Highlow.com

ハイローオーストラリアはDD方式(DD取引)なのか?

ハイローオーストラリアはDD方式(DD取引)なのか?
この記事でわかること
  • DD取引とNDD取引
  • ハイローオーストラリアはどちらの取引か?
  • 日本で多く採用されている取引とは

こんにちは!パンダ専務です。

最近FX業者を見ていて感じた事があるのですが、NDD取引とかDD取引とか言われる方式があるのって知ってましたか?

Highlow.com(ハイローオーストラリア)はFX業者ではありませんが、為替を用いた取引である以上このどちらかに当てはまるはずです。

もしかしたら気になる方もいらっしゃるかもしれませんので、今回は、このDD方式(取引)NDD方式(取引)について調べてみました。

ちなみに、ハイローオーストラリアはどちらなのか、DD取引とNDD取引、この違いを明確に答えられる方ってどれくらいいるでしょうか?

私自身詳しくは無かったので、調べてみた結果、思ったよりも重要な事で、シンプルに考えられるので、興味のある方は是非ご覧ください。

ちなみにこれは、バイナリーオプションの取引方法とは違い、為替取引をする上での方式です。

ハイローオーストラリアの取引方法について知りたい方は、別記事で詳細をまとめていますので、興味のある方はご覧ください。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の4種類の取引と攻略法!
ハイローオーストラリアの4種類の取引方法と判定時間を徹底解説Highlow.com(ハイローオーストラリア)にはHighlow、Highlowスプレッド、Turbo、Turboスプレッドの4種類の取引方法があります。ここでは各取引方法と判定時間に加え、各取引方法の攻略のポイントをご紹介!...
パンダ専務
パンダ専務
調べていて不思議に思ったのでまとめてみたのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
DD方式かNDD方式かなんて、普通に取引してたらあまり興味をもたない部分ですもんね。そう考えるとこれを読んでいる皆さんはニッチですよ!

Highlow.comの公式ページへ

NDD方式(取引)とDD方式(取引)の違いについて

そもそもの疑問として、今回調べてみた【DD取引】ともう一つのNDD取引との違いってわかりますか?

ハイローオーストラリア(highloe.com)DDとNDDの違いは?

私自身調べるまでは明確に理解していなかったので、もしかしたら知らない方も多いのかもしれません。

NDD取引とは?

NDD取引には大きく分けて2つの種類があり、それぞれが微妙に違いがあります。

大筋としてNDD取引はユーザーとインターバンク市場の間に「ディーラー」つまりは業者が入らない取引の事を言います。

基本的にバイナリーオプション取引はNDD取引には当てはまりません。

STP方式

FX業者がFX業者の取引先で、一番ユーザーに対して有利な条件を提示している業者にスプレッドを足して提示するものです。

つまりは無駄なスプレッドが乗っかっている状態での提示になるので、ユーザー側からはそれほど有利にはなりません。

しかしながら、自分で複数の口座に登録せずとも有利な条件の取引出来る事から、利用しているトレーダーの方も多いようです。

また、値動きが激しい時に「約定拒否」が起こるのもSTP方式の特徴と言えます。

この方式をとっているバイナリーオプション業者はほぼ無いでしょう。

ECN方式

一番透明性が高い取引と言われているのがECN方式です。

このECN方式はユーザーとインターバンク市場を業者がつないでいるだけと言うもので、介入の余地が無いと言われている事から透明性が高いと言われています。

バイナリーオプション取引は「オプション」を購入する形を一度取る事、そしてペイアウト率の問題上、ECN方式では取引が不可能です。

FX取引で「約定拒否」が無い事も有名。

平社員スズキ
平社員スズキ
基本的に業者側が介入しづらいけども手数料が高いのが、NDD方式と考えていいのでしょうか?
パンダ専務
パンダ専務
その認識で問題ないと思うのダ。あくまでも大きく考えるとダけどね。

Highlow.comの公式ページへ

DD取引(DD方式)とは?

バイナリーオプション取引は、調べてみると明記はしてありませんが、DD方式に当てはまります。

DealingDeskを略してDD取引、DD方式と言う事が多いのですが、ユーザーとインターバンク取引の間に業者が入る形になります。

直接為替市場で取引をすると言うよりも業者とやり取りをする形と言えばわかりやすいかもしれませんね。

そもそも、オプション取引は業者からオプションを購入する事から始まるのでハイローオーストラリアのDD方式となります。

FX取引の場合は、業者側は市場価格を参考にしているものの基本的にはチャートの値動きを調整する事も可能です。

ハイローオーストラリアの場合は、チャートそのものをFXCMのものを用いて取引をしているので、そちらの動きを追ってみるといいのかもしれませんね。

平社員サトウ
平社員サトウ
手数料は少ないが業者側が介入する余地があるのが、DD方式という訳ですかね?
パンダ専務
パンダ専務
大まかにいうとそれでいいと思うのダ。どちらにもメリットとデメリットがある事になるんダよ

日本国内の業者もDD取引(DD方式)が多い

バイナリーオプション取引に関しては、国内海外を含めて基本的にDD方式を採用しているかと思いますが、国内のFX業者を見てみても、基本的にはDD方式を採用している所が多いようです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)日本ではDD方式の業者が多い

NDD方式の方が有利に感じるかもしれませんが、NDD方式にしてしまうとスプレッドと呼ばれる「手数料」が大きくなってしまい、少額の取引はあまり出来なくなってしまいます。

特に、日本のトレーダーはスプレッドを嫌う傾向にあるのでDD方式が多いのかもしれませんね。

逆に海外のFX業者の方がNDD方式を取っている所が多く、少し面白く感じる面があります。

DD方式の取引だから問題があるかと言われるとそうでは無く、取引をする際のメリットとデメリットを知っておかなくては、利点を有利に生かす事も出来ません。

DD方式(DD取引)の最大のメリット

DD方式の最大のメリットとして挙げられるのは上記でも少しお話しましたが、「スプレッド(手数料)が小さい」と言う事です。

手数料が小さいと取引で利益になりやすく資金を無駄にしていないように感じますが、これは一概にいい事だとはいえません。

しかしながら、これでは業者側の「利益」が小さくなっているようなものなので、どこかでスプレッド分を回収しているはずです。

私の中ではそれが、デメリットに当たる部分なのではないかと思います。

パンダ専務
パンダ専務
無条件で手数料として取られるのは日本人トレーダーは嫌がる傾向があるのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
だからこそ、スプレッドが小さいと言うのはメリットになるのでしょうね。

Highlow.comの公式ページへ

DD方式(DD取引)の最大のデメリット

ハイローオーストラリアも含めて、バイナリーオプション取引で最大のデメリットと言えば、「約定拒否」ではないかと思います。

ユーザー側が勝ちやすい相場で偏りが出てしまうと、業者側に不利益が出過ぎてしまう為、「約定拒否」や「売り切れ」と言った形でポジションを取れないようになるのです。

これは、スプレッドが小さい事から起こる明らかな弊害とも言えます。

バイナリーオプション取引の場合は基本的にオプション取引となる為、業者側の介入が必須です。

しかしながら、このメリットとデメリットはしっかりと覚えておいた方が今後、ハイローオーストラリアで取引をする上での考え方として役に立つのではないかと思います。

平社員サトウ
平社員サトウ
約定拒否は使いどころですよね。拒否で助かる事もあるので。
パンダ専務
パンダ専務
拒否で助かるのは本当に稀なのダ。基本的に大きなトレンドがある時などに起こりやすいんダよ

DD方式はFXでは不正の可能性がある?

あくまでもFXは実際に為替を取引するので、DD方式では不正が起こる可能性があると言われています。

これは、業者側が実際に注文を市場に流さずに流した事にしておく事が出来るからです。

上記で少しお話していますが、バイナリーオプションは「オプション取引」と言う少し特殊な取引なので、実際に為替を取引するわけではなく、業者側が発行している「オプション」をやり取りします。

業者側の介入が無いと成り立たないのがバイナリーオプション取引なのです。

だからと言って、不正に為替レートを操作しているなど、そのような理由でDD方式に不正が多いと言われているわけでは無いと言う事は理解をしておいてください。

業者側が介入しているからこそ、損失の時に「投資額だけ」と言う事にもなりますし、バイナリーオプションはそもそも為替のやり取りを行っていないという事は頭に入れておくといいかもしれませんね。

少しわかり難いかもしれませんが、DD方式だから不正が行われていると言う訳ではないという事は理解をしておいてい貰いたいと思います。

パンダ専務
パンダ専務
FXとバイナリーオプションの明確に違う部分なのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
「オプション取引」はやはり少し特殊な取引のようです。

ハイローオーストラリアがDD方式であると明記してある所は無い

調べてみた結果になりますが、highlow.comがDD取引であると明記してある所はありませんでした。

ハイローオーストラリア(highlow.com)がDD方式だと明記されている箇所は無い

しかしながら、それぞれの方式を調べてみると、DD方式の可能性が高いのではないかと思います。

あくまでも個人的に調べてみた結果になりますので、その辺りはご了承ください。

NDD方式だから良い、DD方式だから悪いという事はありません。

どちらもメリットとデメリットを知っておかなくては、損をする事はあると思うのでしっかりと把握しておきましょう。

ハイローオーストラリアがどういった業者なのか気になる方は、実際に公式サイトにて、デモ取引をしてみるのもいいかもしれません。

デモトレードに関しては口座を作成する必要は無く、無料で利用できるので、まずは実際に体験してみるのもいいかもしれませんね。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)のデモ取引について
【最新】デモ取引ができない時はハイローオーストラリアのクイックデモを使おう!Highlow.com(ハイローオーストラリア)のデモ取引が利用できない!?なんて事が無いように、スマホ(iPhone・android端末)、パソコンからのデモ取引の始め方、やり方を詳しく解説。バイナリーオプショ業者でも珍しいクイックデモを「無料」で試したい方に断然おすすめです!デモ取引をするのに口座開設は不要なので、誰でも利用できるのポイントは高いです。...

DD方式、NDD方式は関係なく、利用しやすい業者を選択するのが利益への一番の近道なのかもしれません。

パンダ専務
パンダ専務
あくまでもDD方式とNDD方式について調べた結果バイナリーオプション取引のルール上DD方式じゃないのかと思ったのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
明記してある箇所は見つからなかったので、あくまでも個人的な意見として見ていただければと思います。

まとめ

調べてみた結果、バイナリーオプションに関してはDD方式なのかNDD方式なのかと言う明確な記述は見つかりませんでした。

しかしながら、バイナリーオプションと言う取引が「オプション取引」である事を考えると、一度業者側が介入する事になるので、DD方式なのではないかと思います。

DD方式だから不利、NDD方式だから使えないという訳ではなく、それぞれに特徴があるので、上手く利用してメリットを存分に活かしていきましょう。

  • DD方式だから不利では無く、それぞれのメリットデメリットを知っておく事が重要
  • 自分にとって使いやすい業者を利用するのが一番のメリット
  • DD方式なのかどうかを明記してある箇所は見つからなかった

ハイローオーストラリアに関して興味がある方は当サイトでは口座開設についても詳しく解説していますので、興味のある方はご一緒にご覧ください。

highlow.com(ハイローオーストラリア)の口座開設申込方法について
【審査どれくらい?】最新ハイローオーストラリア口座開設方法を紹介します!最新のHighlow.com(ハイローオーストラリア)口座開設方法です。2020年に口座開設方法リニューアル後の変更点として、審査の時間が大幅短縮と革新的変更に伴いハイローオーストラリアで新規口座開設をしやすいようになってます!...

結局の所はDD方式かどうかというよりも、ペイアウト率であったり、出金の速度であったり、バイナリーオプション取引をするのなら、そういった面を気にしたほうが良さそうです。

少しでも有利な業者を利用して、少しでもデメリットを減らし、多くの利益を得る事が出来るように、考えてみてください。

ハイローオーストラリアの無料デモ取引を始める
ABOUT ME
アバター
パンダ 専務
こんにちは、パンダ専務です。自由に使えるお金が少しでも増えればと思い為替取引を開始してはや5年。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今は社会人の肩書を捨て、そこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは5年間で培ったFXとバイナリーオプションの情報をお届け致します!
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面
日本人に愛される海外業者!

マーシャル諸島でHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから日本人利用率No.1の海外業者で、初心者でも安心して使えます。

利用端末
  • スマホ
  • PC
  • 携帯
  • タブレット
決済方法
  • 銀行
  • カード
  • BTC