Highlow.com

ハイローオーストラリアを無料で使えるツールMT4のインジケーターで分析!【バイナリーオプション】

ハイローオーストラリア「無料」で使えるツールMT4のインジケーターで分析をしよう!【バイナリーオプション】
この記事でわかること
  • ハイローオーストラリアでの取引はテクニカル分析が必要なのか?
  • 主要インジケーターの解説
  • 1%でも確率を上げる取引をしていこう

こんにちは!パンダ専務です。皆さんはテクニカル分析してますか?Highlow.com(ハイローオーストラリア)でどんなインジケーターが使えるのかを調べてみたいと思います。

先日は経済指標について取り上げたので、今回はテクニカル分析について調べてみよう!と安直に思った事に後悔。使った事が無いインジケーターなどがあると紹介するのも一苦労なので、今回は、メジャーなインジケーターの中からいくつか紹介したいと思います。

経済指標を見逃すな!ハイローオーストラリアで勝てる取引とは? 海外のバイナリーオプション業者、ハイローオーストラリアで取引をする時に、「経済指標」は気にしていますか?戦術として経済指標を全く考えない人でも頭に入れておく事で少し勝率が上がるかもしれません。よろしければどうぞ。...

あくまでも、ハイローオーストラリアでの取引を少しでも有利に出来るかどうかを考えて取引をしていく事を考えると、最終的にはテク二カル分析に行きつくでしょう。

様々な戦略はありますが、テクニカル分析をする上で、大事なものがあります。

既にこの記事を読まれているならお分かりかもしれませんが、「インジケーター」です。

今回は、そのインジケーターについて少し紹介していきます。

パンダ専務
パンダ専務
インジケーターはMT4やMT5等のテクニカルチャートで利用できるものなのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
インジケーターが使えないならテクニカル指標を使う意味って無いですよね

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアでテクニカル分析は必要なのか?

まずは、ハイローオーストラリアでテクニカル分析を使った取引が必要なのかを考えてみましょう。

highlow.com(ハイローオーストラリア)テクニカル分析って必要なの?

そもそも考えてもらいたいのは、バイナリーオプション取引自体が勝ち負けを繰り替えして利益を出していく取引なので、1%でも取引の勝率は高い戦略にしたいです。

1度の取引で考えると、この1%の差はもしかしたら小さく感じるかもしれませんが、取引の回数が増えれば増えるほど影響力は大きくなります。

バイナリーオプションでそれなりの利益を出そうとしたら、1ポジションの投資額を大きくするか取引の回数を増やす事になる事を考えると、どちらを選択するにしても1%でも勝率は高くしておくべきでしょう。

だからこそ、テクニカル分析はバイナリーオプション取引を行っていくと、自然にたどり着くものではないかと思います。

当初は使わないつもりだったとしても、結果としてテクニカル分析に辿りつく事になるでしょう。

それではテクニカル分析で利用するインジケーターについて説明していこうかと思います。

パンダ専務
パンダ専務
テクニカル分析は必須とは言わないけど出来たほうが断然いいのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
1%でも利益になる可能性を高める必要がありますもんね。

Highlow.comの公式ページへ

インジケーターとは?どんなものがあるの?

どれを使うのか?と言うのはテクニカル分析をする上で非常に重要になってくるのですが、インジケーターとはどういったものなのか?どんなものがあるのか?を理解しておくと、その都度適切なインジケーターを利用する事が出来るかもしれません。

インジケーターには一体どういったものがあるのか。またインジケーターとはどういったものなのかを、まずは知識として手に入れておきましょう。

MT4やMT5なら標準装備となっていますので、MT4やMT5を利用してテクニカル分析をする場合には重宝するのがこの「インジケーター」です。

パンダ専務
パンダ専務
インジケーターを利用するのならインジケーターを知る必要はあるのダ。
平社員サトウ
平社員サトウ
最低でもどんなものがあるのか?くらいは理解しておきたい所ですね。

インジケーターとは

インジケーターは相場の状況を解析(分析)するものです。相場が現在上昇傾向なのか、下降傾向なのか為替の流れを掴む為には必須とも言っていいでしょう。

また、傾向だけでなくインジケーターによっては「勢い」などもわかるので使っていて損になる事はあまり無いと言えますね。

なによりもMT4、MT5に関しては無料で利用できる点が重要度を更に高めている要素となっています。

そのインジケーターの中でも種類がいくつかあるのは皆さんご存じでしょうか?

主に利用する事が多いのは「トレンド系インジケーター」「オシレーター系インジケーター」でしょう。

  • トレンド系インジケーター
  • オシレーター系インジケーター
パンダ専務
パンダ専務
主に使う事になるのはトレンド系インジケーターとオシレーター系のインジケーターになると思うのダ。
平社員サトウ
平社員サトウ
使わないインジケーターもいっぱいありますが、そういうのも使ってみると面白いですね。

トレンド系インジケーターとは

トレンド系インジケーターの主な役割は「相場の方向性を指す」事です。

指すと言ってもあくまでも予測の範疇ではあるのですが、それでも流れの転換点を示してくれたり、中々に取引をする上で役に立つ情報を与えてくれるのが、トレンド系のインジケーターの特徴的な面でしょう。

移動平均線を見ながらトレンドは上昇傾向なのか、それとも下降傾向なのかを判断する事もできますし、ボリンジャーバンド等でレンジ内の細かい動きを予測する事も不可能ではありません。

MT4やMT5ではダウンロードした状態から利用できるインジケーターが複数あります。トレンド系のインジケーターでMT4やMT5で利用できるものを紹介しておきます。

  • Moving Average(移動平均線)
  • Bollinger Bands(ボリンジャーバンド)
  • Ichimoku Kinko Hyo(一目均衡表)
  • Envelopes(エンベロープ)
  • ParabolicSAR(パラボリック)
  • Average Directional Movement Index(平均方向移動指数)
  • Standard Deviation(標準偏差)

<トレンド系のインジケーターに関しては、予測にをする際に単独で利用する事は少ないです。他のインジケーターと組み合わせて利用されている所は良く見かけます。

戦略などを見てみても、トレンド系のインジケーターが組み込まれている事は良く見るので、利用する機会は多いはずです。

平社員スズキ
平社員スズキ
戦略などを解説しているサイト等でよく見かけるものが多いですね。
パンダ専務
パンダ専務
シンプルで分かりやすいのも特徴的ダよね。視覚的なわかりやすさもあるのがポイント高いのダ。

オシレーター系インジケーター

オシレータ系のインジケーターのイメージとして、「相場の勢い」を見るのによく利用されているインジケーターだと言う印象があります。値幅や周期的な計算からどの程度の勢いなのかを予測するインジケーターと言った印象が強いです。あくまでも個人的な感想な面もあるので、利用してみて考えてみるがの一番だとは思いますが。

MT4やMT5で最初から利用できるオシレーター系のインジケーターは下記の通りです。

  • MACD(Move Add Change Delete)
  • RSI(Relative Strength Index)
  • Stochastic Oscillator(ストキャスティクス)
  • Average True Range(平均トゥルーレンジ、ATR)
  • Bears Power(ベアパワー)
  • Bulls Power(ブルパワー)
  • Commodity Channel Index(商品チャンネル指数)
  • DeMarker(デマーカー)・Force Index(勢力指数)
  • Momentum(モメンタム)
  • Moving Average Oscillator(移動平均オシレーター)・Relative Vigor Index(相対活力指数)
  • Williams’ Percent Range(ウィリアムパーセントレンジ)

流石に数が多く、指標がごちゃつく事から、全てを利用して予測する事は無いと思いますが、全てのインジケーターが指標を出した時に取引をすると勝率は高くなるでしょう。

実際問題として投資をしていて触らずに終わるインジケーターも多いはずですが、どれが自分の予測に合うのかと言うのは利用してみない事にはわかりません。

MT4やMT5に関しては同じ為替取引であるFXでは取引口座に標準装備されている事もあるくらいにスタンダードと言ってもいいです。

バイナリーオプションでも、インジケーターを利用したテクニカル分析大事な事であるのは、私自身が取引をしてみて感じました。

ハイローオーストラリアの場合は無料で利用できるデモ取引もあるので、いろいろと利用して試してみる事をおすすめします。

Highlow.comの無料デモを開始

上記ボタンからならすぐにデモ取引が始まりますので、興味のある方は先にハイローオーストラリアがどういった業者なのかを確認してみるのもいいでしょう。

平社員サトウ
平社員サトウ
全部利用して予想してみました!みたいな方はほぼほぼ見かけません。全ての条件に当てはまるポジションはなかなか取引機会が無いのかもしれません。
パンダ専務
パンダ専務
必要なインジケーターは利用して不必要なものはしっかりと省くと言うのが大事なのダ。

無料ツールのMT4、MT5で使えるインジケーター

最初に行っておきますがハイローオーストラリアで自動売買は禁止されています。

なので、絶対に自動売買は利用しないようにしてください。

それでも、ハイローオーストラリアで使える自動売買ツールと言って高額販売されていたりしますが、そういったものは利用しないようにしましょう。

口座が凍結されてしまって、出金や投資が出来なくなりどうしようも無くなります。

おすすめのテクニカル分析で利用できるツールは「MT4」「MT5」です。

highlow.com(ハイローオーストラリア)メタトレーダー

MT4とMT5はメタクオーツ社が開発しているテクニカル分析ツールで、無料で利用できます。

こちらも自動売買ツールとしての機能はあるのですが、ハイローオーストラリアでは使わないようにしてください。テクニカルチャートの部分だけ利用する事で、規約違反なくテクニカル分析を行いましょう。

何よりもMT4とMT5は無料で利用出来るので、利用しやすいというのがあります。

インジケーターとはそのMT4やMT5で利用できる指標の事です。ツールのようなものでMT4やMT5で予測をする時の手助けになるものを指します。

それではMT4とMT5で利用できる主なインジケーターを紹介していきます。

Highlow.comの公式ページへ

移動平均線(Moving average)

「ハイローオーストラリア」移動平均線を使うのが重要って本当?ゴールデンクロスとデッドクロス
ハイローオーストラリアでは移動平均線を使うのが重要?ゴールデンクロスとデッドクロスを紹介!highlow.com(ハイローオーストラリア)で移動平均線を使った取引方法について調べてみました。ハイローオーストラリアでは果たして移動平均線だけで取引が出来るのか?その辺りも考えていきたい所です。...

Moving averageを略してMAと呼ばれる事もあるのが移動平均線です。

5日移動平均線であれば、過去5日間の終値の平均値となる。テクニカル分析の指標として最も基本的なものと言ってもいいのではないでしょうか。

一般的に、チャートには長期と短期の2種類の移動平均線を表示させる事が多い。

  • 長期移動平均線は、週足では26週線、日足では25日線、日中足では4時間線を示すことが多い。
  • 短期移動平均線は、週足では13週線、日足では5日線、日中足では1時間線を示すことが多い。

あくまでも、株価やFX関連の利用方法でもあるので、短期オプションで取引をしている方はもっと短く見る事も多々ある。

パンダ専務
パンダ専務
トレンド見る為にMA使う人は多いんダ。シンプルで見やすいのもイイネ!
パンダ専務
パンダ専務
見た目でわかりやすいのがMACD!使い方も多々あるのでめちゃくちゃ使えるおすすめオシレーター系のインジケーターダよ!

CCI

【ハイローオーストラリア】CCIはバイナリーオプション取引と相性がいいのか?
【ハイローオーストラリア】CCIはバイナリーオプション取引と相性がいいのか?highlow.com(ハイローオーストラリア)でCCIは使えるのかどうかが気になったので、調べてみる事にしました。インジケーターの中の一つではありますが、CCIを利用する事は有効なようです。...

「オシレーター系」のテクニカル指標のひとつ。

「一定期間」については、一般的に14とすることが多いです。

基本的には-100から0、そして100の表記があり、±100を上回ったら買われ過ぎ、売られ過ぎとなります。

買われ過ぎ、売られ過ぎを見るのに良いインジケーターです。

パンダ専務
パンダ専務
為替を動かしているのは「トレーダー」なのダ。トレーダーが売られ過ぎてる、買われ過ぎていると出ている値を見たらどういった行動に出るかはわかるね?

RSI

【ハイローオーストラリア】RSIがバイナリーオプション取引で「使える」インジケーターだって知ってた?
【ハイローオーストラリア】RSIがバイナリーオプション取引で「使える」インジケーターだって知ってた?highlow.com(ハイローオーストラリア)で使いたいインジケーターの一つとしてRSIがあります。設定など難しいと思うかもしれませんが、意外と簡単なのでハイローオーストラリアの取引にRSIを使ってみるのも意外と良いかもしれません。...

RSIとは「Relative Strength Index」の頭文字を取ったものです。

オシレーター系と言われるインジケーターのひとつで、CCIと同じように、買われ過ぎ、売られ過ぎを見るもので、日本語で言うと「相対力指数」と言う名前です。

CCIと違う点は、RSIはどのくらいレートが上下しているのかが0~100%の値で表されるのが特徴です。

100に近いほど買いが強く、0に近いほど売りが強い状態と見る事が出来るので、こちらの方がわかりやすいと言うトレーダーもいるのも事実です。

平社員サトウ
平社員サトウ
数値や数字は相対的に見る事ってめちゃくちゃ大事です。

ボリンジャーバンド

ハイローオーストラリアの取引でボリンジャーバンドを使う際の設定は?highlow.com(ハイローオーストラリア)でテクニカル分析を利用する際に気になるのがボリンジャーバンドではないでしょうか。ハイローオーストラリアで使う際などにも必要なボリンジャーバンドの設定方法も併せて紹介していますので、是非どうぞ。...

インジケーターと言うのは少し違うかもしれませんが、テクニカル分析では使われる事が多いので、こちらも少し紹介しておきます。

相場の振れ幅(ボラティリティ)を一定期間の価格データから測り、統計学的な考えから価格の変動範囲を予測した上でチャート上に表示するテクニカル指標の事です。

基本的には、過去の値動きから予想される次に付ける価格の変動範囲だと思っていいかと思います。

平社員サトウ
平社員サトウ
初めて見た時はなんでこの線が出てるか疑問で仕方なかったボリンジャーバンドですが、相場の振れ幅といわれると急に大事に感じてしまう不思議です。

ストキャスティクス

「ハイローオーストラリア」ストキャスティクスの設定方法や組み合わせってわかり辛いかも
「ハイローオーストラリア」ストキャスティクスの設定方法や組み合わせってわかり辛いかもhighlow.com(ハイローオーストラリア)ので取引する上で重要なテクニカル分析で利用するインジケーターの一つ、ストキャスティクスについて解説してます。設定方法や組み合わせるのが難しいイメージがありますが、意外と難しくないので、試してみてください。...

ストキャスティクスは「買われ過ぎ・売られ過ぎ」を判断するためのテクニカル指標。

%K、%Dという2本のラインが非常に重要だと言われています。

2つのラインの位置関係で「買われ過ぎ」と「売られ過ぎ」を測るのですが、一般的には %Dが80%で買われ過ぎ、20%で売られ過ぎと判断されるので、利用する時はそこに注目してみましょう。

平社員スズキ
平社員スズキ
名前的にめちゃくちゃ難しいのかと思ったのですが、意外とわかりやすいですよ!
平社員サトウ
平社員サトウ
他のインジケーターの邪魔になる事が無いので、割と使い易いインジケーターですね。

あくまでも主なインジケーターを、簡単に特徴だけ紹介してみました。

戦略によって利用するインジケーターは違うかとは思いますが、紹介したものは主に使われる事が多いものとなります。

基本的な戦略としてインジケーターを複数使う事がほとんどなので、主だったものは、利用される可能性が高いです。

インジケーターの数値が何を表しているのかはしっかりと知っておいた方が、何も知らずに利用するよりも良いのではないかと思います。

平社員スズキ
平社員スズキ
オシレーター系は全て覚えたほうがいいともいわれています!
パンダ専務
パンダ専務
そんな数を覚えられる自信は無いのダ。必要な分だけ何時も覚えてしまうよ

Highlow.comの公式ページへ

テクニカル分析をするならおすすめ!インジケーターの組み合わせ

どのインジケーターを組み合わせて利用したらいいのかわからない!と言う方の為に、あくまでも一般的に言われているインジケーターの組み合わせをまとめてみます。

私自身全部を使った事が無いのですが、デモで試してみつつ判断してみるのがいいかもしれませんね。

  • 移動平均線+RSI
  • 一目均衡表+MACD
  • 移動平均線+MACD
  • ボリンジャーバンド+RSI(転換点)
  • MACD+RSI(転換点)
  • MACD+ストキャスティクス(転換点)

主な組み合わせとして上記のようなものがあります。狙い目などを少し解説させていただきますが、何を見る為の組み合わせなのかに注目してください。

あくまでも一般的に見てと言うものであり、ハイローオーストラリアの取引で使えそうなものをチョイスしているので、自分なりにアレンジしてみたり利用しやすいような組み合わせを考えるのがいいかもしれませんね。

移動平均線+RSI

エントリータイミング

  • ゴールデンクロス発生時 RSIが50%以上なら上昇の力が強い
  • デッドクロス発生時 RSIが50%以下

基本的にはトレンドに沿った取引を行う組み合わせです。

トレンドに対して「順張り」を考えて取引をしましょう。

あくまでも、移動平均線のデッドクロスまたはゴールデンクロスの発生が取引の目安となっているので、パターンが出るまでは待機しておきましょう。

一目均衡表+MACD

エントリーポイント

  • 雲が厚ければ反発しやすい相場 反発の可能性があるのでポジションは取らない
  • 雲が薄ければ反発しにくい相場 反発の可能性が低いと想定されるので、ポジションを取る

MACDをみつつトレンドに対して順張りが狙い。

MACDと一目均衡表の雲をみつつ反発の可能性があれば様子見をしていくのが有効。

状況が整っていなければポジションを取らないのも有効な手段の一つです。

移動平均線+MACD

エントリーポイント

  • MACDで判断。移動平均線のクロスなどでトレンドを読みつつエントリー。

MACDでトレンド発生のサインが遅い移動平均線のウイークポイントをカバーしようというのが、この組み合わせの目的です。

もちろん、トレンドに対する「順張り」でポジションを取っていくわけですが、初心者の方には一番わかりやすいかもしれません。

ボリンジャーバンド+RSI(転換点)

エントリーを止めて、トレンド転換の可能性を考える

トレンドに対して「順張り」をする事がエントリーポイントを考える上で一番シンプルです。

トレンド転換点が来る可能性がある場合はエントリーは控えて状況を見ておきましょう。

トレンドの転換点になり得る動き

  • 為替レートがボリンジャーバンドの-3σか-2σに触れている(突き抜けていても)
  • RSIの角度が鋭い

MACD+RSI(転換点)

エントリーを止めて、トレンド転換の可能性を考える

流れが変わる可能性があるので、この場合でも様子見をする事を考えたほうがいいでしょう。

トレンドの転換点になり得る動き

  • シグナルラインが0ラインを突き抜ける
  • RSIが30%以下であり、70%以上

為替の動きの転換の可能性がある場合は、必ず一度様子を見るのがいいかと思います。もちろん逆張りと言う手段があるのは間違いないのですが、取引時間によっては逆張りを狙うのは不可能に近いので様子見と考えていたほうがリスクは低いでしょう。

MACD+ストキャスティクス

エントリーを止めて、トレンド転換の可能性を考える

トレンドの転換点の可能性あり!なので、様子見をした方がいいでしょう。

トレンドの転換点になり得る動き

  • MACD線が上昇トレンド傾向
  • ストキャスティクスにデッドクロスが出ている。

逆張りで狙えない事もないですが、1分取引などの短期取引をメインとしている場合は、様子見をした方がいいでしょう。

狙い目のポイントが来るまで待つのも戦略の一つと言えるのではないでしょうか。

基本的に、逆張りをするのは個人的にはおすすめしません。順張りの方がシンプルで狙いやすいので、デモで試してみてください。

パンダ専務
パンダ専務
最初は逆張りは非推奨なのダ
平社員スズキ
平社員スズキ
エントリーのタイミングが難しいので、様子見しておいた方がリスクが低いです。

Highlow.comの公式ページへ

分析ツールとしてMT4とMT5は使い易い

FX会社も多くの業者が採用している所をみると、MT4やMT5は使い易い分析ツールと言えるでしょう。

注意点として、MT4やMT5でインジケーターを利用して分析するのは、あくまでも過去の傾向からです。現在とは経済状況であったり、国際情勢の違いもあるはずです。

その差は自分自身で考えなくてはなりません。例えば、経済状況によってトレンドの勢いは変わるでしょうし、国際情勢の変化で為替の流れ自体が予想外の動きをする事があります。

使い易いとは思いますが、決して万能ではないのです。

どんなに予測をしても、利益にならない時はあります。テクニカル分析でもその傾向がある時はあるので、あくまでも利益になる可能性を少しでも上げる為に予想をすると考えてみてください。

そういった意味でもMT4とMT5は使い易いです。何と言っても無料で利用する事が可能なので、ツール代などを払う必要がありません。

最初にテクニカル分析をやってみるなら、MT4,MT5を是非使ってみてください。

パンダ専務
パンダ専務
最初はMT4やMT5を使ってみた方が良いと思うのダ。
平社員サトウ
平社員サトウ
取引に集中できると言うは素晴らしいですね。理想通りの結果になると」れしさもひとしおです。

あくまでも分析する上で使い易いと言うだけ

分析は分析であって、答えではありません。

予測のひとつとして捉えておく事をおすすめします。どんなに力を入れて予測をしても外れる事もあれば、簡単に予測をして利益になる事もあると言うのは覚えておかなくてはなりません。

可能性を高くする為なのは間違いありませんが、絶対に利益になる訳では無いと言うのは頭にいれておきましょう。

バイナリーオプション取引やFXでも分析は重要な事ではありますが、「絶対」は存在しません。

テクニカル分析だけでなく、様々な分析を試してみるのも必要な事なのかもしれませんね。

平社員サトウ
平社員サトウ
分析は答えと言う訳ではないのダ。あくまでも予測ダよ。
平社員スズキ
平社員スズキ
損失になる可能性も考えておかないといけませんね。

バイナリーオプションのデータ分析に意味はある!

為替取引は基本的に過去のデータから予測をする事になります。

あくまでも過去のデータを用いた予測ではあるのですが、意味が無いとはいいきれません。

現にテクニカル分析をした場合とテクニカル分析を行わなかった場合では勝率に差が出ます。

ただし、「絶対に勝てる分析」では無いと言うのも事実です。

少しでも高い勝率で取引をするための分析であるのは間違いないので、やらないよりはやった方が良いと言うのは事実でしょう。

ですが、取引の方法は人それぞれなので「強制」でもありません。自分の思う方法で予測をする事が、まずは大事だと思います。その上で徐々に勝率の高い方法を選んでいくべきでしょう。

流石に実戦でいろいろと試すのは、資金的な問題もあるので難しいです。そんな時はハイローオーストラリアのデモ取引を使って予測を試してみてください。

こういった時に無料のデモ取引が使えるのはいいですよね。口座を既に開設している場合でも利用できるので試してみるのには持って来いです。

パンダ専務
パンダ専務
思ったよりもデータ分析に難色を示す人は多いのダ。難しいイメージがあるのかもしれないね。
平社員サトウ
平社員サトウ
確かに、覚えるまでは調べながら行う事が多いので面倒かもしれませんが、勝率が1%でも変わるのならやる価値はあるjと思いますよ。

Highlow.comの無料デモを開始

使えるインジケーターって何だろう?

利益を得るためのインジケーターと言う意味で使えるインジケーターと言うのなら、どんな戦略でも利用する可能性が高い「移動平均線」ではないかと思います。

「トレンド」を見るためのインジケーターと言うのはどんな戦略を利用するとしても利用しますし、知っていて損になる事は無いかと思います。

もう一つ挙げるとするのなら、個人的におすすめをしたいのは「MACD」です。

為替チャートとは別の場所に表示される為、見やすい点と、「反転」「転換点」と言ったものが見れる事が多いので、損をしない為には必要になってきます。

こういったインジケーターは利益を得る為に利用すると言うのは、もちろんの事なのですが、逆に損をしない為に利用する事も出来るので使い方はしっかりと考えておきたい所ですね。

「使える」と一言で言っても、いろいろな考え方があるので、まずは試してみる所から始めてみてください。

highlow.com(ハイローオーストラリア)には、無料で利用できる、デモトレードがあるので、そちらで試してみるのもいいかもしれません。

【最新】デモ取引ができない!?ハイローオーストラリアのクイックデモの使い方とやり方!
【最新】デモ取引ができない!?ハイローオーストラリアのクイックデモの使い方とやり方!Highlow.com(ハイローオーストラリア)のデモ取引が利用できない!?なんて事が無いように、スマホ(iPhone・android端末)、パソコンからのデモ取引の始め方、やり方を詳しく解説。バイナリーオプショ業者でも珍しいクイックデモを「無料」で試したい方には断然おすすめです!クイックデモの利点を活かしてバイナリーオプション取引で利益を得ていきましょう。...

口座を作成しなくても利用できるので、インジケーターを試すのにも持ってこいかなと思います。

平社員サトウ
平社員サトウ
使えるインジケーターって人それぞれなんですね
パンダ専務
パンダ専務
利用する戦略や攻略方法によって使うインジケーターは様々なのダ

無料で使える事に着目しよう

無料だから使える!と言うつもりはありませんが、有料ツールと無料ツールで比べるなら、まず試してみるのなら無料ツールが良いでしょう。

バイナリーオプションでの無料ツールが無料である重要性

無料だから使える!ではなくて、無料だからこそ使ってみる事が可能です。

と言うのも、有料であるのなら、もしも使えないツールだった場合、ツール購入の費用は【損】として残ってしまいます。

どのツールであれ使えるツールだと言う保障はどこにもないのです。

だからこそ、最初はリスクを避けるべきだと言えるのではないでしょうか。

無料ツールの方がお手軽と言う意味もありますが、メタトレーダー社のMT4やMT5は有料ツールよりも使い易かったりする事もあるので、ツールを使ってみたいと言う方にはおすすめです。

どんなツールにもロジックは存在しますし、自分でロジックを入れないといけないので、ロジック入りの有料ツールを購入する際にも、本当に利益になるツールなのかを見抜く助けになるかもしれません。

パンダ専務
パンダ専務
無料に拘る必要は無いと思うのダ。だけど、悪質な有料ツールは多いので最初に無料のツールを触っておくのをおすすめするんダよ。
平社員サトウ
平社員サトウ
使えるものは使っていくのが一番だよね。

口座凍結したくなかったら自動売買には絶対に手を出さない方が良い

テクニカル分析の為にMT4やMT5のようなテクニカルチャートを紹介した際に必ず触れなくてはならないのが、先ほども少し話した自動売買ツールについてです。

ハイローオーストラリアでは自動売買は禁止されているので、絶対に利用しないでください

というのも、MT4やMT5のようなテクニカルチャートはインジケーターをダウンロードして利用する事も出来るのですが、それと同じ手法でMT4やMT5にインジケーターをダウンロードさせる、自動売買ツールを販売している人達がいるようです。

そういったインジケーターは、利用すると口座凍結となります。詳しくは別記事で解説しているので、そちらをご覧いただきたいのですが、こういった事もリスク管理と言っていいのかもしれません。

ハイローオーストラリアで口座凍結されたら解除や出金はできる?
ハイローオーストラリアで口座凍結されたらメールでの解除や出金はできる?凍結されないための対策は?Highlow.com(ハイローオーストラリア)の口座凍結について解説。入出金や取引全てが制限される「完全凍結」と、取引が大幅に制限される「限定凍結」の2種類の口座凍結を理解し、安全な取引を心掛けましょう。...

自動売買ツールを利用して口座凍結すると、出金すらできない完全凍結になりますのでご注意ください。

最近では、使っても口座凍結しない自動売買ツールと言う売り文句で高額ツールを販売している所もあるようですが、使ったら普通に口座凍結するので絶対に購入しないようにしましょう。

パンダ専務
パンダ専務
「自動売買ツール、ダメ!絶対!」
平社員サトウ
平社員サトウ
使えるインジケーターを使って裁量取引を行うのです!

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアとMT4の連携は可能なのか?

ハイローオーストラリアとMT4を連携させたいと言う方も多いのではないかと思いますが、連携と言うのがMT4の中でハイローオーストラリアのポジションを取れるようにしたい、自動売買をしたいと言う事なら辞めておいた方がいいでしょう。

ハイローオーストラリアの場合自動売買ソフトや自動売買ツールの利用が禁止されているので口座凍結となる可能性が極めて高いです。

外部の業者が「連携可能」とツールを販売していたりもしますが、凍結になった際にそのツール販売業者が責任を取ってくれる訳でもないので注意が必要です。

もしも、上記のような意味での連携なら辞めておくべきだと断言しておきます。

ただし、MT4の利用自体は自動売買ツールの機能を除けばテクニカルチャートとして利用できるので、そういった意味での連携なら利用する価値は十分にあります。

ハイローオーストラリアとMT4の連携について良く意見がわかれたりもするのですが、自動売買ツールとして連携させない事は頭にいれておいてください。

テクニカルチャートとして戦略を連携させる事は不可能では無いので、違いをしっかりと理解しておいてください。

パンダ専務
パンダ専務
自動売買ツールとして連携させてしまうと口座凍結まっしぐらなのダ。
平社員サトウ
平社員サトウ
ツール販売業者は責任を取らずに雲隠れする事が多いようなので、「ハイローオーストラリアでも使える」と書かれているものは警戒した方が良さそうですね。

MT4やMT5のアプリにインジケーターは追加出来るのか?

スマホでMT4やMT5のアプリを利用される方もいるようですが、アプリの特性上、インジケーターの追加などは出来ないので注意してください。

しかしながら、当記事でおすすめとして紹介したインジケーターは最初から入っているので利用可能です。

【最速DL】Highlow.com(ハイローオーストラリア)最新アプリ情報と使い方【2021年】
【最速DL】Highlow.com(ハイローオーストラリア)最新アプリ情報と使い方【2021年】Highlow.com(ハイローオーストラリア)の最新、最速アプリ情報を調べてます。随時更新中です。FXとは違いバイナリーオプション業者ではiPhone(ios)、android共にスマホアプリは利用出来ない事が多いのですがハイローオーストラリアにはダウンロードできるアプリがあるの知ってますか?...

ハイローオーストラリアにもアプリがあるので、併せて利用したいなんて言う方も多いかもしれません。

ですが、やはりスマホではMT4やMT5は利用し難いので、できればテクニカル分析をする場合はPCとの併用、もしくはタブレット端末との併用をおすすめします。

スマホのみでテクニカルチャートを見つつ取引となるとタイムラグが発生しがちになるので推奨はしません。

スマホのみでの取引も出来ない事はないので、その辺りは状況を判断しながら取引をするのがいいでしょう。

スマホのみの取引でテクニカル分析は推奨しない

上記でも少しお話していますが、スマホのみでのテクニカル分析は推奨していません。

パソコンと同様に2画面分割でチャートを見る事が出来ませんし、画面サイズの問題もありやはりPCで利用した時の事を考えると、取引がし難いのではないかと思います。

取引でのストレスはダイレクトに、取引の結果にも反映される事があるので、出来ればテクニカル分析をする場合は、パソコンと併用した方が良いので、スマホのみの取引は水曜しません。

平社員スズキ
平社員スズキ
使ってみるとスマホのみでMT4やMT5のアプリを使いつつ取引をするのは難しいですね。
パンダ専務
パンダ専務
タイムラグが発生するので取引が難しく感じるのダ

インジケーターを知る事はハイローオーストラリア攻略の第一歩か

ファンダメンタルズ分析だけで取引をされる方もいない訳ではありませんが、大抵の人はテクニカル分析を行ってハイローオーストラリアで取引をしているのではないかと思います。

highlow.com(ハイローオーストラリア)インジケータありのMT5画面

という事は、インジケーターを知る事でハイローオーストラリアでの戦略の幅は広がるのではないでしょうか。

ただでさえ、ハイローオーストラリアには超短期から長期のバイナリーオプション取引があるので、戦略の幅は他のバイナリーオプション業者よりも広くなります。

幅が広がれば広がるほど、自分に合う戦略やインジケーターは多くなってくると思うので、是非試してみてください。

それが利益へとつなげる一番の近見になるのではないかと思います。

平社員サトウ
平社員サトウ
ハイローオーストラリアで取引をする際勝率を1%でも高くするために利用するのがインジケーターと言うわkですね。
パンダ専務
パンダ専務
テクニカル分析に興味のなる方は是非デモを使ってみるのがいいのダ

まとめ

今回は、ハイローオーストラリアで使えるインジケーターとはどういったものなのか?について調べてみました。

基本的には、MT4やMT5で利用できるインジケーターを調べてみたのですが、1つのインジケーターを利用して取引をするよりも、複数組み合わせて利用した方がより勝率は高くなるかと思います。

自分が取引で利用する時間帯なども含めて、いろんな組み合わせをデモ取引などで試してみてもいいかもしれませんね。

  • インジケーターは複数利用する
  • 自信が無い時はハイローオーストラリアの無料で使えるデモを利用して試してみよう
  • ハイローオーストラリアは他のバイナリーオプション業者に比べても戦略の幅は広い

インジケーターはテクニカル分析では必須ですが、それぞれのインジケーターにどういった意味があるのかを知っておかなければ、複数利用する際に似たものを利用してしまう事もあります。

上手く利用すれば利益を得る事は出来ると思うので、テクニカル分析に興味がある方は利用してみるのもいいのではないかと思います。

少しでも有利に取引を進める為に、一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。

現在MT4やMT5を配信しているメタクオーツ社の公式サイトからMT4のダウンロードは行われていないようです。

ですが「無料で利用できる」点は変わりは無いので安心してください。

ダウンロードされるテクニカルチャートは「MT5」になる為ご注意ください。

MT4/MT5の配信会社メタクオーツ社公式サイト→https://metaquotes.co.jp/

尚、口座開設がまだ終わっていない方は、簡単に口座開設が出来る方法を解説していますので、興味のある方は是非確認しつつ、口座開設をされてみてください。

【審査どれくらい?】最新ハイローオーストラリア口座開設方法・流れを紹介!【無料登録】
【無料】最新ハイローオーストラリア口座開設方法・必要書類を紹介!【所要時間2分!】最新のHighlow.com(ハイローオーストラリア)口座開設方法です。2020年に口座開設方法リニューアル後の変更点として、審査の時間が大幅短縮と革新的変更に伴いハイローオーストラリアで新規口座開設をしやすいようになってます!口座開設・登録は無料で出来るので、まずは口座開設から行ってみるのもいいでしょう。...

めちゃくちゃ早く口座開設は可能なので、そのあとデモで試してみてもいいかもしれませんね。

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアの無料デモ取引を始める
ABOUT ME
パンダ 専務
こんにちは、パンダ専務です。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今はそこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは9年間の投資家人生で培ったFXとバイナリーオプションの情報をお届けします。使えるものは「使える」、使えないものは「使えない」とバシバシ切り込む所存です!
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面
日本人に愛される海外業者!

マーシャル諸島でHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから日本人利用率No.1の海外業者で、初心者でも安心して使えます。

利用端末
  • スマホ
  • PC
  • 携帯
  • タブレット
決済方法
  • 銀行
  • カード
  • BTC
合わせて読みたい