Highlow.com

バイナリーオプションはハイロー以外に使える業者がないwww

バイナリーオプションはハイロー以外に使える業者がないwww
この記事でわかること
  • バイナリーオプションはハイロー以外に使える業者はあるのか
  • ハイローオーストラリア以外の業者が使えない理由
  • ハイローオーストラリアが海外業者の中で人気の理由

こんにちはパンダ専務です。突然ですが、「ハイロー以外に使えるバイナリーオプション業者はないのか」「ハイロー以外で口座開設するならどこがいいのか」と考えた事がある人はいませんか?

Highlow.com(ハイローオーストラリア)は海外業者の中でも、最も多くの日本人が利用する業者として知名度が高いですが、もちろんそれ以外にも海外業者は沢山あります。

ペイアウト率が高い、高額ボーナスが魅力、取引ツールが充実しているなど、提供するサービス内容の特色は各業者により異なりますが、結論から言うとハイローオーストラリア以外の海外業者はおすすめできません。

口座が凍結され、やむを得ずハイローオーストラリア以外を使わなければならない状況でない限り、選択肢はハイローオーストラリア一択です!

ハイロー以外の業者を探してる人は意外と多い?

海外業者を使いバイナリーオプション取引を行っている投資家の中には、意外とハイローオーストラリア以外のバイナリーオプション業者を探している人が多のかもしれません。

今回、この記事を書くことになったきっかけは、私のTwitterアカウントに送られてきた1通のダイレクトメッセージでした。(※本人了承の元、掲載しております)

TwitterのダイレクトメッセージTwitterのダイレクトメッセージ

送られてきたダイレクトメッセージの内容は「ハイロー以外の海外業者は紹介していないけど、ハイロー以外に使えるバイナリーオプション業者はあるのか」というものです。

返答している通り、ハイローオーストラリア以外におすすめ出来る海外業者はありません。これは、実際に私が利用しない海外業者を「ここ良いよ!」とおすすめできないというのが理由です。

いろんな海外業者の口座を開設し、実際に取引をしましたが、結果からいうとハイローオーストラリア一択でした。自分が利用するにあたり満足できない業者を、他人に推奨したくないという理由で、当サイトには他の海外業者を紹介するコンテンツがありません。

ただ、これだけでは“なぜハイロー以外のバイナリーオプション業者が使えないのか”という点はわからないと思いますので、下記で詳しく紹介していきます。

ハイローオーストラリア以外の業者がダメな理由

それでは、なぜハイローオーストラリア以外のバイナリーオプション業者がダメなのかという点について解説していきます。少し項目が多いですが、最後までお付き合い下さい。

海外バイナリーオプション業者と言われれば詐欺と出金関連の問題はまず最初に思い浮かべる人が多いでしょう。大きな理由はその2つですが、残りの理由も一緒に解説していきます。

平社員スズキ
平社員スズキ
専務って以外と細かい所まで気にするタイプなんですね
パンダ専務
パンダ専務
自身の資金を運用するにあたり妥協はしたくないだけなのダ!

海外には詐欺業者が多い

海外バイナリーオプション業者は、健全に運営をしている業者もあれば、悪質な詐欺業者も存在します。種種雑多で、表向きだけでは良し悪しを判断ができないのが難点です。

海外バイナリーオプション業者には詐欺業者が多い

詐欺行為の代表的な例としては、業者そのものが詐欺業者で入金額、取引で得た利益が出金できない、入金ボーナスを無理矢理付与して高額な出金条件を突きつけるなどが有名ですね。

しかし、国内のバイナリーオプション業者のように、金融庁認可の業者ではないため、何が問題が起きた場合でも投資家自らそのリスクと向き合い対処しなければなりません。

また、一時期は悪徳業者が出す高額アフィリエイト報酬目的のブログやサイトが乱立し、誘導された先で詐欺被害に遭遇する投資家が続出した時期もありました。

その結果、消費者センターへバイナリーオプションに関する相談件数が増加し、国民生活センターが海外業者とのバイナリーオプション取引を行わないよう注意喚起を行ったほどです。

※下記は2014年の相談件数が急増した際に国民センターから出されたデータです。

バイナリーオプション取引に関する相談件数バイナリーオプション取引に関する相談件数

この頃、詐欺行為が横行されたおかげで一際目立ったのが、オーストラリア金融当局の管理の元サービスを提供しているハイローオーストラリアでした。(現在はマーシャル諸島金融当局の監督の下で営業しています。)

安全面という部分で投資家の信頼を勝ち取ったハイローオーストラリアは、現在では日本で一番利用される海外業者となっています。

出金トラブル、出金拒否が多い

海外業者はとにかく出金に関するトラブルが多いです。ボーナスを受け取った事により出金制限をはじめ、高額出金の場合は2~3ヶ月出金が行われないなんてケースもよくありました。

悪質な海外バイナリーオプション業者の出金拒否

悪質な業者の場合だと、難癖を付けられた挙げ句に取引口座が凍結され、そのまま元金もろとも手がつけられない状態になることもあります。

一方ハイローオーストラリアでは出金トラブルは殆どありません。トラブルの根源でもあるボーナスシステムがないのがその理由の一つで、高額出金の場合でも問題なく出金することが可能です。

私自身、何度もハイローオーストラリアから出金をしていますがトラブル等は一切ありません。

※ただし、不正ツールの使用や禁止とされるマーチンゲール、スキャルピングなどの取引が疑われる様な場合は出金申請後に取引を調査される場合があります。

出金体制が圧倒的に劣っている

投資家が不安になる要素の一つが「出金」です。その出金体制がハイローオーストラリアと他の海外業者ではスピード、手数料共に圧倒的な違いがあります。

下記は日本にサービスを提供している代表的な海外業者の出金日数・手数料一覧です。

出金日数出金手数料最高出金額備考
Highlow.com

1日

無料

1億円

12時までの出金申請で翌日着金

トレード200

最短4日~

3,000円

不明

10万円以上の出金の場合は手数料無料
出金手続きに最短3日、出金処理後に最短1日で着金

ソニックオプション

最短5日~

3,000円

50万円/1回

10万円以上の出金の場合は手数料無料
出金に必要な書類が揃って出金手続き開始

ジェットオプション

最短5日~

無料

50万円/1回

銀行間の送金手数料+金融機関への海外送金にかかる金融機関指定の受取手数料が出金額から引かれる

ザ・バイナリー

最短5日~

無料

50万円/1回

銀行間の送金手数料+金融機関への海外送金にかかる金融機関指定の受取手数料が出金額から引かれる

ファイブスターズマーケッツ

最短当日

1,000円

300万円

bitwalletでの出金は何回でも無料

ザオプション

最短3日~

bitwallet:出金額の4%
銀行口座:2000円 

50~100万円/30日間

5段階の口座レベルにより無料出金回数が決められている

まず出金手数料が必要な業者は論外です。入手金の際に必要な銀行間の手数料であれば仕方ありませんが、別途で出金手続きのための手数料を差し引かれると、出金の都度手数料が嵩みます。

塵も積もれば山となるではありませんが、数千円の出金手数料でも長年利用していく中で入出金を繰り返し、手数料だけでとんでもない額になるのは目に見えており、正直もったいないです。

また、出金申請から着金まで何日も日にちがかかる業者も不便なのでNG。

昔は出金申請から1ヶ月以上しないと出金してもらえない業者が殆どでしたので、それと比較すると現状の海外業者の出金事情は改善されましたが、それでも出金申請から着金までの時間は早いに越したことはありません。

取引画面の使いづらい

バイナリーオプション取引を行う取引画面(プラットフォーム)は投資家の生命線。

チャートの見やすさ、スムーズに取引を出来ることは大前提ですが、機能性を見ても海外業者の多くは取引画面のユーザビリティが低く、使いづらいのが欠点と言えます。

下記はハイローオーストラリアとソニックオプションの取引画面を比較したものです。

■Highlow.com(ハイローオーストラリア)のプラットフォーム

Highlow.com(ハイローオーストラリア)のパソコン取引画面Highlow.com(ハイローオーストラリア)のスマホ取引画面

■SonicOption(ソニックオプション)のプラットフォーム

SonicOption(ソニックオプション)のパソコン取引画面SonicOption(ソニックオプション)のスマホ取引画面

一言で言えば、他の海外バイナリーオプション業者はUI/UXでハイローオーストラリアに圧倒的に劣っています。上記画像は購入ボタンばかり目立って、肝心のチャートが見づらいですね。

サイトデザインの好みについては意見が分かれる所なので触れませんが、少なくとも上記2つの取引画面を比べたうえでソニックオプションで取引しようとは思いません。

今はハイローオーストラリアの二番煎じの業者が多い

バイナリーオプション取引が日本で注目されだした2013年頃は、業者の数も多く有名所はハイローオーストラリア以外にも沢山ありました。24OptionSmartOptionなどがその筆頭です。

しかし、そのような大手業者が日本から撤退してサービスを停止した事で、今ではハイローオーストラリア一強となり、どこの業者もハイローオーストラリア二番煎じの状態となっています。

theoptionの取引画面(PC版)theoptionの取引画面(スマホ版)

上記は割と新しい海外業者のtheoption(ザオプション)ですがハイローオーストラリアの作りにそっくりです。4種類の取引内容はハイローオーストラリアそのもの。

取引画面にこそ違いはありますが、提供している取引やハイローオーストラリアにある「5000円以上の入金で、5,000円キャッシュバック」の企画までもがtheoption内には用意されています。

これでは、ハイローオーストラリアの代わりに代用する業者にはなったとしても、それ以上のサービス内容や取引環境でない以上、結果的に「ハイローオーストラリアでいいや」となってしまうのがオチです。

平社員サトウ
平社員サトウ
ハイローオーストラリアに似ているからって理由でtheoptionを推奨しているサイトをよく見ます…
パンダ専務
パンダ専務
似てるっていうかパクりだよね?これで「ハイローさんは意識してない」って言うほうが無理があるって。

まとめ

ここではハイローオーストラリア以外のバイナリーオプション業者が使えない理由について紹介しました。結果、取引をする際はハイローオーストラリア以外の選択肢は正直ありません。

  • 海外バイナリーオプション業者はハイローオーストラリアの独擅場!
  • 出金体制やプラットフォームの使いやすさ、UI/UXでハイローオーストラリアを越える業者はない。
  • 海外業者の多くがハイローオーストラリアの後追いで二番煎じ。ハイローオーストラリアを越えるサービスでなければ使わないほうがいい。

全ての海外業者が怪しい詐欺行為を行うような悪質な業者ばかりではありませんが、海外業者を利用するにあたり投資家自身でリスク管理を行う必要があるため、新しい業者や信用が根付いていない業者を利用する際は十分に気を付けて取引を行って下さい。

ハイローオーストラリアの無料デモ取引を始める
ABOUT ME
アバター
パンダ 専務
こんにちは、パンダ専務です。自由に使えるお金が少しでも増えればと思い為替取引を開始してはや5年。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今は社会人の肩書を捨て、そこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは5年間で培ったFXとバイナリーオプションの情報をお届け致します!
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面
日本人に愛される海外業者!

マーシャル諸島でHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから日本人利用率No.1の海外業者で、初心者でも安心して使えます。

利用端末
  • スマホ
  • PC
  • 携帯
  • タブレット
決済方法
  • 銀行
  • カード
  • BTC