Highlow.com

ハイローオーストラリアのスプレッドがひどいって言うけど他よりマシじゃない?

ハイローオーストラリアのスプレッドがひどいって言うけど他よりマシじゃない?
この記事でわかること
  • スプレッドとは何か?
  • ハイローオーストラリアのスプレッド取引のペイアウト率
  • 取引時間と銘柄によってスプレッド幅は違う

こんにちは!パンダ専務です。Highlow.com(ハイローオーストラリア)で取引をする際に、めちゃくちゃ気になるのが、「スプレッド」では無いかと思います。

海外のバイナリーオプション業者特有ではありますが、意外とどういった意味なのかを知らない方も多いみたいです。

ハイローオーストラリアで取引をするのなら、ペイアウト率の高い「スプレッド取引」は非常に気になる存在でしょう。

バイナリーオプション取引をするなら高いペイアウト率を目指して取引をしたいのは当然で、少しでも有利な状況で取引をしたいと思うのは普通の事ではないかと思います。

ですが、「スプレッド」についてしっかりと知っておかないと、損をする可能性もあるので、まずは知る事から始めるのがいいのではないでしょうか。

それではハイローオーストラリアのスプレッドについて見ていきましょう。

尚、ハイローオーストラリアの口座開設をまだされていない方、これからしようかなと考えている方は、別記事にはなりますが、当サイトでも口座開設方法についてわかりやすく解説しています。

highlow.com(ハイローオーストラリア)の口座開設申込方法について
【審査どれくらい?】最新ハイローオーストラリア口座開設方法を紹介します!最新のHighlow.com(ハイローオーストラリア)口座開設方法です。2020年に口座開設方法リニューアル後の変更点として、審査の時間が大幅短縮と革新的変更に伴いハイローオーストラリアで新規口座開設をしやすいようになってます!...

画像を見ながら口座開設をすると3分ほどで口座開設は完了すると思うので、興味のある方はこの際に口座開設をしてみてください。

パンダ専務
パンダ専務
スプレッドについて詳しく知っているんダろうか?意外と知らない人多いみたいダよ。
平社員スズキ
平社員スズキ
知らなくて利用するのはちょっとリスク高いんじゃないでしょうか?利益になっているのならいいのですが。

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアでの取引はスプレッドの有無でペイアウト率に違いがある

スプレッドの説明をするには、ハイローオーストラリアについて少しだけ解説をさせて頂かなくてはなりません。

highlow.com(ハイローオーストラリア)スプレッド ペイアウト率の違い

と言うのも、ハイローオーストラリアのペイアウト率は「スプレッド有」の取引と、「スプレッド無し」の取引では違うからです。

スプレッド有り
  • Highlowスプレッド 2.00倍
  • Turboスプレッド 2.00~2.30倍

※取引時間、銘柄によってペイアウト率は違います。

スプレッド無し
  • Highlow 1.85倍~1.95倍
  • Turbo 1.85倍~1.95倍

※取引時間、銘柄によってペイアウト率は変わります。

取引時間、銘柄にもよりますが、これだけペイアウト率が違うのです。知っておいて損はないはず!

何故、ここまでの違いがあるのかと言われると、そこでスプレッドが影響してくるわけです。

1度の取引での影響は小さいかもしれませんが、バイナリーオプション取引は、取引回数を積み重ねていくものなので、取引回数が多くなればなるほど、違いが生まれてきます。

これだけのペイアウト率の違いを生んでいる「スプレッド」とは一体どんなものなんでしょうか。

パンダ専務
パンダ専務
ちょっとの差も積み重なっていくと大きな差となるのダ。スプレッドは悪い面だけじゃないんだよ!
平社員スズキ
平社員スズキ
ですが、スプレッドが良い面だけではないのも事実なんですよね。

スプレッドとは一体どんなものなのか?

そもそもスプレッドとはどういった意味の言葉で、何を指しているのかを考えてみましょう。

スプレッドとは?

スプレッド (spread) は、英語で「広げる」または「延ばす」という意味の動詞。または広がること、広がりという意味の名詞。

スプレッド – 金融用語で、異なる市場や限月での金利差や価格差のこと。たとえば、運用金利(貸出金利)と資金調達金利(預金金利)の差やTTS(対顧客電信売相場)とTTB(対顧客電信買相場)の差をスプレッドと呼ぶ。

WIKI

ハイローオーストラリアにおいての「スプレッドは金融用語とは少し異なる」ので注意が必要です。

どちらかと言うと、広げるや延ばすといったところが近いのかもしれませんね。

ハイローオーストラリアの取引でペイアウト率に大きな違いを生み出しているスプレッドなのですが、そもそも何を表す言葉なのかから説明させて頂きます。

highlow.com(ハイローオーストラリア)スプレッドについて解説

上記の画像で見て頂くとわかりやすいかと思いますが、スプレッドとはドロー近辺にある一定の範囲です。

言葉だけで説明するのは難しいので、画像を見て頂けるとわかりやすいですね。

このスプレッドの範囲内で取引が終了すると、損失となります。

つまり、スプレッド有の取引と言うのは、為替価格が大きく動いた上で、「High」か「Low」かを予想しなくてはいけないので、為替の大きな動きの相場を狙う取引に必然的になるのです。

あくまでも、スプレッドに触れないような取引をしていくとしたら、為替の動きが大きい方が有利というのは見た目的にもわかるかと思います。

スプレッド幅は基本的に一定なのですが、ペイアウト率が高いほど広くなっていく傾向があるのです。

ペイアウト率が高いのはスプレッドが広いからとも捉えることもできるので、単純にペイアウト率が高い取引を狙うよりも、バランスが良いところを選ぶと、より利益になる可能性は十分にあるので、考えておいてください。

パンダ専務
パンダ専務
ペイアウト率が高いだけじゃダメなのダ!バランスが大事ダよ!バランスが!
平社員サトウ
平社員サトウ
目に見えるメリットってやっぱり強いですよね。高いペイアウト率に誘われてしまいそうです。

取引時間と銘柄によってスプレッドの幅が違う

highlow.com(ハイローオーストラリア)スプレッドの違いについて画像

少しお話ししていますが、取引時間と銘柄によってスプレッドの幅は変わってきます。

あくまでも取引時間と銘柄でスプレッド幅は変わっていますが、単純に達成難易度によってスプレッドの幅が変わっているような気もするので、取引をする際の注意点として覚えておくのがいいでしょう。

「スプレッド幅」というと少し難しく感じるかもしれませんが、単純にスプレッド幅が広いと取引の難易度は高いと覚えておくのがいいのかもしれませんね。

個人的には、時間が短く、状況によってはスプレッド幅で取引が終了する可能性が高い、短期の取引はよりも、中長期の取引のほうが狙いやすいかなとは思いますが、その辺りはペイアウト率とのバランスも考えて取引をしたいところです。

ハイローオーストラリアのturbo(ターボ)スプレッドの使えるタイミング、手法は?

Turboスプレッドの利用は状況をしっかりと見極めるところから始めていかなければなりません。

highlow.com(ハイローオーストラリア)turboスプレッドの使えるタイミングは?

短期の取引は、取引の終了時間が短いので、為替の動くタイミングを外してしまうと、スプレッドに掛かりやすい印象があるというお話はさせて頂きましたが、スプレッドを回避できる為替の動きがある相場での利用をおすすめします。

turboスプレッドを利用する時に損失にならないように注意するのは下記の通りです。

  • スプレッドの範囲を回避できるような相場を狙う
  • スプレッド幅の広さをしっかりと把握する

ハイローオーストラリアの場合は取引不可能な無理なスプレッドがあるというわけではありません。

しかしながら、スプレッドを利用した取引をするのなら、スプレッドを意識して、狙う相場を考えなくてはいけません。

例えば、下の図のような動きで相場が推移していたとしましょう。

highlow.com(ハイローオーストラリア)動きの少ない相場

こういった相場でスプレッドありのturboを利用するのは、少しリスクが高いです。相場が動機を探っているトレンド相場では、さすがにスプレッド有の取引をするのは、少し勇気がいります。

逆に為替の動きが以下の通りだったとしましょう。

highlow.com(ハイローオーストラリア)turboスプレッド動きのある相場が狙いやすい

トレンド相場というわけではありませんが、為替の動きに波があり、動きの激しい相場だと予想は難しいかもしれませんが、スプレッドは回避できます。

turboでのスプレッド有の取引は、「High」か「Low」かの予想は当然ですが、スプレッドを如何に回避するかを考えて投資をしていく必要があるのではないでしょうか。

パンダ専務
パンダ専務
いろんな戦略があって良いと思うのダ!正解は無いとは思うけど、気を付けないといけない点は同じダよ!
平社員サトウ
平社員サトウ
ちょっと難しいですよね。スプレッドの有る取引って

ターボスプレッドは苦手と言う方へ

私自身がそうなのですが、turbo(turbo)自体が苦手と言う方も多いのかもしれません。

スプレッドがつくと余計に苦手と言う方もいらっしゃるでしょう。

対策として考えたいのは、ターボでの取引はあきらめて利用しないと言う事です。無理に苦手な取引をする必要はありません。

ハイローオーストラリアにあるのはturboの取引だけではありませんしね。

確かにturboで取引をした方が取引の回数は多くなるかもしれませんが、それで損失が増えたら問題外です。

やっぱり投資をするなら、少しでも自分に有利でやりやすい取引をした方がいいでしょう。

中長期の取引も視野にいれてみてはいかがでしょうか。

パンダ専務
パンダ専務
取引は何も短期の取引だけじゃないのダ。turboにばかり拘る必要は無いと思うんダよ!
平社員スズキ
平社員スズキ
出来れば自分の得意な取引をする事で利益を出したいものですね。

Highlow取引の方がスプレッドは狙いやすい

turboのスプレッドについて上記では解説をしてきましたが、highlow取引の方が、まだスプレッドは利用しやすいのではないかと思います。

highlow.com(ハイローオーストラリア)中長期はスプレッド幅変動が大きい

動く機会がそれだけありますし、指標などの発表に合わせて、HighなのかLowなのかを予想する事もできます。

しかしながら、その分スプレッド幅も広く設定してあるので、好みの問題なのかもしれませんね。

  • 短期の取引と同じでトレンド相場を狙うのが吉
  • 「転売」も駆使して取引すると勝率は高くなりそう

長期的に考えることができるので、turboで利用するよりも、スプレッドを回避する難易度は下がるのではないかと思います。

また、スプレッド有の投資でも「転売」を利用する事はできるので、満期の取引までにスプレッドに掛かりそうだと判断した場合は、途中で売却してしまってもいいですしね。

転売については、別記事で詳しく解説していますので、そちらをご覧いただくとして、取引終了を待つだけでなく、自分の力で状況を打破することも不可能ではありません。

highlow.com 転売で稼ぐ人が続出!?簡単に利益が出るってホント?
ハイローオーストラリアの【転売】で稼げる人が続出してるぞ!?highlow.com(ハイローオーストラリア)には【転売】という少し特殊な取引があります。この転売を上手く使うことが出来れば稼ぐ事が出来るのは間違いなし!とまでは言いませんが利益を出す人も続出しているようです。調べてみましたので詳細をどうぞ!...

選択肢が多い分戦略の幅は広がるので、Highlow取引でのスプレッドで転売は狙い目として考えてもいいのかもしれません。

パンダ専務
パンダ専務
取引時間が長いとやはりスプレッドは広くなっているのダ。ただし動くタイミングは短期よりも逃すことは少なくなるはずダよ!
平社員スズキ
平社員スズキ
短期と中長期どっちが自分には合っているのか、はたまた自分にスプレッドの有る取引は合わないのか、考えどころですね。

まずはデモ取引で試してみるのがおすすめ

取引がしやすいからおすすめです!と言われても実感がわかないとの記事でわかること”]

  • スプレッドとは何か?
  • ハイローオーストラリアのスプレッド取引のペイアウト率
  • 取引時間と銘柄によってスプレッド幅は違う

[/box03]

こんにちは!パンダ専務です。Highlow.com(ハイローオーストラリア)で取引をする際に、めちゃくちゃ気になるのが、「スプレッド」では無いかと思います。

海外のバイナリーオプション業者特有ではありますが、意外とどういった意味なのかを知らない方も多いみたいです。

ハイローオーストラリアで取引をするのなら、ペイアウト率の高い「スプレッド取引」は非常に気になる存在でしょう。

バイナリーオプション取引をするなら高いペイアウト率を目指して取引をしたいのは当然で、少しでも有利な状況で取引をしたいと思うのは普通の事ではないかと思います。

ですが、「スプレッド」についてしっかりと知っておかないと、損をする可能性もあるので、まずは知る事から始めるのがいいのではないでしょうか。

それではハイローオーストラリアのスプレッドについて見ていきましょう。

尚、ハイローオーストラリアの口座開設をまだされていない方、これからしようかなと考えている方は、別記事にはなりますが、当サイトでも口座開設方法についてわかりやすく解説しています。

highlow.com(ハイローオーストラリア)の口座開設申込方法について
【審査どれくらい?】最新ハイローオーストラリア口座開設方法を紹介します!最新のHighlow.com(ハイローオーストラリア)口座開設方法です。2020年に口座開設方法リニューアル後の変更点として、審査の時間が大幅短縮と革新的変更に伴いハイローオーストラリアで新規口座開設をしやすいようになってます!...

画像を見ながら口座開設をすると3分ほどで口座開設は完了すると思うので、興味のある方はこの際に口座開設をしてみてください。

パンダ専務
パンダ専務
スプレッドについて詳しく知っているんダろうか?意外と知らない人多いみたいダよ。
平社員スズキ
平社員スズキ
知らなくて利用するのはちょっとリスク高いんじゃないでしょうか?利益になっているのならいいのですが。

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアでの取引はスプレッドの有無でペイアウト率に違いがある

スプレッドの説明をするには、ハイローオーストラリアについて少しだけ解説をさせて頂かなくてはなりません。

highlow.com(ハイローオーストラリア)スプレッド ペイアウト率の違い

と言うのも、ハイローオーストラリアのペイアウト率は「スプレッド有」の取引と、「スプレッド無し」の取引では違うからです。

スプレッド有り
  • Highlowスプレッド 2.00倍
  • Turboスプレッド 2.00~2.30倍

※取引時間、銘柄によってペイアウト率は違います。

スプレッド無し
  • Highlow 1.85倍~1.95倍
  • Turbo 1.85倍~1.95倍

※取引時間、銘柄によってペイアウト率は変わります。

取引時間、銘柄にもよりますが、これだけペイアウト率が違うのです。知っておいて損はないはず!

何故、ここまでの違いがあるのかと言われると、そこでスプレッドが影響してくるわけです。

1度の取引での影響は小さいかもしれませんが、バイナリーオプション取引は、取引回数を積み重ねていくものなので、取引回数が多くなればなるほど、違いが生まれてきます。

これだけのペイアウト率の違いを生んでいる「スプレッド」とは一体どんなものなんでしょうか。

パンダ専務
パンダ専務
ちょっとの差も積み重なっていくと大きな差となるのダ。スプレッドは悪い面だけじゃないんだよ!
平社員スズキ
平社員スズキ
ですが、スプレッドが良い面だけではないのも事実なんですよね。

スプレッドとは一体どんなものなのか?

そもそもスプレッドとはどういった意味の言葉で、何を指しているのかを考えてみましょう。

スプレッドとは?

スプレッド (spread) は、英語で「広げる」または「延ばす」という意味の動詞。または広がること、広がりという意味の名詞。

スプレッド – 金融用語で、異なる市場や限月での金利差や価格差のこと。たとえば、運用金利(貸出金利)と資金調達金利(預金金利)の差やTTS(対顧客電信売相場)とTTB(対顧客電信買相場)の差をスプレッドと呼ぶ。

WIKI

ハイローオーストラリアにおいての「スプレッドは金融用語とは少し異なる」ので注意が必要です。

どちらかと言うと、広げるや延ばすといったところが近いのかもしれませんね。

ハイローオーストラリアの取引でペイアウト率に大きな違いを生み出しているスプレッドなのですが、そもそも何を表す言葉なのかから説明させて頂きます。

highlow.com(ハイローオーストラリア)スプレッドについて解説

上記の画像で見て頂くとわかりやすいかと思いますが、スプレッドとはドロー近辺にある一定の範囲です。

言葉だけで説明するのは難しいので、画像を見て頂けるとわかりやすいですね。

このスプレッドの範囲内で取引が終了すると、損失となります。

つまり、スプレッド有の取引と言うのは、為替価格が大きく動いた上で、「High」か「Low」かを予想しなくてはいけないので、為替の大きな動きの相場を狙う取引に必然的になるのです。

あくまでも、スプレッドに触れないような取引をしていくとしたら、為替の動きが大きい方が有利というのは見た目的にもわかるかと思います。

スプレッド幅は基本的に一定なのですが、ペイアウト率が高いほど広くなっていく傾向があるのです。

ペイアウト率が高いのはスプレッドが広いからとも捉えることもできるので、単純にペイアウト率が高い取引を狙うよりも、バランスが良いところを選ぶと、より利益になる可能性は十分にあるので、考えておいてください。

パンダ専務
パンダ専務
ペイアウト率が高いだけじゃダメなのダ!バランスが大事ダよ!バランスが!
平社員サトウ
平社員サトウ
目に見えるメリットってやっぱり強いですよね。高いペイアウト率に誘われてしまいそうです。

取引時間と銘柄によってスプレッドの幅が違う

highlow.com(ハイローオーストラリア)スプレッドの違いについて画像

少しお話ししていますが、取引時間と銘柄によってスプレッドの幅は変わってきます。

あくまでも取引時間と銘柄でスプレッド幅は変わっていますが、単純に達成難易度によってスプレッドの幅が変わっているような気もするので、取引をする際の注意点として覚えておくのがいいでしょう。

「スプレッド幅」というと少し難しく感じるかもしれませんが、単純にスプレッド幅が広いと取引の難易度は高いと覚えておくのがいいのかもしれませんね。

個人的には、時間が短く、状況によってはスプレッド幅で取引が終了する可能性が高い、短期の取引はよりも、中長期の取引のほうが狙いやすいかなとは思いますが、その辺りはペイアウト率とのバランスも考えて取引をしたいところです。

ハイローオーストラリアのturbo(ターボ)スプレッドの使えるタイミング、手法は?

Turboスプレッドの利用は状況をしっかりと見極めるところから始めていかなければなりません。

highlow.com(ハイローオーストラリア)turboスプレッドの使えるタイミングは?

短期の取引は、取引の終了時間が短いので、為替の動くタイミングを外してしまうと、スプレッドに掛かりやすい印象があるというお話はさせて頂きましたが、スプレッドを回避できる為替の動きがある相場での利用をおすすめします。

turboスプレッドを利用する時に損失にならないように注意するのは下記の通りです。

  • スプレッドの範囲を回避できるような相場を狙う
  • スプレッド幅の広さをしっかりと把握する

ハイローオーストラリアの場合は取引不可能な無理なスプレッドがあるというわけではありません。

しかしながら、スプレッドを利用した取引をするのなら、スプレッドを意識して、狙う相場を考えなくてはいけません。

例えば、下の図のような動きで相場が推移していたとしましょう。

highlow.com(ハイローオーストラリア)動きの少ない相場

こういった相場でスプレッドありのturboを利用するのは、少しリスクが高いです。相場が動機を探っているトレンド相場では、さすがにスプレッド有の取引をするのは、少し勇気がいります。

逆に為替の動きが以下の通りだったとしましょう。

highlow.com(ハイローオーストラリア)turboスプレッド動きのある相場が狙いやすい

トレンド相場というわけではありませんが、為替の動きに波があり、動きの激しい相場だと予想は難しいかもしれませんが、スプレッドは回避できます。

turboでのスプレッド有の取引は、「High」か「Low」かの予想は当然ですが、スプレッドを如何に回避するかを考えて投資をしていく必要があるのではないでしょうか。

パンダ専務
パンダ専務
いろんな戦略があって良いと思うのダ!正解は無いとは思うけど、気を付けないといけない点は同じダよ!
平社員サトウ
平社員サトウ
ちょっと難しいですよね。スプレッドの有る取引って

ターボスプレッドは苦手と言う方へ

私自身がそうなのですが、turbo(turbo)自体が苦手と言う方も多いのかもしれません。

スプレッドがつくと余計に苦手と言う方もいらっしゃるでしょう。

対策として考えたいのは、ターボでの取引はあきらめて利用しないと言う事です。無理に苦手な取引をする必要はありません。

ハイローオーストラリアにあるのはturboの取引だけではありませんしね。

確かにturboで取引をした方が取引の回数は多くなるかもしれませんが、それで損失が増えたら問題外です。

やっぱり投資をするなら、少しでも自分に有利でやりやすい取引をした方がいいでしょう。

中長期の取引も視野にいれてみてはいかがでしょうか。

パンダ専務
パンダ専務
取引は何も短期の取引だけじゃないのダ。turboにばかり拘る必要は無いと思うんダよ!
平社員スズキ
平社員スズキ
出来れば自分の得意な取引をする事で利益を出したいものですね。

Highlow取引の方がスプレッドは狙いやすい

turboのスプレッドについて上記では解説をしてきましたが、highlow取引の方が、まだスプレッドは利用しやすいのではないかと思います。

highlow.com(ハイローオーストラリア)中長期はスプレッド幅変動が大きい

動く機会がそれだけありますし、指標などの発表に合わせて、HighなのかLowなのかを予想する事もできます。

しかしながら、その分スプレッド幅も広く設定してあるので、好みの問題なのかもしれませんね。

  • 短期の取引と同じでトレンド相場を狙うのが吉
  • 「転売」も駆使して取引すると勝率は高くなりそう

長期的に考えることができるので、turboで利用するよりも、スプレッドを回避する難易度は下がるのではないかと思います。

また、スプレッド有の投資でも「転売」を利用する事はできるので、満期の取引までにスプレッドに掛かりそうだと判断した場合は、途中で売却してしまってもいいですしね。

転売については、別記事で詳しく解説していますので、そちらをご覧いただくとして、取引終了を待つだけでなく、自分の力で状況を打破することも不可能ではありません。

highlow.com 転売で稼ぐ人が続出!?簡単に利益が出るってホント?
ハイローオーストラリアの【転売】で稼げる人が続出してるぞ!?highlow.com(ハイローオーストラリア)には【転売】という少し特殊な取引があります。この転売を上手く使うことが出来れば稼ぐ事が出来るのは間違いなし!とまでは言いませんが利益を出す人も続出しているようです。調べてみましたので詳細をどうぞ!...

選択肢が多い分戦略の幅は広がるので、Highlow取引でのスプレッドで転売は狙い目として考えてもいいのかもしれません。

パンダ専務
パンダ専務
取引時間が長いとやはりスプレッドは広くなっているのダ。ただし動くタイミングは短期よりも逃すことは少なくなるはずダよ!
平社員スズキ
平社員スズキ
短期と中長期どっちが自分には合っているのか、はたまた自分にスプレッドの有る取引は合わないのか、考えどころですね。

まずはデモ取引で試してみるのがおすすめ

取引がしやすいからおすすめです!と言われても実感がわかないと思います。

だからこそ、まずはデモ取引を利用してみる事がおすすめです。

まずはどういった取引なのかを知ってみる事が重要で、それによってメリットもあるかもしれませんし、間違いなくリスクには速めに気が付けるはずです。

実際に取引をする前に、まずはデモ取引をしてみる事をおすすめします。

パンダ専務
パンダ専務
そもそも試してみない事には自分が得意かどうかもわからないのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
知るために試してみると言うんもデモの用途しては間違いではないので、まずはデモから使ってみてください。

スプレッドの幅は取引時間と取引銘柄で決まるみたい

体感としてはスプレッドの幅が決まるのは達成難易度じゃないか?と思っているのは私だけでは無いかと思いますが、ハイローオーストラリアの取引チャートを見ていると、スプレッド幅の違いが出ているのは、「取引時間」と「取引銘柄(通貨ペア)」によってのようです。

highlow.com(ハイローオーストラリア)取引銘柄によってもスプレッドは違う

どのようにして基準を決めているのかは記載などが無いのでわからないのですが、明らかに動く要素があるかどうかでは無いかと思います。

ハイローオーストラリアの取引の中では、「スプレッド」がある取引はハイリスクハイリターンな取引と言えるかもしれません。

もちろん、取引時間、取引銘柄を見てみてスプレッド幅を回避出来そうな上で、「High」「Low」の予想を出来るのならばやるべきでしょうが、スプレッド無しの取引でも十分にペイアウト率は高いと思うので、スプレッド有りの取引は利用しないという選択肢もあるでしょう。

この辺りは悩むところではありますが、それこそハイローオーストラリアには無料で利用できるクイックデモがあるので、そちらを利用して試してみるのがいいでしょう。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)のデモ取引について
【最新】デモができない時はハイローオーストラリアのクイックデモを使おう!Highlow.com(ハイローオーストラリア)のデモ取引が利用できない!?なんて事が無いように、スマホ(iPhone・android端末)、パソコンからのデモ取引の始め方、やり方を詳しく解説。バイナリーオプショ業者でも珍しいクイックデモを「無料」で試したい方に断然おすすめですよ!...

取引時間や取引銘柄によって違うスプレッド幅も確認できると思うので、どの程度なのかをチェックしてみてもいいかもしれませんね。

パンダ専務
パンダ専務
デモを使っていろいろとチェックしてみるのがおすすめダよ。実際に見てみないとわからない事は多いと思うんダ
平社員サトウ
平社員サトウ
試してみてダメだと思ったら、通常のHighlow取引を利用するのが良いですよ!無理して使う必要はありません。

ハイローオーストラリアのスプレッドは他よりもひどいわけじゃない!

「ハイローオーストラリアのスプレッドはひどい!」との話も見かける事はありますが、どこもそんなに変わらないのではないかと思います。

ペイアウト率からも見ても他のバイナリーオプション業者とのスプレッド幅の大きさの違いはそこまで大きくないです。

highlow.com(ハイローオーストラリア)そんなにひどいスプレッド

単純に比較するのではなく、ペイアウト率、取引時間など難易度も考えてスプレッド幅は見た方がいいでしょう。

ハイローオーストラリアは総合的に見てもそこまでひどいスプレッドだとは思えません。

他よりもマシと言う言い方はあまりしたくはありませんが、他の業者とペイアウト率などを考えて比較してみると「マシ」です。

ペイアウト率が取引をする上で一番重要だと言うつもりはありませんが、低いよりも高い方がいいのは事実で、スプレッド幅が同じでよりペイアウト率が良い取引があったらそちらを選ぶのは当然かもしれません。

更に、出金面での安全性を確保するのなら、ハイローオーストラリアで取引をした方がメリットは高いのではないかと思います。

スプレッド有りのトレードよりも通常のトレードを個人的にはおすすめしていますが、決してスプレッド取引が嫌いなわけではなく、私には合わないからです。

同じような感覚の方がもしかたらいらっしゃるかもしれませんが、個人的に合う合わないというのはあると思うので、一度デモ取引を利用してみることをおすすめします。

他にもいろいろと噂はあるようなので、私自身も少しづつ調べていくつもりです。

ハイローオーストラリアには【撤退】の噂などもあるようですが、他の業者よりも安全性が高く、利用しやすいのは間違いないでしょう。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)に撤退の噂!?
Highlow.com(ハイローオーストラリア)の撤退、潰れる、なくなるはブラフだった!?【2020年最新版】Highlow.com(ハイローオーストラリア)撤退や、完全撤退の噂の真実に迫ります。2020年になり、日本撤退が未だ噂されているようなので気になって最新情報を調べてみる事にしました。バイナリーオプション初期の方まで遡ると、真実が見えてくるかもしれません。...

安全面を考えるなら国内のバイナリーオプションの方が上ではありますが、国内と海外のバイナリーオプション取引では違いがあります。分散投資をして、有利に取引を進めることができるようにしておきましょう。

これはスプレッドが有るか無いかとは関係無くどんな取引をする時もなので、注意しておいた方がいいかもしれません。

まとめ

ハイローオーストラリアの【スプレッド】について今回は調べてみましたが、如何でしたでしょうか。

スプレッドのある取引は、少し難易度が上がる印象があります。取引で損失になる範囲が増えるので当たり前といえば当たり前なのですが、しっかりと注意しておきましょう。

ですが、注意点さえわかっていれば、見返りは大きな取引でもあるので、状況を考えながら取引をしていくのがいいでしょう。

  • 意外と知らないスプレッド幅の変動
  • 取引時間によってスプレッドは変わる
  • turboスプレッドよりもHighLowスプレッドの方が戦略は多い

個人的にはturboスプレッドよりも、Highlowスプレッドの方が取引の時間が長いので、狙いやすい印象はあります。

この辺りはそれぞれの好みという部分もあるので、一概には言えませんね。

turbo等の短期で取引をするパターンと言えば、急なトレンドの発生でしょう。ハイローオーストラリアにはスマホアプリなどもあり、そちらでもデモ取引の利用は可能です。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)のスマホ、アプリ最新情報
【最速DL】Highlow.com(ハイローオーストラリア)最新アプリ情報と使い方Highlow.com(ハイローオーストラリア)の最新、最速アプリ情報を調べてます。随時更新中です。FXとは違いバイナリーオプション業者ではiPhone(ios)、android共にアプリは利用出来ない事が多いのですがハイローオーストラリアにはダウンロードできるアプリがあるの知ってますか?...

詳しくは上記の別記事で書かせていただいているので、そちらをご確認いただきたいのですが、転売も利用できるので、外出先などでの急なトレンドが出たときなどは狙い目かもしれませんね。

ハイローオーストラリアのスプレッドはひどいと言われることもありますが、他の業者と比べてみても、そこまでひどいというわけでもありません。

無理に利用する必要はありませんが、戦略の1つとして状況を見て利用してみるのもいいのではないでしょうか。

ペイアウト率の高さはお墨付きですので、一度公式サイトの方で確認してみてください。

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアの無料デモ取引を始める
ABOUT ME
アバター
パンダ 専務
こんにちは、パンダ専務です。自由に使えるお金が少しでも増えればと思い為替取引を開始してはや5年。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今は社会人の肩書を捨て、そこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは5年間で培ったFXとバイナリーオプションの情報をお届け致します!
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面
日本人に愛される海外業者!

マーシャル諸島でHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから日本人利用率No.1の海外業者で、初心者でも安心して使えます。

利用端末
  • スマホ
  • PC
  • 携帯
  • タブレット
決済方法
  • 銀行
  • カード
  • BTC