Danger

【要注意】トレード200(TRADE200)は危険!出金できないは詐欺?

【要注意】トレード200(TRADE200)は危険!出金できないは詐欺?
この記事でわかること
  • 海外バイナリーオプション業者のトレード200(TRADE200)とは?
  • トレード200は出金されない・出金拒否という噂の真相
  • そもそもトレード200に利用価値があるのか

こんにちは!パンダ専務です。今回はトレード200(TRADE200)という2014年頃からサービスを開始した海外バイナリーオプション業者について詳しく紹介していきたいと思います。

サービス開始当初より様々な物がリニューアルされるも、肝心の取引プラットフォームの改善があまり行われない業者として、現在は利用者も少ない業者ですが、実際どれだけ使えるのかという点も踏まえて詳しく見ていきましょう。

また、一部では「出金されない業者」という噂もあるようですが、これからトレード200の口座開設を検討されている方、現在トレード200で取引を行っている方は是非参考にして下さい。

トレード200(TRADE200)とは?

トレード200とは、ソニックオプションの運営元としても知られるK2 Vantures Limited社が2014年頃から運営を行う、金融商品取引業無登録の海外バイナリーオプション業者です。

サービス開始当初は、最大ペイアウト率200%という魅力もありトレード200を利用する投資家もいましたが、現在ではそのペイアウト率を超えるサービスを提供する業者が増えた事から、利用者が激減してあまり注目されていない海外バイナリーオプション取引業者の一つと言えます。

トレード200(TRADE200)

トレード200(TRADE200)のトップページトレード200(TRADE200)のトップページ
総合評価
運営会社K2 Vantures Limited
所在地Babrow Building The Valley Anguilla British West Indies
金融ライセンス表記なし
サポート:メールsupport@trade200.com
サポート:電話非対応
その他のサービスソニックオプション

ちなみに、トレード200はアンギラというイギリス領にある小さな島で運営が行われています。

大きさは石垣島のおよそ半分ほどで島の形がウナギに似ている事から、スペイン語・フランス語・ポルトガル語でウナギを意味するアンギラと命名されました。(※場所は下記画像参照)

トレード200の運営拠点がある場所

また、トレード200の公式サイト内には会社名・所在地・メールによる問い合わせ先の3点しか記載されておらず、代表者名や電話番号などの記載は一切ありません。

所在地に関して言えば、アンギラの首都であるValley(バレー)にあるBabrow Buildingというビル名しか記載されていませんが、このビル名を調べてみると面白いことがわかりました。

さらにこの住所をGoogle検索するとこの住所に酷似した住所が過去に未公開株詐欺に関連した無登録の違法業者の住所として関東財務局・金融庁の警告に登場していることが分かりました。

Yahoo知恵袋

なんと、過去に未公開株詐欺を行う違法業者が拠点を置いていた場所で運営を行っている。

怪しすぎだろwww

勿論トレード200とは会社名が違うため、未公開株詐欺に関連した無登録業者というのがトレード200やソニックオプションではないと結論付ける事はできますが、会社名やサービス形態を替えて運営されているものと疑う人がいてもなんら不思議ではありません。

また、記述されている会社情報の少なさやサポート体制がメールのみという点を見ても、信用出来る会社なのかと問われると、正直「心もとない」としか言えないのがないのが事実です。

これだけで利用する価値のない業者と判断できますが、さらに皆さんの気持ちを代弁するなら、

なんなのww Babrow Buildingは怪しい金融商品紛いのサービスを提供する会社が集まる場所なん?www

というところでしょう。何かトラブルが起こった場合でもメールでしか対応してもらえない時点で私は利用したいと思わないですが、会社概要やサポート体制だけで使える業者なのか・使えない業者なのかを判断するのは早計なので、次は取引面やサービス内容に着目して見ていきましょう。

平社員サトウ
平社員サトウ
総合評価:という時点で期待出来ない…
パンダ専務
パンダ専務
いや、これでも過大評価かなと思ってるレベルだからwww

トレード200の出金拒否について

インターネット上にはトレード200(TRADE200)を利用している一部投資家から、「トレード200は出金されない詐欺業者」という書き込みがありますが、これは以前採用されていたボーナスシステムの出金制限による出金拒否が関係しています。

下記は、現在トレード200のサービスとして導入されているトレードポイントが採用される前に、実際にトレード200で行われたいた入金ボーナスの一つです。

トレード200でトレードポイント導入前に行われたいた入金ボーナス

※初回入金を行う事で元金以上の取引が行える用になる代わりに、出金制限がかかるボーナスシステム。

海外バイナリーオプション業者の多くではボーナスシステムが採用されており、投資額として入金する金額以上の取引が出来るようになるサービスを提供している業者が多くあります。

ボーナスシステムは、元金以上の取引ができるため一見お得なものと錯覚してしまいますが、受け取る事により出金に制限がかかり、利益額の出金が簡単に行えなくなるのが最大の落し穴です。

ちなみにトレード200のボーナス出金条件は、(入金額+ボーナス付与額)×15倍の取引実績がなければ出金が行えない仕組みでした。これを実際に計算してみると、以下の通り。

ボーナスの概要

初回入金5万円で、25%のボーナスを受け取った場合

(元金50,000円 + ボーナス額25,000円) × 15 = 1,125,000分の取引実績

このように、元金とボーナス額を合わせた75,000円という資金で、約110万円分の取引を行わなければ利益額の出金が行えない、出金申請をしても拒否されてしまうというカラクリです。

ただし、繰り返しになりますが現在のトレード200ではボーナスシステムは廃止されているため、ボーナス金額を受け取る事による出金制限・出金拒否は現在はないと考えて問題ありません。

また、現在の出金可否状況も2014年から長年運営を続ているという点を見ても、少なくとも全く出金が出来ない業者ということはないと思います。

しかし、今回のように海外バイナリーオプション業者を利用する投資家の間では「出金できるか、出金できないか」と議論されることがありますが、出金なんて出来て当たり前、出金できるできないが議論される時点でその業者に利用価値はないと認識しておいて下さい。

ボーナスシステムに変わるトレードポイント

トレード200ではボーナスシステム終了に伴い、トレードポイントというポイントシステムが導入されました。トレードポイントは出金条件なしに、取引に成功すればそのまま出金も可能です。

トレード200のトレードポイントの仕組み
トレードポイントのメリット

 

  • 取引成功で円に変更(出金可)
  • 受け取るリスクがない
  • トレードポイントだけで取引が可能
トレードポイントのデメリット

 

  • トレードポイント専用取引でのみ利用可能
  • トレードポイントの取引は等倍取引(1.00倍)でペイアウト率が非常に低い
  • 入金者全員がポイントの受取対象ではなく、受取総額上限が決められているため、入金してもトレードポイントを受け取れない場合がある

トレード200で唯一評価出来るポイントがこのトレードポイントです。投資家はリスクなく取引を行う事が出来るため、受け取る事ができれば資金を失うリスクなしに取引が出来ます。

逆に「入金すればトレードポイントがもらえる!」と思い入金をしても、受取総額をすでに超えている場合は、いくら高額の入金を行おうとも1ポイントも受け取ることが出来ません。

トレード200のトレードポイントは受取総額上限あり

ここがトレードポイントの落し穴で、「今現在、入金を行うとトレードポイントが付与されるのか」という点は公式サイト内に記載されていないため、入金するまではトレードポイントが付与されるのか、付与されないのかわからない仕組みとなっています。

キャンペーンページが表示されている間は配布期間中と受け取ることも出来ますが、過去に膨大なボーナス出金条件を課して出金できない仕組みを使いトラブルを撒き散らしていた所を考えると、入金後にトレードポイントが付与されるかどうかは運任になると考えたほうが良さそうです。

平社員スズキ
平社員スズキ
唯一評価できる部分がトレードポイントですか?
パンダ専務
パンダ専務
出金に制限がないのは前より改善されたポイントだと思う

トレード200の取引概要・詳細

2020年にサイトデザインが大きく変更されたトレード200ですが、新しい機能が加わった、取引商品が増えたという事は一切なく、これまで通りのサービス内容で取引を提供しています。

まずはトレード200の取引概要・詳細から見ていきましょう。

トレード200(TRADE200)

トレード200(TRADE200)のPC取引画面トレード200(TRADE200)のスマホ取引画面
通貨ペア7種類
仮想通貨取扱いなし
株価指数取扱いなし
商品指数取扱いなし
取引/ペイアウト率ハイ&ロー:1.76倍
RETURN200:2.00倍
短期取引:1.74倍
ポイント取引:1.00倍
専用ツール等ローソク足が見れる

トレード200で取引可能なのは主要通貨ペア7種のみで、仮想通貨やGOLDのような商品指数の取引は行う事はできませんので、特段投資家の目を引くようなコンテンツはありません。

加えて各取引のペイアウト率がとてつもなく低く、トレード200で利益を出す場合他の海外業者より高い推移の勝率を維持する必要があるため、初心者は絶対に使わないようにして下さい。

ハイロースプレッド短期取引
Highlow.com

1.85~1.95倍

2.00倍

1.85~2.30倍

ザ・オプション

1.80~1.85倍

2.00倍

1.83~2.00倍

トレード200

1.76倍

2.00倍

1.74倍

ドル円やユロルのような、主要通貨でしか取引を行わないという方であれば最低限の取引は可能ですが、取引幅を広げる事ができないため本格的にバイナリーオプションで稼いでいきたいという投資家には物足りないサービス内容と言えるでしょう。

また、取引プラットフォームのデザインもリニューアルに伴い大幅に変更されましたが、肝心の中身はあまり変更されていないため、約定のズレ問題は解決されておらずチャート画面はカクカク、立て続けにエントリーする連打エントリーも行えないままです。

他の海外業者と比較して、何かひとつでも突き抜けているものがあればと思うが、マジでなにもない・・・。

平社員サトウ
平社員サトウ
初心者向きでもない、玄人向けでもないって良い所なしですね。トレード200を推奨するウェブサイト多いのに…
パンダ専務
パンダ専務
これが現実。この状況下でトレード200を推奨してる人は、投資の知識がない人かトレード200の回し者だと思ってる。

まとめ

このページでは、出金されないと噂のあるトレード200(TRADE200)が本当に使える海外バイナリーオプション業者なのかという点について、詳しく紹介しました。

  • トレード200の運営拠点(所在地)は、過去に未公開株詐欺を行う違法業者が拠点を置いていた場所である。
  • 他業者と比較するとペイアウト率がとても低く、取引商品も7種類と少ないため、初心者向きでも玄人向きでもない。
  • 出金出来ない原因は以前開催されていたボーナスシステムの出金条件が原因で、トレードポイントの仕組みを取り入れた現在ではボーナス受取による出金拒否はない。

これからバイナリーオプション取引を、海外業者を利用して行おうとしている方はトレード200は利用しなくてもいいというのが個人的な結論となります。

2014年からサービスを提供し続けている業者なので大きなトラブルなどはなく運営されていると考えられますが、取引業者としての魅力が薄くサービス内容に突き抜けたものがないため、トレード200でなければならない理由がないというのが大きな理由です。

まず居ないとは思いますが、トレード200では連打エントリーを行う事ができないため、そのような取引を強制的に抑制したいという場合のみ利用価値があるかもしれません。

ABOUT ME
アバター
パンダ 専務
こんにちは、パンダ専務です。自由に使えるお金が少しでも増えればと思い為替取引を開始してはや5年。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今は社会人の肩書を捨て、そこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは5年間で培ったFXとバイナリーオプションの情報をお届け致します!
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面
日本人に愛される海外業者!

マーシャル諸島でHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから日本人利用率No.1の海外業者で、初心者でも安心して使えます。

利用端末
  • スマホ
  • PC
  • 携帯
  • タブレット
決済方法
  • 銀行
  • カード
  • BTC