Highlow.com

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で【平均足】を使った攻略方法が流行ってるの?

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で【平均足】を使った攻略方法が流行ってるの?
この記事でわかること
  • 平均足って何?
  • ローソク足と平均足
  • 平均足だけで取引をするのはリスクが高い

こんにちは!パンダ専務です。

最近良く見るなーと思った攻略方法があるのですが、皆さんはどういった攻略方法か見当がつきますか?

WEBを検索していて、見つけたのですが、【平均足】を使った戦略のようです。

多分Highlow.com(ハイローオーストラリア)でも使える「攻略法」とはなっていますが、一つの戦略として考えるのなら、もしかしたら使えるかもしれない!と淡い期待を胸に色々と調べてみました。

ひとつでも使える手法、使える部分があるなら取り入れて試してみる価値はあるかと思います。

少しでも高い可能性で取引をしたいですし、状況によって様々な手法を試してみて、利用できるパターンを探りたいですしね。

当たり前かもしれませんが、偽物の可能性もあるので、どういったものなのかをしっかりと調べてから利用するかどうかを考えても問題はないでしょう。

尚、まだハイローオーストラリアで口座開設をされていない場合は、無料で口座開設まではする事は出来るので、興味がある方はやっておいてもいいかもしれません。

highlow.com(ハイローオーストラリア)の口座開設申込方法について
【審査どれくらい?】最新ハイローオーストラリア口座開設方法・流れを紹介!最新のHighlow.com(ハイローオーストラリア)口座開設方法です。2020年に口座開設方法リニューアル後の変更点として、審査の時間が大幅短縮と革新的変更に伴いハイローオーストラリアで新規口座開設をしやすいようになってます!...

時間的には3分ほど口座開設は完了すると思うので、興味のある方は是非開設方法をご覧になられてみてください。

パンダ専務
パンダ専務
最近見かけるようになったんダけど流行ってるんダろうか?
平社員スズキ
平社員スズキ
平均足をメインにっていうのはなかなか無いと思います

Highlow.comの公式ページへ

平均足を使った戦略ってどういったものがあるの?

戦略を調べる時にまず考えたいのは何にをどのように利用した戦略なのか?と言うことです。

ハイローオーストラリア(highlow.com)平均足について知っておこう

特に平均足は、ローソク足と似ていて、どっちがどっちなのか混同する人も多いのではないでしょうか。

まずは平均足がどういったものなのか、そこから知っていきましょう。何か分からないと戦略の理解は進みません。

パンダ専務
パンダ専務
平均足について知らない人も多いと思うのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
ローソク足とは知名度が違うかなって思います。

平均足ってなんだろう?

インジケーター等は大体海外のトレーダー等が作ったものが多いので、英語表記があるのですが、「平均足」に関しては、英語表記が「HeikenAshi」となっている事からもわかるように、日本で開発されたからだと言われています。

ちなみに若干スペルが間違っているのは海外に紹介された時に、間違って紹介されたからだと言われています。

平均足とローソク足で決定的な違いがあるとするのならば、それは「表している価格」が違います。

ローソク足と平均足の表している値について比べてみましょう。

平均足
  • 始値→1つ前の足の「始値」と「終値」の真ん中(平均値なので)
  • 終値→4本値(始値・終値・高値・安値)の真ん中(平均)
  • 高値→一番高い価格(ここは平均じゃない)
  • 安値→一番安い価格(ここも平均じゃない)

上記を見ればわかるかと思いますが、始値と終値を平均にしているのが平均足と言うものです。

ローソク足
  • 始値→最初に取引された価格
  • 終値→最後に取引された価格
  • 高値→その時間の中で一番高い価格
  • 安値→その時間の中で一番安い価格

ローソク足の方がシンプルに名称のままと言った感覚はありますが、前の足との差は少し大きくなるかと思います。

比べてみるとわかるのですが、平均足の方が前の足との差が小さくなり、連続した足になりやすいと言う傾向は覚えておきましょう。

パンダ専務
パンダ専務
比べてみると差はあると思うのダ。どちらがいいかはその人次第な部分はあるんダよね。
平社員スズキ
平社員スズキ
為替の流れがわかりやすいのは「平均足」と言うのは納得ですね。

平均足の特徴を利用した戦略らしい

平均足とはどういったものなのか?と言うのは掴めたかと思います。問題はここからどうやって、戦略につなげるのか?と言う事なのですが、どうやら連続した足になりやすいと言う特徴を利用した戦略とするようです。

平均足の場合、ローソク足と比べると前の足との差が小さい為に、陽線、陰線共に連続しやすいと言った特徴があります。

つまりはトレンドが継続しやすいと見て取れる事も出来るので、これを利用して取引をすると言う事みたいです。

特徴を上手く利用した取引らしいのですが、ちょっとした疑問がこの段階で出てくるのは皆さんも同じではないかと思います。

平均足自体はMT4やMT5で実際に表示できるものなので、上手く利用できれば戦略として成り立つのではないでしょうか。

パンダ専務
パンダ専務
ローソク足よりも流れが「分かりやすい」っていうのはメリットダよね。
平社員スズキ
平社員スズキ
これで他にもローソク足とは違った特徴があれば尚いいんですけどね。

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアでの平均足を使った戦略について詳しく見ていこう

平均足の使い方は複数あるようで、紹介しているサイトによって内容が違います。

ハイローオーストラリア(highlow.com)平均足は連続するのでわかりやすい

今回は、より多く紹介してあった2つの手法に絞って考察をしてみるつもりです。知ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、復習の意味も兼ねてご覧ください。

  • 連続した陽線は上昇トレンド示し、連続した陰線は下降トレンドを示す
  • コマの出現は為替の流れの転換を示唆

平均足の戦略を見ていると、有名なのは上記の2つのようなので、この辺りはしっかりと見ていかなくてはなりませんね。

どちらもローソク足の見方でありそうな戦略ではありますが、確認してみましょう。

パンダ専務
パンダ専務
扱いとしてはローソク足と一緒でいいんダよね?調べた感じではそうなのかなと思うんダけど

連続した陽線、陰線でトレンドを狙う

平均足の連続した陰線や連続した陽線はトレンドが発生を知らせてくれるようです。できればどれくらいの連続がいいのかを知りたいところなのですが、そういった細かい記述は見当たりませんでした。

トレンドの強弱については下記のように判断するようです。

トレンドの強弱を見分けるには?

連続した陰線で下ヒゲの形成、連続した陽線で上ヒゲの形成が観測されると、強いトレンドと判断する事が出来る

ちなみに、ローソク足でも同じような見方があり、その際は逆の判断をします。

上昇トレンドでの下ヒゲや下降トレンドで上ヒゲが形成される事でトレンドが強いかどうかの判断をしたりしますよ。

ローソク足の見方を平均足を利用して行っていると言った感じで説明するとわかりやすいかもしれません。

パンダ専務
パンダ専務
連続って所ダよね。この辺りもローソク足に似てるんダよ。ただしローソクよりもわかりやすいんダ
平社員サトウ
平社員サトウ
可視化した時にトレンドがわかりやすい傾向なんですね。

コマの出現は為替の流れの転換を示唆する

コマについても、ローソク足とほぼほぼ同じですね。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)をローソク足表示にする事は出来るのか?
Highlow.com(ハイローオーストラリア)をローソク足表示にする事は出来るのか?Highlow.com(ハイローオーストラリア)のチャートをローソク足表示にする事は出来るのか?質問を頂いたので調べてみる事にしました。ローソク足だけでの予想も良いのですが、組み合わせてみると面白いものもあるので興味のある方は是非ご覧ください。...

上記別記事で少しローソク足についても解説しているので、興味のある方はどうぞ。

十時線等を思い浮かべて頂けるとわかりやすいのですが、実体が短く上下のヒゲがあるローソクや平均足の事で、トレンドの転換点に出やすいとも言われています。

上昇勢力と下降の勢力が拮抗していると判断できるので、トレンドの転換点になりやすいと言う訳ですね。

必ず転換する訳では無いので、その辺りはしっかりと考えなくてはなりませんね。

パンダ専務
パンダ専務
あくまでもなりやすいと言う事なのダ。「拮抗」しているのでトレンドは継続する可能性もあるんダよね。
平社員スズキ
平社員スズキ
トレンドの転換点となる可能性がある所は知っておいて損はないかと思います。

「順張り」が絶対条件との事

平均足を利用した戦略を調べてみると、ハイローオーストラリアでの利用に限った話ではありませんが、基本的には「順張り」をする事を前提の戦略のようです。

私自身もこれには賛成です。

と言うのも、ハイローオーストラリアには短期の取引があるので、「逆張り」はあまりおすすめできません。30秒や1分の間に流れの転換点を正確に予想すると言うのは、結構な難易度だと思います。

それなら流れに対して「順張り」で、転換点だけ注意をすると言った形の方がリスクは少ないと思うので、個人的には「順張り」推奨と言うのは良いなと思います。

パンダ専務
パンダ専務
どの取引時間で取引するかにもよりますが、短期の取引を利用するのなら、「逆張り」はあまりおすすめしないのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
逆張りも出来ます!って言ってない所は好感が持てましたね

Highlow.comの公式ページへ

ローソク足でやるのも平均足でやるのも「あまり変わらないのではないか?」

手法について2つほど見ていただきましたが、ローソク足でもある手法を、平均足でやってみると言う形のようです。

ハイローオーストラリア(highlow.com)ローソク足と平均足の違いは正直あまり感じない

それ自体は決して悪い考え方ではありません。

実際にそれで勝率が上がるのなら、戦略として間違ってもいないでしょう。

ただし、どこにもこの手法を利用した勝率やどれだけの期待値があるのかは書かれていなかったので、デモで試してみるのがいいかもしれません。

【最新】デモ取引ができない!?ハイローオーストラリアのクイックデモの使い方とやり方!
【最新】デモ取引ができない!?ハイローオーストラリアのクイックデモの使い方とやり方!Highlow.com(ハイローオーストラリア)のデモ取引が利用できない!?なんて事が無いように、スマホ(iPhone・android端末)、パソコンからのデモ取引の始め方、やり方を詳しく解説。バイナリーオプショ業者でも珍しいクイックデモを「無料」で試したい方に断然おすすめです!デモ取引をするのに口座開設は不要なので、誰でも利用できるのポイントは高いです。...

ハイローオーストラリアには無料で誰でも利用出来る【クイックデモ】があるので、まずはそちらで試してみるのがいいのではないかと思います。

どれだけの勝率があるのかが難しい所ですが、戦略の内容を見てみると、大まかな指標しかわからないので、これだけでポジションを決めるのは無理だと思います。

いつ、どれだけ動くのかの部分はわからないので、あくまでも「為替の流れ」を本当に大きく見る分にはいいのではないでしょうか。

取引で利用するにしても、複数ある予想の中の1つとして他の予想などと併用して利用する事をおすすめします。

平社員サトウ
平社員サトウ
あくまでも予想の一つ、指標の一つとして利用するのがいいですよ!
パンダ専務
パンダ専務
悪いと言う訳ではないのダ。どこでポジションを取る等はこれではわからないので、他の予想と組み合わせるのがいいと思うんダよね。

【平均足】を使った戦略(攻略)のデメリット

メリットは今まで説明してきたように、ローソク足と同じような予想が可能と言う事でしょう。あとは、平均足だと陽線、陰線共に連続しやすい為分かりやすいと言うメリットはあるのではないかと思います。

今度はデメリットについて見ていきましょう。

平均足を使うに当たって頭にいれておかないといけないのは、平均足では正確な実体は見えないと言う事です。

始値と終値を平均値にしているので、正確なチャートとは少し異なります。

あくまでも「平均値」なので、そこには注意しなくてはなりません。

トレンドなどを見やすく予想しやすくする分には良いのですが、細かい動きを予想する際などには、不向きです。

予想を決定付けるものではなく、「指標」的な役割に近い戦略なのではないかと思います。

平均足を使った戦略を否定する訳ではなくて、これだけで戦略としてポジションを取っていくのは怖いので、何か他の予想を組み合わせないといけないと言う部分がある意味デメリットなのかもしれませんね。

また、転換点を見極める手法もあるのですが、あくまでも「トレンドを見極める」それが重要だと言う事になります。

ですが、トレンドを見極めるだけでは少し不安と言うのも事実です。

特に平均足だと、あくまでも平均で見る事になるので、実際の為替の動きとは少し違ってきます。平均足の中で価格の上下があるので、トレンドだけを予想しても利益にならない投資もあります。

ハイローオーストラリアでの投資の場合は、特に短期の取引では、判定時間が短くなる為により「正確」な予想が求められるので、敢えて言うのならデメリットと言えるのではないしょうか。

パンダ専務
パンダ専務
流れを見るには良いと思うのダ。わかりやすいってところもポイントが高いんダよ!
平社員サトウ
平社員サトウ
何処でポジションを取ればいいのかはこれではなかなかわかり辛いですもんね。

MT5で「平均足」を表示させる方法は?

平均足はテクニカルチャートで表示できます。ハイローオーストラリアの取引チャートに直接表示させる事は出来ないので、その辺りはご注意ください。

それではどのように表示をさせるのか?と言う問題になるのですが、表示方法は簡単です。

あくまでも「見やすく」「トレンドが掴みやすく」なる程度ではありますが、表示方法を見ていきましょう。

MT5で平均足を表示してみよう

「挿入」→「インディケータ」→「カスタム」→「Heiken Ashi」の順でクリックすると平均足は表示されます。これだけで表示は可能です。

highlow.com(ハイローオーストラリア)MT5で平均足の表示方法

表示方法を変更するだけなので、パラメーター等の入力は特に必要ありません。表示させる方法はめちゃくちゃ簡単なので、一度表示をさせて確認してみてください。

highlow.com(ハイローオーストラリア) 確認画面でOKを押すと平均足が表示される

「OK」を押せば平均足が表示されるようになりますが、このままでは見辛いなと思うはずです。最初に表示させていたものと重なって表示されるので、それは当然ですよね。

ローソク足の場合は特に見辛くなっているので、その場合はローソク足の表示を消してみましょう。

highlow.com(ハイローオーストラリア)平均足とローソク足が重なって見え辛い時はローソク足を消してみよう

ローソク足を消す方法は、チャート上で右クリック→「プロパティ」を選択し、「上昇バー」「下降バー」「上昇ローソク足」「下降ローソク足」をすべて「None」にして「OK」をおすと消えます。

ハイローオーストラリア(highlow.com)ローソク足の消し方

平均足をみたいなら消してみるのもいいかもしれませんね。ローソク足との違いを確かめるなら表示させたままにして違う箇所を確認しましょう。

パンダ専務
パンダ専務
ローソク足を消さずに1時間足などで見ると違いがわかりやすいのダ。やっぱり長期のバイナリーオプションとかで使えそうダね。
平社員サトウ
平社員サトウ
短期で見るなら消した方が見やすいと思います。ほとんど被ってるので。

平均足と併用するならどのインジケーターを利用するのがいい?

平均足は「トレンド観測」が主な役割だと思うので、トレンドを更に詳しく見る為に、別視点からのトレンド解析を表示してみたり、流れの反発やエントリーポイントを見る為に、別のインジケータを入れると言うのがいいかもしれません。

おすすめしたいのは、MACDとRSIです。

MACDはトレンド予想を更によくするために、RSIは流れの反発やエントリーポイントを見る為にも併用するにはいいかもしれません。

組み合わせ次第な部分もあるので、自分でいろいろな組み合わせを試してみる必要があるでしょう。

MACDとRSIがどういったものなのか少し解説をしているので、興味がある方は自分の取引のスタイルに合うのかを考えてみるのがいいのかもしれません。

平社員サトウ
平社員サトウ
平均足は併用前提で利用するのがいいかと思います。トレンド以外の部分を見る方法で併用してみましょう。
パンダ専務
パンダ専務
単独で利用しても多少の違いはあるかもしれませんが、エントリーポイントが定まらないとあまり効果を感じる事が少ないと思うのダ

MACDとは

MACDとは、英語で、 Moving Average Convergence Divergenceの頭文字を取ったものです。日本語に直すと「移動平均収束拡散法」となります。

個人的には、トレンドの転換点や反転を見たりと利用価値はあるインジケーターだと思っていて非常にシンプルです。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)でMT5のMACDを使ってみよう
【MT5】MACDを使おう!Highlow.com(ハイローオーストラリア)の攻略設定Highlow.com(ハイローオーストラリア)で取引をする際にMT5を利用してMACD(マックディー)を使ってみるのは有り!意外と使いやすいので予想をするときのひとつの指標としてみてみるのもいいかもしれませんね。簡単に基本部分、設定部分のみの説明ですがよろしければどうぞ。...

詳しい解説は上記の別記事でさせて頂いているので、そちらをご覧いただくとして、平均足と併用しても問題ないのではないかと思います。

RSIとは?

簡潔に解説をするとRSIとは「相対的に見て、売られすぎているのか、買われ過ぎているのかを判断する指標」と言えるのですが、どの程度値動きするのか?までの予想はつきません。

単純に、買われ過ぎているから売られる。売られ過ぎているから買われると言うのを判断するものです。

シンプルですが、トレーダーとしては重宝されている方も多いのではないでしょうか?反転のタイミングなどを予想できればいいですね。

平均足でも反転のタイミングが計れると言う事なので、それらと併用してみるとより一層、可能性が高くなるとも言えます、

highlow.com(ハイローオーストラリア)RSIは絶対に使える
【ハイローオーストラリア】RSIが「使える」インジケーターだって知ってた?highlow.com(ハイローオーストラリア)で使いたいインジケーターの一つとしてRSIがあります。設定など難しいと思うかもしれませんが、意外と簡単なのでハイローオーストラリアの取引にRSIを使ってみるのも意外と良いかもしれません。...

RSIについても詳しくは別記事で解説していますので、RSIの特徴などの詳細はそちらをご覧ください。

平社員サトウ
平社員サトウ
みんな大好きMACD!
パンダ専務
パンダ専務
あくまでも個人の好みもあるんダよね。いろいろ組み合わせてみるのがおすすめダよ。

いろいろと掛け合わせてみるとおもしろい

投資はもちろん利益を得るためにやるものなのは間違いありませんが、自分なりに一番だと言う組み合わせなどを考える楽しみはあると思います。

平均足はそういう意味では色々なものと併用しても問題ないと思うので、使い勝手はいいかもしれませんね。

ただし、これだけで攻略法だと言われてもピンと来ないと言うのが正直な感想かなと思います。

決して、平均足での予想が使えないと言ってる訳ではなく、平均足だけでは言い方は良くないですがぼやけた予想になってしまうのかなとは感じます。

平均足とローソク足のどちらを利用するのかを問われたらローソク足なのですが、流れが「分かりやすい」と言うのは確かに感じました。

決して使えないと言う訳ではなく、似たようなものがあった場合は好みの問題なのかもしれませんね。

平社員サトウ
平社員サトウ
使えなくなはないけど、ローソク足と比べるとどうなの?って所ですね。
パンダ専務
パンダ専務
ぶっちゃけローソク足と平均足のどちらかで良いと思うのダ

Highlow.comの公式ページへ

まとめ

今回は【平均足】に関して調べてみました。

もう一度おさらいの為に簡単に説明すると、イメージとしては平均値で作られているローソク足と言った感想です。間違ってたらすいません。

調べてみた感触では、ローソク足と似たようなものと言った考え方で予想等には利用できるのかなと思いました。

トレンドなどを見る際には足が連続しやすいので「わかりやすい」と言う点は納得です。

ただし、平均足だけを利用して予想をするとなると、少し物足りないかなと思います。

  • 平均足だけで予想をするのは困難
  • 決して使えない予想方法では無い
  • 見方はローソク足とほぼ同じ

見方や利用方法を見ると、「ローソク足」とほぼ同じだったりします。たまに違う面があるので全く同じとは言いませんが、ある意味親しみやすいかもしれませんね。

ローソク足を利用した予想とほぼ同じと言う事は、決して使えない戦略、考え方では無いと言う事です。

ただし、ローソク足でも同じ事が言えるのですが、平均足だけを利用した予想となるとかなり大まかなものになってしまいます。

複数の予想を併用する事を前提とするのなら、トレンドを予想する面では利用できるのではないでしょうか。

調べてみたサイトでも、「順張り」を推奨していたのですが、その辺りは共感できる部分もあり、決して利用できない戦略という訳ではないと思います。

ただし、平均足単体で戦略を考えるとなると、リスクは高いと思うので、必ず何かと併用して利用してみるのがいいのではないでしょうか。

はっきり言って好みは分かれるとは思いますが、MT4やMT5で試しに表示させてみてもいいかもしれませんね。

ローソク足との違いは長期になればなるほど大きくなるので、ハイローオーストラリアで取引をする場合でも長期で利用するのがいいのかな?と個人的には感じました。「転売」を利用したりする事も出来るので、戦略の幅は広くなるのでしょう。

highlow.com 転売で稼ぐ人が続出!?簡単に利益が出るってホント?
ハイローオーストラリアの【転売】で稼げる人が続出してるぞ!?highlow.com(ハイローオーストラリア)には【転売】という少し特殊な取引があります。この転売を上手く使うことが出来れば稼ぐ事が出来るのは間違いなし!とまでは言いませんが利益を出す人も続出しているようです。調べてみましたので詳細をどうぞ!...

海外のバイナリーオプション業者でも一部の業者しか転売は利用出来ません。興味のある方は転売の使い方を是非ご覧になられてみてください。

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアの無料デモ取引を始める
ABOUT ME
アバター
パンダ 専務
こんにちは、パンダ専務です。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今はそこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは6年間の投資家人生で培ったFXとバイナリーオプションの情報をお届けします。使えるものは「使える」、使えないものは「使えない」とバシバシ切り込む所存です!
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面
日本人に愛される海外業者!

マーシャル諸島でHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから日本人利用率No.1の海外業者で、初心者でも安心して使えます。

利用端末
  • スマホ
  • PC
  • 携帯
  • タブレット
決済方法
  • 銀行
  • カード
  • BTC
合わせて読みたい