.com(ハイローオーストラリア)を利用する際に、最近巷で話題になっている「ライントレード」を使ってみたいなと思ったので、一体どういったものなのかライントレードについて、まずは調べてみる事にしました。バイナリーオプションでライントレードって勝てるのでしょうか?...

ATR:ボラティリティを計ることが可能

ATRはアベレージ・トゥルー・レンジの略で先物取引用に開発されましたが価格変動、つまりボラティリティを測ることのできるインジケーターのためFXでも使われています。

ATRは実はあまりエントリーには向いていません。そのためバイナリーオプションでは1日の中でボラティリティの高い時間帯を知るために活用しましょう

ATRを使えば通貨ペア・時間帯別の取引量の増減が分かる

このチャートEUR/USDの5分足にATRを表示しており、縦向きの白い点線は朝6時に入っています。

ここから分かることは「ボラティリティが高くなる時間帯に規則性がある」ということです。次に別の通貨ペアも見てみましょう。

バイナリーオプションでは通貨ペアによって取引量(ボラティリティ)が高まるタイミングは異なる。

このチャートはUSD/JPYの5分足ですが、EUR/USDとは異なり、曜日によって取引量に差があることが分かります。

ATRは相場分析をしたりエントリータイミングを見つけるものではありませんが、通貨ペアの時間帯ごとのクセをつかんだり、エントリーに向いた時間帯を探すのに大いに役立つインジケーターです。

バイナリーオプションでボラティリティを考える際の注意点

バイナリーオプションでボラティリティを意識した取引をする際は「経済指標や要人発言」「取引参加者の少ない時間帯」「値動きの激しすぎる通貨ペア」の3点には注意をして行いましょう

  • 経済指標や要人発言
  • 取引参加者が少ない時間帯
  • 値動きの激しい過ぎる通貨ペア

既に一度説明している内容もありますが、注意点として改めてまとめています。それでは各注意点について詳しく見ていきましょう。

経済指標や要人発言など相場に影響を与える発表

重要な経済指標や要人発言は相場が急激に変動するため、注文が集まりやすくボラティリティが大きくなるタイミングですが、運要素の強い取引となるのでエントリーは避けるべきです。

経済指標を見逃すな!ハイローオーストラリアで勝てる取引とは? 海外のバイナリーオプション業者、ハイローオーストラリアで取引をする時に、「経済指標」は気にしていますか?戦術として経済指標を全く考えない人でも頭に入れておく事で少し勝率が上がるかもしれません。よろしければどうぞ。...

基本的に発表の前後30分はテクニカル分析を無視した突発的な動きを見せる可能性があるため、無駄な負けを拾ってしまうことにも繋がります。

「経済指標や要人発言が何日の何時に行われるのか?」という予定は各証券会社が発表しているので取引き前には必ずチェックしましょう。

為替相場市場への取引参加者が少ない時間帯

取引量が少ない(=取引参加者が少ない)時間帯はボラティリティが低いため、テクニカル分析と関係の無い動きをすることも多く、取引は避けておきましょう。

特に日本時間の【9時前】【12時~15時】【3時~5時】の時間帯は取引を止めておくべきです。

また年間を通してもボラティリティが低くなる時期が存在します。

  • クリスマス時期から年末年始
  • 欧州のバカンス時期にあたる8月
  • 三大市場の祝日

これらの時期には市場参加者も少なくなり、取引量も減っています。トレンドが発生せずレンジ相場が長く続くことも多いので、基本的にはトレードを控えておく方が無難です。

値動きの激しい過ぎる通貨ペア

バイナリーオプションで取引できる通貨ペアの中で最も値動きが激しいのがポンド(GBP)関連の通貨です。

初心者が気軽に手を出せるような通貨ではありませんが、しっかりと相場分析が出来ているのであればチャンスが多い通貨とも言えます。

特にポンド関連の通貨は取引量が少ない時間にも関わらず、ボラティリティが高くなっていることも多いため注意が必要です。

取引を行う際には通貨量をチェックすると共に明確なトレンドが出ているかどうかを確認してからエントリーするようにしておきましょう。

まとめ

為替相場の価格変動幅を表すボラティリティは取引量とセットで考える必要があり、ボラティリティ・取引量が共に高い相場で取引することでバイナリーオプションの勝率を上げることが可能です。

  • ボラティリティは価格変動幅の事であり、幅が広ければボラティリティが高い幅が狭ければボラティリティが狭いと表される。
  • ボラティリティと取引量をセットで考えることで、取引しやすいトレンドを見つけることが可能。
  • インジケーターを活用することでボラティリティの判断が容易になる。

ボラティリティは非常に大事な要素で、FXやバイナリーオプションで稼いでいるトレーダーは間違いなく理解して使っています。</p>

よく「勝てる手法さえ知っていれば儲かる」と言っている人もいますが、それはボラティリティなども含めた相場分析を正しく出来た上でのこと。

為替相場で生き残っていくことは大変ですが、諦めずに勉強を続ければ必ず勝てるようになります。

当サイトでもバイナリーオプションに関する必要情報は網羅しているので、一緒にバイナリーオプションで勝てるように頑張っていきましょう!

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアの無料デモ取引を始める
ABOUT ME
パンダ 専務
こんにちは、パンダ専務です。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今はそこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは9年間の投資家人生で培ったFXとバイナリーオプションの情報をお届けします。使えるものは「使える」、使えないものは「使えない」とバシバシ切り込む所存です!
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面
日本人に愛される海外業者!

マーシャル諸島でHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから日本人利用率No.1の海外業者で、初心者でも安心して使えます。

利用端末
  • スマホ
  • PC
  • 携帯
  • タブレット
決済方法
  • 銀行
  • カード
  • BTC