Highlow.com

ハイローオーストラリアの損益分岐点はここだっ!高い勝率はめちゃくちゃ重要

ハイローオーストラリアの損益分岐点はここだっ!高い勝率はめちゃくちゃ重要
この記事でわかること
  • 損益分岐点とは一体なんだろう?
  • あくまでも、損益分岐点は取引をする上で最低ライン
  • 業者選びの際に損益分岐点って重要なの?

こんにちは!パンダ専務です。今回は、Highlow.com(ハイローオーストラリア)で取引をする際に、損失と利益の分岐点になる、「損益分岐点」について調べてみる事にしました。

どの程度取引をして、どれくらいの勝率があれば利益になるのかを知っておく事は非常に重要ですし、投資をする上での目安になる可能性も十分にあるので、知っておいて損はないかもしれません。

ただし、あくまでも目安だと言う事は覚えておいてください。損益分岐点はあくまでも損益が分岐する所であるので、その勝率ではあまり利益額には期待する事は出来ません。

基本的にはなるべく高い勝率を目指すというのは変わりませんので、その辺りは勘違いをしないようにしておかなくてはいけませんね。

まだ、口座開設をされてない方は、先に口座開設をしておいてもいいかもしれません。

highlow.com(ハイローオーストラリア)の口座開設申込方法について
【審査どれくらい?】最新ハイローオーストラリア口座開設方法を紹介します!最新のHighlow.com(ハイローオーストラリア)口座開設方法です。2020年に口座開設方法リニューアル後の変更点として、審査の時間が大幅短縮と革新的変更に伴いハイローオーストラリアで新規口座開設をしやすいようになってます!...

口座開設時間は3分ほどで完了するので、時間がある時にやっておくのもいいのではないかと思います。

パンダ専務
パンダ専務
損益分岐点と言っても聞き覚えの無い人も多いのではないんダろうか?
平社員スズキ
平社員スズキ
ある意味名前の通りなので、知らなくても意識はしている人は多いかもしれませんね。

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアの損益分岐点は?

それではハイローオーストラリアの損益分岐点についてみていきましょう。

highlow.com(ハイローオーストラリア)損益分岐点

そもそも、損益分岐点とは一体どういったものなのか?そこから知っておかなければなりません。

損益分岐点とは?

損益分岐点とは、簡単に説明すると利益にも損失にもならないポイントの事です。投資の数を行っても利益0、損失0になるポイントの事を損益分岐点といいます。

ペイアウト率毎に損益分岐点は変わってくるのですが、ハイローオーストラリアの最低ペイアウト率の取引は1.85倍となっています。

これでも高いペイアウト率の取引であると言う事は間違いありません。ペイアウト率が低いと言う事は、それだけ勝ちやすい、もしくは人気のある取引だと言う事になるでしょう。その取引がペイアウト率1.85倍と言うのは驚きです。

ハイローオーストラリアの全ての取引の損益分岐点を見てみましょう。

損益分岐点スプレッド無し
  • 30秒取引 ペイアウト率1.95倍 損益分岐点 勝率約51.28%
  • 1分取引 ペイアウト率 1.90倍 損益分岐点 勝率約52.63% 
  • 3分取引 ペイアウト率 1.90倍 損益分岐点 勝率約52.63%
  • 5分取引 ペイアウト率 1.85倍 損益分岐点 勝率約54.05%
  • 15分取引 ペイアウト率 1.85倍 損益分岐点 勝率約54.05%
  • 1時間取引 ペイアウト率 1.90倍 損益分岐点 勝率約52.63%
  • 1日取引 ペイアウト率 1.95倍 損益分岐点 勝率約51.28%

5分取引と15分取引のペイアウト率が低く設定されていると言う事は、それだけ利益になりやすい傾向にあるのか、もしくは人気がある取引と言う事なのでしょう。

損益分岐点スプレッド有り
  • 30秒取引 ペイアウト率 2.30倍 勝率損益分岐点 約43.47%
  • 1分取引 ペイアウト率 2.20倍 損益分岐点 勝率約45.45%
  • 3分取引 ペイアウト率 2.05倍 損益分岐点 勝率約48.78%
  • 5分取引 ペイアウト率 2.00倍 損益分岐点 勝率約50.00%
  • 15分取引 ペイアウト率 2.00倍 損益分岐点 勝率約50.00%
  • 1時間取引 ペイアウト率 2.00倍 損益分岐点 勝率約50.00%
  • 1日取引 ペイアウト率 2.00倍 損益分岐点 勝率約50.00%

どの程度の勝率があれば、損益分岐点まで持っていけるのか、バイナリーオプション取引の場合は、わかりやすいのが非常に良いですね。注意点として、あくまでも一定の金額で同一の取引を繰り返した時になるので、その辺りはご了承ください。

約○○%としているのは割り切れない数値があるからなので、あくまでも目安として考えてみましょう。

同一の取引を同一の投資額で繰り返す際の、損益分岐点の計算方法は非常に簡単で、「100÷ペイアウト率(1.85~2.30)」と言った形で出す事が出来ます。

あくまでも損失と利益の分かれ目ですが、ここまでの勝率があれば、損にはなりません。

目指すべき点としてはわかりやすく、ある種の指標となると言っていいでしょう。数値の方を見ても、45.45%から54.05%と決して達成不可能な数値と言う訳でもないので、なるべく高い勝率を目指して取引をする事で、より勝率を安全圏に持っていきたい所ですね。

パンダ専務
パンダ専務
誰もが意識しながら考えていたんダけど、名前を知らない人は多いと思うのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
必要勝率だったり、他の呼び名があるのもポイントですね。

Highlow.comの公式ページへ

スプレッド有りの取引のペイアウト率が高く損益分岐点が低いから有利と言うのは少し違う

損益分岐点を見るだけなら、スプレッド有りの取引の方が有利だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

スプレッドが有る分損失になる範囲が少し広くなるので、損失になる確率がそれだけ高くなると言う訳です。

要するに、取引が難しく勝率を高くし難いので、その分ペイアウト率が高いと言う事ですね。

スプレッドがある取引にはドロー近辺に【スプレッド幅】と言うものがあります。

ハイローオーストラリアのスプレッドがひどいって言うけど他よりマシじゃない?
Highlow.com(ハイローオーストラリア)のスプレッド幅が「ひどい」と言われるのには理由が!?Highlow.com(ハイローオーストラリア)の「スプレッド幅」はひどいと言われる事もありますが、実際にはどうなんでしょうか?調べてみないとturbo(ターボ)、Highlow(ハイロー)のスプレッドについて理解してない部分もあったので、少しスプレッドでの取引方法がわかったような気もします。皆さんもぜひどうぞ。...

別記事で詳しく解説はしているので、ここでの解説は簡単なものにさせて頂きますが、ドロー近辺に一定の損失になる範囲があるので、そこで取引の終了時間を迎えてしまうと損失になってしまうのです。

レンジ相場での取引は結構不利になってしまうので、スプレッドの有る取引を利用する際は、しっかりと「トレンド」が発生しているかどうかを判断して取引をしていかなくてはならないのではないかと思います。

こうなってくると、損益分岐点の数値が低いから取引は有利と言うのは少し変わってきます。

取引の特性をしっかりと理解した上での損益分岐点と言うのを覚えておいた方がいいのかもしれませんね。

パンダ専務
パンダ専務
スプレッド幅のある取引は基本的にはおすすめしないのダ。高いペイアウト率は魅力ダけど、それじゃだけじゃ利益は取れないのダよ。
平社員スズキ
平社員スズキ
同条件でもないかぎりペイアウト率が高いからと言って有利になる訳ではないので、どういった取引なのかをしっかりと理解する事が重要だと言うのは覚えておきましょう。

損益分岐点はあくまでも基準

上記の事からもわかるように、損益分岐点が低いからと言って、条件が同じではない取引に対して有利不利を決める事はできません。

・損益分岐点はあくまでも基準

あくまでも為替相場の状況による有利不利であり、損益分岐点で有利不利が決まる訳ではないと言うのは覚えておきましょう。

ですが、これはハイローオーストラリア内で見た場合です。

他の業者と比較する場合は、同じ条件の取引を探して、有利不利を確認してみるのは、業者を選ぶ際のコツとして考えてもいいのかもしれませんね。

損益分岐点の使い方としては様々あるので、色んな業者と比べてみるのがおもしろいかもしれません。

パンダ専務
パンダ専務
ルールが違うもの同士で比べてもあまり意味はないのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
同条件の別業者の取引と比べてみるのはいいかもしれませんね。単純に有利不利がわかるかもしれません。

ある程度の勝率は絶対条件

同額の投資額で取引をしていくと考えるのなら、ある程度の勝率は絶対条件となるのではないかと思います。

highlow.com(ハイローオーストラリア)高い勝率を求めるのは当然

何度も言うようですが、損益分岐点はあくまでもプラスマイナス0にする為に必要な勝率と言う事なので、利益にするのなら、それ以上の勝率が必要なのは当然です。

1%でも高い勝率が狙えるように、どんな戦略を立てていくのかが、ハイローオーストラリアで利益を出すのに重要な事と言えるのかもしれません。

まさに、コツコツと積み重ねていくのがバイナリーオプション取引のメリットともいえるのでのでひとまず考えるのは勝率と思っておきましょう。

勝率を考えた時に、ハイローオーストラリアの取引に「転売」と言う取引があるので、そちらを利用してらっしゃる方もいらっしゃかと思います。

ペイアウト率が変動する場合は、なかなか必要勝率は出せないので、平均であったり、自分がいつも利確を行う大体のペイアウト率を概算してそちらで行ってみるのがいいのではないかと思います。

どちらにせよ、必要なのは高い勝率と言うのは変わりは無いので、意識して取引をする事が重要になってきます。

パンダ専務
パンダ専務
ずっと同じ取引をする訳じゃないので、平均を出して損益分岐点を見る人もいるらしいんダよね。
平社員サトウ
平社員サトウ
個人的には最低ラインなので、大体でもいいのではないのかなと思いました。それよりも1%でも高い勝率を狙っていく方がいいのかなと思います。

損益分岐点は最低ライン

何度も言うようですが、損益分岐点は最低ラインです。

・損益分岐点は最低ラインと考えよう!

目安になるポイントというだけなので、目標は違う位置にしておきましょう。

このポイント以下は損になると考えると、少しでも高い勝率に挑戦するのではないかと思います。

その姿勢こそもしかしたら、利益を得る為には大事なのかもしれません。

パンダ専務
パンダ専務
あくまでも「最低ライン」だから注意ダよ!
平社員サトウ
平社員サトウ
損益分岐点付近だとほとんど利益はありませんしね。

業者選びで損益分岐点は重要になってくるのか?

基本的には、100%からペイアウト率を割った数が損益分岐点に必要な勝率となります。

highlow.com(ハイローオーストラリア)は海外業者の中ではおすすめ

一番簡単な方法で算出しているので、多少のズレはあるかもしれませんが、目標はあくまでも利益なので、それ以上の数値を目指す事を考えると、大体でもいいのかな?なんて思います。

計算上かならず利用するのがペイアウト率です。取引が成功した時の利益額に大きく関わってくるので、同条件ならペイアウト率が高い業者を選択した方が、損益分岐点到達に必要な勝率は少なくなります。

ですが、悪質な業者であったり、取引チャートが使い難いなど、業者によって違いがあります。

最終的には総合的に見て業者の選択をした方がいいでしょう。

はっきり言って、多少のペイアウト率の違いなら、安全性を選んだ方がリスクは少ないでしょうし、「使いやすさ」は取引の継続に重要になってきます。

ペイアウト率は損激分岐点で少しでも有利にする事が出来ますが、やはり業者選びは総合的に見て判断した方がいいでしょう。

何度も言いますが、あくまでも損益分岐点は目安であり、ある種の指標でしかありません。重要ではありますが、1番大事にするものかと言うと違うのではないかと思います。

業者選びで大事にしたいのは、安全性と使いやすさ、その後にペイアウト率だと思うので、優先度は間違わないようにしましょう。

パンダ専務
パンダ専務
業者選びで損益分岐点をそこまで重要視する必要はないと思うのダ
平社員スズキ
平社員スズキ
他と比べる事は重要だと思いますが、個人的には3番手4番手くらいの重要度ではないかと思います。

ハイローオーストラリアは安全性、使いやすさ、ペイアウト率全てが高水準

ハイローオーストラリアに関しては、出金面は海外のバイナリーオプション業者の中でも非常に早く、海外バイナリーオプション業者の中では非常に安全性が高いと言われています。

使いやすさは個人の好みがあるので、なんとも言えない部分ではあるのですが、シンプルで使いやすいです。

・業者選びは損益分岐点も重要だけど他にもっと重要な事があるので、そっちを優先した方が後悔しない

ペイアウト率も他の業者よりは高めに設定してあるので、「損益分岐点」を考えるにしても利用してもいい業者なのではないかと思います。

実際に自分の目で確認をしたい方もいらっしゃるでしょうが、ハイローオーストラリアには口座開設、登録不要で利用できる「クイックデモ」で確認してみたり、少し取引を試してみるのもいいかもしれません。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)のデモ取引について
【最新】デモ取引ができない時はハイローオーストラリアのクイックデモを使おう!Highlow.com(ハイローオーストラリア)のデモ取引が利用できない!?なんて事が無いように、スマホ(iPhone・android端末)、パソコンからのデモ取引の始め方、やり方を詳しく解説。バイナリーオプショ業者でも珍しいクイックデモを「無料」で試したい方に断然おすすめです!デモ取引をするのに口座開設は不要なので、誰でも利用できるのポイントは高いです。...

実際に取引をしてみて、ペイアウト率は高いのか?取引チャートの使い心地はいいのかを試してみるのがいいでしょう。

取引をしてみて損益分岐点への到達は出来そうか見てみるのもいいかもしれませんね。

パンダ専務
パンダ専務
安全面とかを優先するとしても、ハイローオーストラリアは結構おすすめなのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
海外のバイナリーオプション業者の中ではハイローオーストラリアはかなりおすすめです。国内業者との分散投資にもいいかもしれませんね。

まとめ

ハイローオーストラリアの損益分岐点について調べてみましたが、あくまでも損益分岐点は最低ラインであり、スタートラインだと言う事がわかりました。

高い勝率を目指した取引は必ず行っていかなければならないので、その辺りはしっかりと考えていきましょう。

高勝率を目指すなら予想や戦略もしっかりと考えていかなくてはなりません。私自身がおすすめなのは、テクニカル分析です。

【バイナリーオプション】ハイローオーストラリア「無料」で使えるインジケーターを使おう!海外のバイナリーオプション業者Highlow.com(ハイローオーストラリア)でテクニカル分析をする際、使えるインジケーターとは何なのかを調べてみました。1%でも利益が高くなるように取引をしていく事が大切です。ハイローオーストラリアで使える自分に合ったインジケーターは果たしてあるのか?...

MT4やMT5は無料でダウンロードする事が出来るので、おすすめですよ。

少し話はそれてしまいましたが、少しでも損益分岐点になる勝率を超える事が出来るようにしっかりと予想や戦略を立てていく事は、より重要と言えるのではないでしょうか。

  • 損益分岐点は最低ライン
  • より高い勝率を選択しよう
  • 業者を選ぶ際に損益分岐点の勝率で選ぶのは問題

また、いくら損益分岐点の勝率が重要だからと言って、業者選びの選択肢としておくのは問題ではないかと思います。

安全面であったり、使いやすさであったりと業者を選択する際に重要視する面はもっとあるので、あまり「重要事項」だと考えすぎない方がいいでしょう。

取引をする上で「損益分岐点」はあくまでも基準であったり、指標だと考えておくのがいいかと思います。

重要でない訳ではありませんが、連敗や取引が損失に偏っていない限りあまり気にしすぎるものではないと思うので、優先順位を間違わないようにしておかなくてはいけませんね。

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアの無料デモ取引を始める
ABOUT ME
アバター
パンダ 専務
こんにちは、パンダ専務です。自由に使えるお金が少しでも増えればと思い為替取引を開始してはや5年。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今は社会人の肩書を捨て、そこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは5年間で培ったFXとバイナリーオプションの情報をお届け致します!
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面
日本人に愛される海外業者!

マーシャル諸島でHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから日本人利用率No.1の海外業者で、初心者でも安心して使えます。

利用端末
  • スマホ
  • PC
  • 携帯
  • タブレット
決済方法
  • 銀行
  • カード
  • BTC