News

値幅は関係無い!?バイナリーオプションの低倍戦略ってなんだろう?

値幅は関係無い!?バイナリーオプションの低倍戦略ってなんだろう?
この記事でわかること
  • バイナリーオプションの低倍戦略とは?
  • 国内業者、海外業者でどちらでも利用可能
  • バイナリーオプション取引でも値幅が関係する取引がある

こんにちは!パンダ専務です。

為替取引にはいろいろな戦略があり、「FXの戦略はバイナリーオプションで」「バイナリーオプションの戦略がFXで」など、どちらでも使える戦略って意外と多いです。

しかしながら、全ての戦略が使えると言う訳ではありません。

FXでは値幅で利益や損失が決まるので、より綿密な予測が必要となります。バイナリーオプションの場合は、HighかLowかと言うのが基本となるので、値幅を予測する必要はありません。

この低倍戦略は「値幅」も重要になる事がある事を覚えておいてください。

業者によってはスプレッドの関係上ある程度の動きは必要となりますが、ベースとしての考え方は変わらないのです。

また、バイナリーオプションとFXでの違いとして「ペイアウト率」があります。FXにはありませんが、バイナリーオプション取引の場合、ペイアウト率によって利益額が変わってきます。

このペイアウト率は業者や取引によって違うので、そこの違いが「戦略」となる事もあるのです。

バイナリーオプションとFXの大きな違いとも言えるのでしっかりと頭に入れておいてもいいかもしれません。

今回は、その違いを利用した戦略と言われる「低倍戦略」について調べていきます。

バイナリーオプションにはペイアウト率以外にもおすすめ出来る面が沢山あります。

【ツールや通貨に注目!】バイナリーオプションを利用する人におすすめしたい事!
【ツールや通貨に注目!】バイナリーオプションを利用する人におすすめしたい事!バイナリーオプションのいろんなおすすめ集めてます。初めてバイナリーオプションで取引をする以前に、どんな業者、どんな戦略、どんなツールがおすすめなのか?等について調べてます!又、レクチャーや高額ツールなどおすすめ出来ない事も記載しているので参考にしてみてください。個人的な意見も含まれますが絶対に知っておいて損は無いと思うのでよろしければご覧ください!...

取引を行う業者を選択する際には、しっかりと選ぶ事を考えておきましょう。

パンダ専務
パンダ専務
バイナリーオプションはバイナリーオプションでFXはFXでと言う時代はもう終わりなのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
低倍って言う名前から戦略内容が少しわかってしまいそうですね

バイナリーオプションで行う低倍戦略って一体どういったものなのか?

FXでは出来ない、バイナリーオプションでだけの戦略と言うと非常に気になる所なのですが、まずは焦らずに低倍戦略がどういった戦略なのかを調べていきましょう。

バイナリーオプション 低倍戦略とは?

いきなり利用するのではなくて、まずは知識を入れて使えるものなのか、使えない戦略なのかを分別する必要があります。

投資にはリスクが付き物です。しかしながら、リターンを得るためにはリスクをしっかりと受け入れる事も重要だと言われています。

低倍戦略とは、国内バイナリーオプションで有名になった手法なのですが、海外のバイナリーオプション業者でも利用する事は不可能では無いようなので、どういった戦略なのか、まずはしっかりと知る事から始めてみましょう。

パンダ専務
パンダ専務
元々は国内バイナリーオプション取引で利用されていた戦略みたいダね
平社員スズキ
平社員スズキ
国内業者ではペイアウト率が低い取引が可能なので低倍戦略を試すにはいいかもしれません。

国内業者で流行した低倍戦略とは?

低倍戦略の根底にあるものは、ローリターンであっても堅実なローリスクの取引を行うことを徹底し、圧倒的に勝率を高めようとするものを指します。これって戦略では無くて考え方では?もしくは手法ではないの?と思った方、私もそう思いました。

バイナリーオプションの国内業者における取引ルールは、「開始時刻から満期となる判定時刻までが2時間以上と定められている」ということが前提となっているので、満期の2分前までの購入が可能です。

国内のバイナリーオプション業者は複数の目標レートの中から1つを選択し、満期になった際に目標レートの上か下のどちらに位置しているかということを予想して購入するのがルールとなっています。

現在のレートと目標レートの差が大きくなればなるほど予想が難しくなるため、購入金額が安く設定されているのですが、払い戻し金額は一律1,000円なのでペイアウト率が高いということになり、ハイリターンの高倍戦略となるのです。

この戦略の逆を狙ったのが低倍戦略となります。

つまりは、「現在のレートと近い目標レートを狙う事で、予想の難度下げ、ペイアウト率も低くローリターンの取引」これが低倍戦略と言う訳ですね。

満期までの残り時間が少ないほど、予想もしやすくなる事もありペイアウト率こそ低くなりますが、取引の勝率は上がる事になります。満期まで待たなくても、途中でポジションを解消し損益を確定させる「転売」という機能があるバイナリーオプション業者もあるので、利用しやすい戦略ではないかと考えます。

転売を利用するとペイアウト率は低くなりますが、自分の目で見て損益を確定する事が出来るので勝率面では非常に有利になるでしょう。

「最新版」ハイローオーストラリアの【転売】で稼げる人が続出してるぞ!?
「最新版」ハイローオーストラリアの【転売】で稼げる人が続出してるぞ!?Highlow.com(ハイローオーストラリア)には【転売】という少し特殊な取引があります。この転売を上手く使うことが出来れば稼ぐ事が出来るのは間違いなし!とまでは言いませんが利益を出す人も続出しているようです。ハイローオーストラリア以外ではあまり見かけない転売について調べてみましたので詳細をどうぞ!...

転売については別記事でも解説しているので、詳細をご覧になりたい方は是非ご覧ください。

低倍戦略とは一貫して「ハイリターン」を狙わない戦略です。その事を頭の中に入れておきましょう。

パンダ専務
パンダ専務
ハイリターンを狙わないのが低倍戦略なのダ
平社員スズキ
平社員スズキ
【勝率】の一点に集中している訳ですね。

【転売】を利用するからこその「値幅」

通常バイナリーオプション取引では値幅はほとんど関係ないと言えるでしょう。しかしながら、「転売」を利用する事で、「値幅」は重要となるのです。

だからこそ、バイナリーオプション取引ではほぼ値幅は関係無いと言えるのですが、一部の取引で関係があると言った、微妙な言い回しとなってしまうのです。

転売を利用しないのであれば、値幅は関係が無くなるのですが、低倍戦略を考えるなら転売は利用するべきものであるのも間違いないので難しい所ですね。

値幅が大事となる取引はバイナリーオプションでは極一部ではあるのですが、全く無いと言う訳では無いと言う事は覚えておいてください。

利用するかどうかは個人の自由と言っても良いので利用するのかどうかをしっかりと考えておきましょう。

パンダ専務
パンダ専務
何事にも例外があると言う事は覚えておかないといけないのダ。
平社員サトウ
平社員サトウ
バイナリーオプション取引で値幅を気にする取引があるのは珍しいですもんね。

低倍戦略を有名にしたひとりのトレーダーがいる!

誰もが思っていたとしても、前例がなければこういった戦略はなかなか利用する事は出来ません。

バイナリーオプション 低倍戦略の前任者は?

低倍戦略に関しても、利用して有名にした人物がいます。

「バイナリートレーダーちゃんこ氏」

バイナリーオプション取引で「億トレーダー」になったとされている人物ですね。実際に億稼いだのかどうかはさておき、この方が行っているのが、「低倍戦略」です。

ペイアウト率よりも勝率重視の取引を行って利益を得る。まさにそれは理想と言ってもいいでしょう。

ただただ低いペイアウト率で取引をしているのではなく、しっかりと予想した上で優位性を保てると思った箇所でのみの取引となります。極限までリスクを低くして勝率を求めると言うのが、低倍戦略で利益にする秘訣なのかもしれません。

主に国内のバイナリーオプション業者を主戦場にされていましたが、この戦略は海外バイナリーオプション取引でも利用できるのではないでしょうか。

パンダ専務
パンダ専務
ただ単純に低いペイアウト率で取引をする訳では無いのダ。勝率が高くなったから低倍率になっている取引を狙っていくのダよ
平社員サトウ
平社員サトウ
転売が使えるバイナリーオプション業者なら自分の目で見て勝ち負けやペイアウト率を判断できるのも大きな理由ですね。

海外バイナリーオプション取引でも利用可能な戦略

低倍戦略に関しては、海外のバイナリーオプション業者でも利用は可能です。

バイナリーオプション 低倍戦略は転売があるなら海外バイナリーオプション業者でも利用可能

海外バイナリーオプション業者の中にも「転売」を利用できる業者はあるので、そういった所で利用すると勝率を高く維持する事も不可能では無いかと考えます。

又、海外のバイナリーオプション業者はペイアウト率が高い事で有名ではありますが、あくまでもそれは「最高ペイアウト率」に限った話です。

海外のバイナリーオプション業者は取引時間毎にペイアウト率が違うので、業者の中で最低ペイアウト率の取引を狙って、低倍戦略を試みてみてもいいでしょう。

低倍率である(ペイアウト率が低い)と言う事には何らかの理由があるはずです。例えばその業者の中で一番人気がある取引であったり、ユーザー勝率が高いからこそ低いペイアウト率にしている可能性もあるのです。

そういった事の詳細はどのバイナリーオプション業者の公式サイトにも書かれてはいませんが、自分がペイアウト率を低く設定するならどういった理由なのか?を考えた際に思いつく要因の中に正解はあるかもしれませんね。

少し話は逸れてしまいましたが、低倍戦略に関しては、海外バイナリーオプション業者でも利用は可能なので、一考してみてもいいかもしれませんね。

パンダ専務
パンダ専務
どうして低倍率になっているのかは調べてみると面白いんダよね
平社員スズキ
平社員スズキ
人気があったり勝ちやすい傾向にある取引のペイアウト率は低い傾向にありますね。

戦略では無くて投資の仕方と捉える事も出来る

低倍戦略について説明をさせて頂いたのですが、投資をする際の手法に近いなと感じました。

戦略は別にテクニカル分析などで考えつつ、投資をする際の手法として低倍戦略を用いる事で、より高い「勝率」を求める事も不可能では無いでしょう。

流石に低倍戦略だけで、何の予想もせずにバイナリーオプション投資をした所で利益は大きくならないはずです。

低倍戦略はあくまでも投資の仕方であり、投資の仕方としては十分に利益になる可能性を秘めていると考える事も出来ます。

  • 低倍率=高い勝率
  • 高倍率=低い勝率

これだけをみると高いペイアウト率での取引が悪いように見えますが、そこはメリットとデメリットの関係性でしょう。

どの手法にも必ずデメリットは存在するので、自分が許容できるものかどうかで考えましょう。

パンダ専務
パンダ専務
高いペイアウト率が悪いと言う意味では無いのダ。その辺りは手法や戦略によって変わってくるんダよ。
平社員サトウ
平社員サトウ
どんな戦略、手法にもメリットとデメリットがあると言う事は頭に入れておきましょう。

低倍戦略のデメリット

今まではメリットにだけ目を向けてきましたが、低倍戦略でもデメリットはあります。

バイナリーオプション 低倍戦略のデメリット

当たり前ですが、高い勝率を維持できなければ、すぐに獲得した利益は吹っ飛んでしまうのです。

ペイアウト率を低く、なるべく勝率を高める事を前提に取引をしていくのですが、1度損失が出ただけでも影響は大きいです。もちろん1度の損失で利益が無くなると言う事も想定はしておかなくてはなりません。

そのプレッシャーの中で、取引を成功させていくと言うのは至難の業です。

特に転売を利用する場合、ペイアウト率も下がるので、利益額は非常に少額となってしまいます。その上で自分の判断で利確や損切りを行っていく必要があるので、投資のプレッシャーは大きなものとなるでしょう。

高い勝率を確保出来ていて、利益になっている内はそこまで問題は無いかと思いますが、問題は、連敗などをして損失になってしまった場合です。

トレーダーに限った話ではありませんが、損になってしまうと焦って損失分を取り返そうと無理な取引をしてしまいがちです。これが一番のデメリットだと考えます。

低倍取引は勝率重視で利益を目指していくものですが、利益が増えていく速度は、非常に遅いです。

それを知っているからこそ、一度損になってしまうと焦って闇雲に取引をしてしまいがちになってしまう。これが最大のデメリットでしょう。

平社員サトウ
平社員サトウ
勝率重視なだけあって高い勝率を維持できなければ、不利な取引を強いられる事になると言う事は覚えておいてください。
パンダ専務
パンダ専務
メリットがあれば必ずデメリットがあるのダ。それをしっかりと考える事が重要ダよ。

低倍戦略は【攻略法】や【必勝法】では無く【手法】

当たり前の事ではあるのですが、戦略や手法を使ったからと言って【必勝】であったり【攻略】出来ると言う訳ではありません。

バイナリーオプション 低倍戦略は攻略では無くて手法

あくまでも少しでも勝率を上げる為の手法の一つでしかないと言う事は頭に入れておかなくてはならない事は覚えておいた方がいいです。

低倍戦略は攻略法と言うものでは無く、必勝法と呼ばれるものでもありません。

投資に必勝法や攻略方法は存在しないので、少しでも勝率を高くするための手法と考えた方がいいでしょう。

利益になるときもあれば損失になる事もあるのが投資です。

なるべく利益になるように手法を考えたり予測をしたりしますが、それでも結果が出ない事はあります。これは株もFXもバイナリーオプションも全てに共通していると言う事は取引をする上で頭にいれておかなくてはなりません。

特に低倍戦略は【勝率】に重きを置くので、損失を出した時の影響は大きいですが、理に適っているなと思う部分も多々あります。

手法の一つとして頭に入れておいてもいいのかもしれません。

より高い勝率を目指した手法と言うのは、取引をする上で理想です。

利益こそコツコツとと言った風になるかとは思いますが、理想を目指す取引と言うのはある意味面白い取引になりそうですね。

パンダ専務
パンダ専務
手法としての低倍戦略は使えると思うのダ。勝率を高めてくれる予測が有ればダけどね。
平社員サトウ
平社員サトウ
結局の所、高い勝率を維持できる戦略が必要なので、低倍戦略だけで投資に挑む事が無いように注意は必要です。

値幅トレードと言うものも存在している

バイナリーオプションで値幅はあまり気にしていない方も多いかもしれません。ここまでは値幅を気にして低倍戦略を行う事を想定してお話をしてきましたが、値幅トレードと言う戦略も存在しているようです。

ただし、調べてみた限りでは裁量に任される部分が多く、個人の能力や直感に依存する部分が多いので、為替取引に自信がある方で無ければ出来ない取引だなと感じました。

値動きの幅と波形のパターンを理解した上で予測をすると言うもので、かなり説明も難しい上に、個人的な考えが反映されやすく感じます。

値幅に対する考え方も横ラインであったり斜めラインであったりと想定しなければならない部分が多いので、最初から値幅トレードを行うのは難易度が高いかなと言った印象を持ちました。

使うか使わないかは自由ではあるのですが、流石にこの戦略を推奨する事は難しいです。

個人の感覚は取引を経験していかなければ養われないものですし、それが正解とは限らないと言うのもあります。最初は値幅トレードと言う戦略はあまり考えないようにした方が、逆に勝率は高くなるのではないかと考えます。

平社員サトウ
平社員サトウ
値幅トレードは直感的な要素も強いのであまりおすすめはしないです。
パンダ専務
パンダ専務
完全裁量でのトレードだから難しいのダ

まとめ

今回は、【低倍戦略】について調べてみました。

低倍戦略は、戦略と言うよりも取引の仕方であったり取引の手法と言った方がいいのかもしれませんね。利用するのなら効果のある予測は必須だと感じましたが、【勝率】を最優先すると言う点では低倍戦略は使いどころが多いのではないかと感じました。

投資には必ずリスクが付き纏います。どんな取引でもそれは同じです。勝率を高くと言う事はなるべくリスクを回避すると言う意味でもあるので、期待はしてみたい投資の手法でしょう。

低倍戦略の反対の手法で高倍戦略と言うものもあるらしいのですが、【何を】重要視するかによって戦略は変わってくるので、こういった所はトレーダーの数だけ戦略があると考える事が出来て面白いですね。

  • 低倍戦略は手法
  • 低倍戦略を利用するのなら戦略が重要
  • 低倍戦略はあくまでも手法の一つ。【勝率】に拘った手法

低倍戦略に関しては、あくまでも【勝率】を求める為にペイアウト率を捨てています。国内のバイナリーオプション業者でも国外のバイナリーオプション業者でも利用できる手法ではあるので、使い易いと言った印象はあるでしょう。

ですが、高い勝率の隙をつかれて損失を出してしまった場合のダメージは利益をコツコツと積み重ねていく分大きく感じます。なるべく連敗をしないような取引を考えなくてはなりませんね。

連敗をしない為には、損失を出してしまった後に一度落ち着く時間が必要です。その時間をしっかりと確保して冷静さを持つようにしましょう。

低倍戦略に関しては色々なバイナリーオプション取引の手法の中でも攻めた手法では無く、どちらかと言うと守る手法と言ってもいいかもしれません。だからこそ【損失】に関しては頭にいれておいた方がいいのではないでしょうか。

低倍戦略は決して利用できない手法と言うわけではありません。だからこそ利用する際には、しっかりとリスクヘッジをした上で取引をしていくようにしておきましょう。

バイナリーオプションには無料でデモ取引が出来る所があるので、まずはそちらから試してみるのがいいです。

【無料体験】バイナリーオプションはデモだと勝てるって有名だけど【2021年版】
【無料体験】バイナリーオプションはデモだと勝てるって有名だけど【2021年版】バイナリーオプションで取引をしていて、デモの時はもっと勝ててたような気がする感覚について調べてみました。バイナリーオプションはいわゆるハイロー取引でもあるので、いろいろ試せてお得なバイナリーオプションのデモ取引に注目!30秒取引など難しい点などもしっかりとチェック!...

流石にいきなり実際の投資で試してみよう!とは言えません。リスクを考えてもデモ取引でまずは試してみるべきでしょう。興味のある方はまずはデモ取引から試してみてください。

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアの無料デモ取引を始める
ABOUT ME
パンダ 専務
こんにちは、パンダ専務です。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今はそこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは6年間の投資家人生で培ったFXとバイナリーオプションの情報をお届けします。使えるものは「使える」、使えないものは「使えない」とバシバシ切り込む所存です!
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面
日本人に愛される海外業者!

マーシャル諸島でHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから日本人利用率No.1の海外業者で、初心者でも安心して使えます。

利用端末
  • スマホ
  • PC
  • 携帯
  • タブレット
決済方法
  • 銀行
  • カード
  • BTC
合わせて読みたい