Highlow.com

バイナリーオプション取引は「フラクタル」を使って攻略を考えてみよう!

バイナリーオプション取引は「フラクタル」を使って攻略を考えてみよう!
この記事でわかること
  • フラクタルとは?
  • フラクタルはインジケーターとして利用できるのか?
  • フラクタルは攻略にも使えるツール

こんにちは!パンダ専務です。

色々な戦略がある中で、トレードをするのならやってみたいのがテクニカル分析ではないでしょうか。

テクニカル分析にも様々な手法があり、日々新しい名前の攻略方法が出てきたりもしています。個人的にはあまり【攻略】と言う単語は好きではないのですが、戦略と言う言葉よりもわかりやすいので、今回は使わせていただきました。

テクニカル分析はまさに、攻略をしている気になれるチャートだと思うのですが、一体どのインジケーターを利用したらいいのか迷う事はありませんか?

全部を片っ端から試してみて、自分が良いと思ったものを利用すると言うのが一番の理想ではあるのですが、流石に全てを試していくには時間が足らないです。

個人的にインジケーターについては色々と調べていて、時間の節約に使えるかと思うので、興味のある方は別記事ではありますが、是非インジケーターについての記事もご覧ください。

ハイローオーストラリア「無料」で使えるツールMT4のインジケーターで分析をしよう!【バイナリーオプション】
ハイローオーストラリア「無料」で使えるツールMT4のインジケーターで分析をしよう!【バイナリーオプション】海外のバイナリーオプション業者Highlow.com(ハイローオーストラリア)でテクニカル分析をする際、使えるインジケーターとは何なのかを調べてみました。1%でも利益が高くなるように取引をしていく事が大切です。ハイローオーストラリアで使える自分に合ったインジケーターは果たしてあるのか?...

今回は、そんなインジケーターの一つである、【フラクタル】について調べてみようかと考えています。知名度こそバイナリーオプション取引では低いのですが、面白いものであるのは間違い無いので、興味のある方は最後まで是非お付き合いください。

パンダ専務
パンダ専務
今回は【フラクタル】について調べてみたのダ。思ったよりも良いツールと言えるかもしれないんダよね。
平社員サトウ
平社員サトウ
いろんな戦略に使える可能性があるので、興味はかなりあります。

Highlow.comの公式ページへ

【フラクタル】は使えるインジケーターなのか?

結論から言うと、フラクタルは使えるインジケーターだと考えます。しかしながら、フラクタルだけで利用するのではなく、必ず他のインジケーターとの併用が理想です。

バイナリーオプションでフラクタル

どのインジケーターを利用する際にも言う事ではあるのですが、一つのインジケーターだけでは、投資として死角が多すぎるのです。

それはフラクタルでも変わりません。しかしながらインジケーターとしては面白いと思いますし、利用できると思うので、フラクタルは使えるインジケーターと言っていいでしょう。

利益に繋がる可能性はありますし、なによりも面白いなと思ったので、デモからでも試してみて貰いたいインジケーターです。

海外のバイナリーオプション業者、ハイローオーストラリアの場合は、無料で利用できる「クイックデモ」があるので、まずはデモ取引で触ってみてもらいたいインジケーターと言ってもいいでしょう。

【最新】デモ取引ができない!?ハイローオーストラリアのクイックデモの使い方とやり方!
【最新】デモ取引ができない!?ハイローオーストラリアのクイックデモの使い方とやり方!Highlow.com(ハイローオーストラリア)のデモ取引が利用できない!?なんて事が無いように、スマホ(iPhone・android端末)、パソコンからのデモ取引の始め方、やり方を詳しく解説。バイナリーオプショ業者でも珍しいクイックデモを「無料」で試したい方には断然おすすめです!クイックデモの利点を活かしてバイナリーオプション取引で利益を得ていきましょう。...

デモについての詳しい解説は上記の別記事でさせて頂いています。すぐにでもデモ取引をやってみたい方は下記のボタンよりどうぞ。

 

Highlow.comの無料デモを開始

少し話が逸れてしまいましたが、ここからは【フラクタル】がどういったインジケーターなのかを解説していきます。

平社員サトウ
平社員サトウ
フラクタルって名前だけではどういった戦略なのかわからないですよね。でも期待感はあるんです。
パンダ専務
パンダ専務
それは期待感では無く好奇心ではないんダろうか。期待したい気持ちはよくわかるんダよ

フラクタルとは?

フラクタルと聞いてもどういったインジケーターなのかピンとこない方が結構いらっしゃるのではないでしょうか。

バイナリオプション フラクタルとは?

言葉での説明が難しいので、画像を見て頂くとわかりやすいのですが、この▲のような印、これが【フラクタル】の視覚的に特徴的な部分と言っていいかもしれませんね。

ここでフラクタルとはどういった意味なのかを調べてみる事にしましょう。

フラクタルとは

元々はFXでも利用されているインジケーターで、【5本のローソク足で作られる、為替相場の反転パターンの1つ】と言われています。強気のフラクタル、弱気のフラクタルなど、独特の見方があるのも特徴と言っていいでしょう。

これだけの説明では少しわかり難いですね。はっきり言ってフラクタルに対して言葉で説明をしようとしてもかなり難しいです。

ポイントでもある強気のフラクタルと弱気のフラクタルとは一体どういったものなのかについても説明させていただきます。

強気のフラクタルとは

中央のローソク足の安値よりも両側4本のローソク足の安値の方が高い場合

弱気のフラクタルとは

中央のローソク足の高値よりも両側4本のローソク足の高値の方が安い場合

簡単に言うと5本のローソク足で山や谷を形成している場合の事を指します。

又、フラクタルとは相似性と言った意味も言葉に込められていて、1日取引でも1時間取引でも類似したチャートが出る事があると言われる事もあり、為替もフラクタル構造である事がわかりますね。。

流石にそれらを考えていくと少し難しくなってしまうので、最初に覚えておきたいのはは上記でも紹介している、流れの転換点になり得る、【強気のフラクタル】と【弱気のフラクタル】でしょう。

まずはここから覚えると楽です。

パンダ専務
パンダ専務
強気のフラクタルと弱気のフラクタルは覚えておいた方がいいのダ。
平社員サトウ
平社員サトウ
フラクタルについては単体で利用することはあまり無いとは思いますが覚えておいた方いいです。

フラクタルをMT4やMT5で表示するには?

フラクタルを実際にMT4やMT5に表示してみましょう。

設定方法なども特に無く、MT4やMT5をダウンロードしている場合はすぐに表示させる事が可能です。

手順としては、【ナビゲーター】の中から指標を押します。

バイナリオプション フラクタル表示方法

すると、インジケーターが沢山出てきますので、その中からビルウィリアムズ系のフラクタル「Fractals」を選択。

バイナリーオプション フラクタルのインジケーターを表示させよう。

普段はここで設定などをしなければならないのですが、フラクタルの場合はスタイルの設定だけです。見えやすい色にしておくといいかもしれません。

バイナリーオプション スタイルを変更したらフラクタルの大きさも変わる

たったこれだけでフラクタルは表示されるようになります。簡単ですよね。

バイナリーオプション フラクタルも表示がわかりやすいと良い感じ

といっても、フラクタルは真ん中の▲が表示されるだけで、強気弱気を判断するにしても、重要なのは両サイドの4本のローソク足だと言うことは頭にいれておいた方がいいのかもしれませんね。

表示も簡単で、他のインジケーターを邪魔しない所も魅力的です。

パンダ専務
パンダ専務
個人的には使い易くてある程度指標になる上に他の予測もじゃましないという点は評価が高いのダ。
平社員サトウ
平社員サトウ
バイナリーオプション取引ではフラクタルを使うと言うのはあまり聞きません。そこまでマイナーなインジケーターと言う訳でも無いんですけどね。

フラクタルを使う時に注意しなければならない事

フラクタルは視覚的にも見やすく、簡単に表示できる事から、利用してみようと思った方もいらっしゃるのではないかと考えます。

バイナリーオプション フラクタルの注意点

ですが、利用するにあたって注意点が存在するのです。

それは【5本目のローソク足が確定した後に、フラクタルは表示される】と言う事です。

トレードをするエントリーポイントとして捉えるには少し遅い可能性があるのがフラクタルの注意点でしょう。

また、時間足が長いほど信憑性が高くなるインジケーターだと言われる事も多いので、1分足で見る場合は、フェイクの存在にも気を付けておかなくてはなりません。

テクニカル分析に関してはこのフェイクが存在する以上、他のインジケーターとの併用が推奨される事が多いです。

フェイクに関してはどんなインジケーターを利用したとしても多少なりともはあるので、フラクタルだけに発生すると言う訳ではありません。

ですが、注意しておけば回避する事も出来る可能性があるので、知っておく事に越した事は無いでしょう。

平社員サトウ
平社員サトウ
最後のローソク足が表示された段階でフラクタルも表示されるので、思ったよりも後にフラクタルは表示されます。
パンダ専務
パンダ専務
考え方によっては少し遅いと感じる事もあると思うのダ。

フラクタルと併用するならどのインジケーターがいいのか?

インジケーター【フラクタル】を利用するにあたって、相性の良いインジケーターを探してみましょう。

併用をするのならどういった形が良いのかを、考えておくと自分で試す時も楽でいいですしね。

どういったものが合うのか、あくまでも参考までにですが、考えてみたので興味のある方は是非デモで試してみてください。

アリゲーターとフラクタルを使った戦略がある

アリゲーターというインジケーターについては今まで利用した事が無く、WEB上で相性が良いと言う書き込みを見つけたので、紹介しておきます。

アリゲーターとフラクタルと言うのは製作者が同じと言われていて、併用するのを前提に作られたとも言われています。

一番簡単な見方として考えられているのが下記の手法です。

アリゲーターとフラクタルを表示すると次のような形のテクニカルチャートになります。

バイナリーオプション アリゲーターとフラクタル

ここで注目をしたいのが、アリゲーターの【ティース期間】として表示されている赤のラインと、フラクタルの▲です。

ローソクの下にあるフラクタルの▲がアリゲーターの赤のラインよりの上なら上昇トレンド、逆にフラクタルの▲が赤のラインを割り込んでしまうと、転換点と考えられる為下降トレンドにと言ったようにシンプルな予測が出来るようです。

バイナリーオプション アリゲーターとフラクタルの応用

FXで利用するのなら、もう少し複雑な方法をとも思うのですが、バイナリーオプションの場合はシンプルな予測を複数行って予測をした方が良い様な気もします。

為替のトレンドを見る、トレンドの転換点を見ると言う意味ではフラクタルは使えるインジケーターと言ってもいいのではないでしょうか。

精度としてはそこまで高くはありませんが、シンプルに分かりやすいと言うのは投資をする上で重要だと言えます。

勝率を高くすると言うよりも、傾向をみる事が出来るインジケーターと言った所かもしれません。

平社員サトウ
平社員サトウ
このわかりやすさは魅力的だなって思います。使うのも楽ですしね。
パンダ専務
パンダ専務
シンプルで使い易いと言うのもインジケーターを選ぶときのポイントになる事もあるんダよ。

フラクタルは使い易さ、合わせやすさがメリット

一度利用してみるとわかりやすいのですが、フラクタルのメリットは利用しやすさだと感じます。

バイナリーオプション フラクタルは他のインジケーターと重なってみ見やすい

もちろん、予測自体も意味があるものですが、フラクタル単体で利用できるという訳でもありません。

ですが、他のインジケーターに合わせやすく、他のインジケーターを邪魔しないので、非常に利用しやすいのです。

MT4やMT5のインジケーターを使って取引をする上で、こういった事は非常に重要です。

どんな予測でも基本的には複数の予測を組み合わせて利用する事を前提で考えられていると思うので、使い易さと言うのはテクニカル分析を利用する上で重要です。

何よりも表示も簡単なので、邪魔になったら表示しなければいいと言うのがいいですね。

フラクタルというインジケーターが話題になる事が稀にあるのは、こういった使い易さがあるからでしょう。

パンダ専務
パンダ専務
決してメインにはなれないけど、サブとして力をはっきするインジケーターなのダ。
平社員サトウ
平社員サトウ
使い慣れると無いと困るような存在になるのかもしれません。

まとめ

フラクタルは使い易いインジケーターです。

どんな戦略にでも合うと思いますし。インジケーターを出していても他の予測を邪魔しません。

これは戦略として利用する価値はあると言えるでしょう。

もちろんフラクタルだけでは為替の流れの傾向しかわかりませんが、他のツール併用するには非常に使い易いです。

特に、アリゲーターと言うインジケーターとの併用はおすすめで、更にエントリーポイントがわかるような予測と併用する事で、使える戦略になる可能性は十分にあるでしょう。

  • フラクタルは表示するだけなので使い易い
  • 見るべき所が決まっているので使い易い
  • 他のインジケーターとの合わせやすさはインジケーターの中でも最上位

あまり知られていないインジケーターではありますし、そこまで絶対的な効果がある訳ではありませんが、フラクタル自体もあれば便利なインジケーターです。

戦略としていろいろな手法を試してみるのなら、フラクタルのようなどんな戦略でもある程度の指標になるインジケーターと言うのは使い勝手もよく利用する価値があります。

他のインジケーターと組み合わせて、少しでも取引を有利に進めるようにしていかなくてはなりません。

フラクタルはその一端を担う可能性のあるツールと言っても過言ではありません。

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアの無料デモ取引を始める
ABOUT ME
パンダ 専務
こんにちは、パンダ専務です。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今はそこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは9年間の投資家人生で培ったFXとバイナリーオプションの情報をお届けします。使えるものは「使える」、使えないものは「使えない」とバシバシ切り込む所存です!
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面
日本人に愛される海外業者!

マーシャル諸島でHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから日本人利用率No.1の海外業者で、初心者でも安心して使えます。

利用端末
  • スマホ
  • PC
  • 携帯
  • タブレット
決済方法
  • 銀行
  • カード
  • BTC
合わせて読みたい