News

【まとめ】バイナリーオプション取引をする上で魅力的な銘柄は?

【まとめ】バイナリーオプション取引をする上で魅力的な銘柄は?
この記事でわかること
  • 銘柄は何を指すのか?
  • 銘柄によって特徴は違う
  • どれが自分に合うのか自分で判断をする事が有効

こんにちは、パンダ専務です!

バイナリーオプション取引についてここまで色々と書いてきましたが、そろそろ【銘柄】についてまとめてみようかと考えてます。

自分用のメモとしても活用しようかと思っているのでその辺りは悪しからず。

為替取引において【取引銘柄】と言うのは非常に大事で、バイナリーオプションでもそちらは変わりません。

銘柄次第では為替の動きも大きく違いますし、情勢などもしっかりと考えて取引をしなくてはならないでしょう。

為替の動き次第では利益に転ぶ事も、損失に転ぶこともあるかと思いますが、特徴を知っておく事で、バイナリーオプションでも有利に取引を行う事は決して不可能な事ではありません。

【無料体験】バイナリーオプションはデモだと勝てるって有名だけど【2021年版】
【無料体験】バイナリーオプションはデモだと勝てるって有名だけど【2021年版】バイナリーオプションで取引をしていて、デモの時はもっと勝ててたような気がする感覚について調べてみました。バイナリーオプションはいわゆるハイロー取引でもあるので、いろいろ試せてお得なバイナリーオプションのデモ取引に注目!30秒取引など難しい点などもしっかりとチェック!...

時間があるのならバイナリーオプション業者のデモ取引などで実際に銘柄を確認してみてもいいでしょう。取引をする際に考えておかなくてならない事も見えてくるのではないかと感じます。

平社員サトウ
平社員サトウ
銘柄って良い方は株式取引なんかでよく聞きますね。
パンダ専務
パンダ専務
基本的には「銘柄」と言う呼び方は苦手ダね。いろいろな取引をしていると混同する人のいるのかもしれないんダよ。

【銘柄】と通貨ペアは違うのか?

【銘柄】と聞くとバイナリーオプション取引ではない「株式取引」等をイメージしてしまいますよね。

バイナリーオプション取引で銘柄と通貨ペアは別ものなのか?

まずは「銘柄」の言葉の意味について調べてみます。

銘柄とは?

  • ブランドのこと
  • 証券取引所に上場している株式の企業名のこと

Wikiには上記のように書かれています。

これでは通貨ペアなどは入らなくなってしまいそうですが、バイナリーオプション業者にある取引が出来る銘柄という事実は間違いは無いと思うので、今回は通貨ペアも含めて考えていきましょう。

平社員サトウ
平社員サトウ
言葉の意味的に本来は通貨ペアはハイらないのかな?と言った印象はあります。これはある程度は仕方ないかな
パンダ専務
パンダ専務
ただし、バイナリーオプションなら入れてもいいかもしれないんダよね。株式の値で行うバイナリーオプション取引自体はかなり少ないのダ。

銘柄による違いは確実にある

バイナリーオプションだけでなく為替取引全てで言える事なのですが、【銘柄による違い】はあります。

バイナリーオプション銘柄で選択肢は違う

短期取引を狙うのか長期取引を狙うのかによっても違いますし、取引をする時間によっても変わってくるでしょう。

バイナリーオプション取引をするにあたって、取引銘柄は重要な要素と言えます。

少しでも利益になる取引をする為にも、少しでも有利な銘柄での取引が求めらられるでしょう。

とは言え、重要なのは「流通量」である事も間違いありません。

前提として流通量の多い銘柄の影響力はとんでも無いものがあり、通貨ペアで相手となった場合は、流通量が多い方に引っ張られる傾向はあるのです。

流通量=影響力と考えられても過言ではありませんね。それらを上回る相場のエネルギーがあった際に、激しい動きにもなったりするので、注意しておきたいポイントと言っていいでしょう。

このように、銘柄による違いは明確にあるので、どの銘柄で取引をしようか迷っている方は、まずはじっくりと見る事から始めてみることをおすすめします

パンダ専務
パンダ専務
バイナリーオプション業者からしたら通貨ペアも商品なので、銘柄として考えていいのではないダろうか。
平社員サトウ
平社員サトウ
流通量=影響力はかなりの数の投資家が動かすからこそ、そう考えられているのかもしれません。

自分はどんな取引が向いているのか?

銘柄を選ぶ際に考えたいのは、まず自分がどういった取引をしたいのか?またはどんな取引に向いているのか?です。

自分にはどんな取引が向いているのか?バイナリーオプション

取引銘柄によって為替の動きには違いが出てくると言うお話をしましたが、まず大事なのは自分の取引の仕方を銘柄に合わせると言うよりも、自分の取引スタイルに合わせて銘柄を選択する事でしょう。

誰にでも、向き不向きがあるので、自分が合わせようとすると損をしてしまう事は多々あるのです。

まず、大事なのは自分がどういった取引に向いているのか、どんな銘柄を使えば少しでも有利に取引が出来るのか?でしょう。

大まかではありますが、【トレンド】【レンジ】のどちらの相場が得意かをまず考えてみてください。

普段どういった取引をしているのかを思い返すだけでも、違いは出るでしょう。例えば動きのある相場なら「ポンド」と言ったように、よく動く銘柄などがあるので、まずは自分がどういった取引に向いているのかを考えてみてください。

平社員スズキ
平社員スズキ
自分がどういった取引に向いているのかをしっかりと把握するところから始めてみるのがいいでしょう。
パンダ専務
パンダ専務
最低でも普段からどういった取引で利益が出ているのか?は知っておいた方がいいと思うのダよ。自分のお金なんダしね。

取引をする時間帯によっても動きは変わってくる

銘柄(通貨ペア)とはあまり関連性は無いかもしれませんが、取引をする時間帯によって、トレンド相場なのかレンジ相場なのかの違いも出てきます。

そうなると、いくら動きのある銘柄で取引をしていたとしても動きが無かったり、逆に、レンジになりやすい銘柄で取引をしていても、動きがあったりするので注意はしておかなくてはならないでしょう。

トレンドになるのかレンジになるのかは開いていいる市場によって違ってくる場合もあります。

  • アメリカ市場【ニューヨーク市場】
  • 欧州市場【ロンドン市場】
  • アジア市場【東京市場】

主に上記の3つの市場が主要な市場と言われる事が多いのですが、基本的に最も為替の流通量が多くなるのは、【アメリカ市場】【欧州市場】の2つの市場が同時に動いている時です。

この時間帯は東京市場が開いている時間帯に比べると、為替の流通量が多く、トレンドが形成されやすくなっています。

土日を省いた24時間、どこかの市場が開いている為替市場なのですが、一番トレーダーが多く参加していて、トレンドが発生しやすい環境と言えるのでしょう。

流れができやすい環境であると同時に大口のトレーダーや投資会社が多い事も影響はしているでしょうね。

つまりは動きやすい環境がそろっている【欧米市場が重なる時間】が一番トレンドが発生しやすく、逆に日本市場のみの時間帯は動きが少なくなる傾向にあると言っていいのではないでしょうか。

銘柄とは少し違うかもしれませんが、市場によって動き自体も変わるので注意はしておいた方がいいでしょう。

バイナリーオプションの基礎知識
【基礎知識】バイナリーオプションとは何かわかりやすく仕組みを解説!バイナリーオプションとはFX取引の一種で、為替レートが上がるか・下がるかを予測する二者択一の取引です。ここではバイナリーオプションとは何か、どんな取引方法なのかわかりやすく仕組みや基礎知識をご紹介。...

まずは基礎情報から学んでみてもいいのかもしれません。取引をするなら基礎の基礎から学んでみましょう。

パンダ専務
パンダ専務
市場によって違うと言うのは覚えておいた方が良いのダ。欧州市場と米国市場が同時に開いている時が一番動きが大きくなるポイントダね。
平社員スズキ
平社員スズキ
どちらが得意なのか程度でも良いと思います。それだけわかっておけば市場は選びやすいです。また仕事なので参加できる時間帯などが限られる場合もあります。そこには注意ですね。

バイナリーオプション取引をする上でのおすすめ銘柄は?

銘柄についてはある程度は個人の自由だと思いますが、最低限特徴は知っておいた方がスムーズです。しかしながら、個人的におすすめだなと思う銘柄があります。

特徴に合わせて使いわけをする事も可能だと思いますし、なによりも特徴を知っておけばポジションも取りやすいはずです。

ただし、注意してほしいのはあくまでも【特徴】である事で、絶対ではありません。

その時の為替の状況や経済環境などにも左右される事は多いので、あくまでも【傾向】程度に考えておくのがいいでしょう。

個人的には、動きが起こりやすい通貨ペアをおすすめしているので、そちらを中心におすすめの銘柄を挙げてみます。

パンダ専務
パンダ専務
投資をする上で、 銘柄についてはあくまでも個人の自由ダよ。それ以上でもそれ以下でもないのダ。
平社員サトウ
平社員サトウ
自分で選択するのは決して悪い事でもないですよ!自由はある意味怖いですけど。

通貨ペアEUR/GBP

ユーロは流通量2位でポンドは流通量が4位の通貨だと言われています。人気者同士のペアと言っても過言ではありません。

ユーロ/ポンドの大きな特徴と言えば、大きく激しく動く事と言ってもいいでしょう。

動きのある相場を狙っている方にはおすすめの通貨ペアだと言ってもいいですが乱高下する事もあるので注意はしておいた方がいいですよ。

平社員スズキ
平社員スズキ
イギリス脱退以降も動き自体は大きいと言った印象はありますね。
パンダ専務
パンダ専務
最近ではニュースでもあまり取り上げられないので情報元が少ないのダ

通貨ペアGBP/USD

取引量が多い通貨ペアなのは間違いありません。その中でも長期的にみると動きの無い相場に見えても、短期的には大きな動きとなっていることが多いのが特徴的、まさに短期のバイナリーオプション取引をする方にはピッタリと言えるでしょう。

見え方としては、短期では大きく動いていますが、長期では元の位置に戻ってしまっているので、大きく為替が動いたように見えない事もあります。長期のチャートで見る場合はローソクのヒゲなどに注目しておかなくては値動きを見過ごす可能性も十分にあるので注意です。

動きの大きな相場を狙うのならかなり狙い易いかなと考えます。

パンダ専務
パンダ専務
短期取引ならこういった銘柄を狙ってみるのもいいかもしれないんダよ。動きもあるしトレンドもあると言う事ダろうから。
平社員サトウ
平社員サトウ
長期的なチャートを見るとあまり動いてないように見えますもんね。短期にすると結構動いていたりもするのでローソク足のヒゲなどにも注目してみてください。

通貨ペアGBP/JPY

ポンド/円の特徴として、クロス通貨と言う事もあり、他の通貨ペアの動きの影響を受けやすいです。

特に影響を受けやすいのが、USD/JPY、GBP/USDの動きの影響。通貨の取引量の関係上仕方ない面もありますが、上記2つよりも動き自体はおとなしい傾向にありますが、注目はしておくべきでしょう。特に欧州市場と日本市場は同時に開いている時間帯もあるので、その時間帯は特に注目です。

パンダ専務
パンダ専務
クロス通貨なのでドル絡みの影響を受けるのダ。そこがマイナスポイントダよね
平社員サトウ
平社員サトウ
結局クロス通貨は米ドルの動きにも警戒が必要なので、調べる情報が多くなると言う点がマイナスポイントと言ってもいいかもしれません。

通貨ペアUSD/JPY

言わずとしれたリスク回避通貨が円です。

世界経済的にリスクがあるときは円が変われる事で円高、リスクが緩和されたり景況感が良い時は円安と言った形になります。

為替取引を行った事がある方なら、見慣れてるものかもしれませんが、日本人からしてみると情報量が一番多いと言うのはポイントが高いのではないでしょうか。動き自体は大きくはありませんが、狙いとして決して悪いものではありません。

パンダ専務
パンダ専務
情報量が多いと言うだけでメリットになるのダ。一番情報が集めやすいと言う事は予測がしやすいにも繋がると思うのダよ。
平社員スズキ
平社員スズキ
基本的には動きは緩やかと言われているので、その辺りはきっちり頭に入れた方がいいですね。

銘柄と言うと先物を想像してしまうけどもGOLD以外に使った事はありますか?

おすすめが通貨ペアかよ!と思った方も多いでしょう。その反応は予測していましたが、先物だったりと株式の予測は難しいと言ったイメージが中々抜けないからです。

バイナリーオプションの銘柄と言っても通貨ペア以外だとGOLDくらいしか使わない

GOLDは面白いなと感じるのですが、先物等は情報量が少なく感じる事も多いです。

動きがあれば別ですし選択肢として多いのは良い事ですが、【GOLD】以外でバイナリーオプション取引でわざわざ先物に絞って取引をする事と言うのはほとんど無いでしょう。

逆に言うのなら「銘柄」として純粋に狙い目だと考えられるのはGOLD以外には無いと言う事でもあります。あくまでも「バイナリーオプション取引に絞れば」です。

GOLD以外の先物系のバイナリーオプション取引で使える銘柄は情報量が少ないか、調べる箇所が多すぎて、バイナリーオプション取引の魅力でもあるシンプルで簡単と言うメリットを消してしまいかねません。

個人的な意見かもしれませんが、今までバイナリーオプション業者を利用されてきた方でも、GOLD以外の銘柄(通貨ペア以外)はあまり利用された事が無いのではないでしょうか。

銘柄と言うとやはり株式をイメージするのは当たり前の事です。その方が自然ですから。バイナリーオプション取引にも株式関連のオプション取引があったりもするのですが、そこまで利用頻度は高くないと言うのが事実でしょう。

パンダ専務
パンダ専務
私だけかもしれないがバイナリーオプション取引では通貨ペア以外ダとGOLDでしかポジションを取った事が無いのダ
平社員サトウ
平社員サトウ
そもそも先物などが無い所もありますしね。利用しなくてはいけない訳では無いと言うのは覚えておいた方がいいかもしれません。

取引の有利不利を決めるのも銘柄になる時がある

ある意味仕方の無い事だと言えるかもしれませんが、取引銘柄によってバイナリーオプション取引の有利不利が決まる事も多々あります。

為替の動きやトレンドによって有利になるか不利になるか考える事はできおますし、対策のしようは十分にあるのですが、「違い」があると言うのは知っておかなくてはなりませんし、そのギャップを狙っている方もいるそうです。

流石にそこまで難しい取引はしたくないので、自分が得意な為替相場についてしっかりと狙いを定める事が重要と言ってもいいのかもしれません。

有利不利に銘柄が関わってくるのなら、しっかりと銘柄の選択をしなくてはなりませんし、決してどれでも良いと言う訳ではなく選択をしなくてはならないものだと言う事を覚えておきましょう。

バイナリーオプションで自分に有利な銘柄を利用するように出来るだけどういった銘柄があるのかは知っておきたい所ですね。

平社員サトウ
平社員サトウ
経済指標などの発表頻度や重要度も考えてみるのがいいでしょう。
パンダ専務
パンダ専務
何を見ておけばいいのかっていうのは結構わからないものなのダ。自分なりに使ってみて感じる事もあると思うのダよ。

試してみて使い易いものを利用するべき!

色々と銘柄についてのお話はしてきましたが、結局のところ、自分に合ったものを利用する事が一番重要言えるでしょう。

バイナリーオプションはUSD/JPY(ドル円)を見ておけば良い!は嘘!?【18通貨ペアの秘密】
バイナリーオプションはUSD/JPY(ドル円)を見ておけば良い!は嘘!?【18通貨ペアの秘密】バイナリーオプション取引をしている画像を見てみると、圧倒的にUSD/JPY(米ドル/日本円)を利用しているキャプチャーが多いのはどうしてなのか?USD/JPYだけを見ておけば十分と言うのは本当なのか?を調べてみました。...

業者によっては使える銘柄、使えない銘柄もあります。自分が利用している業者のものはしっかりと確認しておきましょう。

調べた結果と言うのはあくまでも特徴であったりメリットやデメリットと言った所です。

最終的にはそれらを含めて、自分自身で決める事が出来るなら、それがベストと言えるのではないでしょうか。

出来ればバイナリーオプション取引の特徴でもある、いつでも取引が出来る、シンプルで簡単な取引と言う利点は活かしたいですね。

その上で予測をしていくので、情報量が多いものを選択すると言う事も必要になってきます。

こうなると、取引出来る銘柄自体がある程度絞られてしまうかもしれませんが、それでもいいのです。

ある程度絞って情報を集めた方が情報は集まりやすいでしょうし、その方が勝率も高くなるのではないかと考えます。

平社員サトウ
平社員サトウ
最終的に行き着くのは、自分自身が使い易いだったり、おもしろいと思ったものを利用した方が良いと言うことです。
パンダ専務
パンダ専務
あくまでも最終的には自分で決めた方がいいのダ。いろんな意見があると思うのダけど、自分で決めないと後悔するというのが最終的な意見ダね。

まとめ

バイナリーオプション取引の場合、銘柄という言葉を本来の意味で捉えてしまうと、取引出来るものが少なくなりすぎてしまいます。

となると、通貨ペアや先物なども入れてポジションを取れるものを【銘柄】と呼んだ方がバイナリーオプション取引では意味合いとして通じそうです。

そう考えるとおすすめの【銘柄】はいくつかありますが、最終決定は自分が取引をしやすいかどうかで判断する事をおすすめします。

あくまでも自分主体で考える事が非常に重要になってくるでしょう。

  • 通貨ペアもバイナリーオプションでは「銘柄」と考えた方が良い!
  • 株式関連のバイナリーオプション取引だけでは選択肢が少なくなってしまう
  • 魅力的な銘柄もあるが、最終決定は自分の手で行おう

バイナリーオプション取引で好まれるような動きをする通貨ペアなどもあるでしょうし、魅力的に映る部分は人それぞれです。出来るだけ自分が有利になるように選択をしたいですね。

あくまでも予測は利益を得るためにするものであるので、デモ取引等を試してみて、自分に向いているのかどうかの判断を行ってみてください。

銘柄も特徴などがあるので、自分自身で利用してみてから決めるのが一番です。デモ取引を行う事が目的となってはいけませんが、デモ取引でなければ分からない事も多数あります。

まだ、どのバイナリーオプション業者で取引をするのを迷っている場合は、しっかりと特徴を把握するべきでしょう。

バイナリーオプションの「口座開設」って結局どこがいいの?ボーナスとは?審査は?入金不要の取引って何?
バイナリーオプションの口座開設は結局どこがいいの?ボーナスとは?審査は?入金不要の取引って何?バイナリーオプションの口座は結局どこがいいのか?見れば見るほどわからなくなってしまいますが、バイナリーオプション取引をするのなら、良い業者の良い口座で取引をしたいものです。規約は守って口座凍結をさけつつ自分に合ったバイナリーオプション業者を選びたいですね。ボーナスとは?入金不要の取引とは?気になる事を調べてみました。...

結局は自分の好みと安全性を優先して決める事になると思うので、注意してくださいね。

ハイローオーストラリアの無料デモ取引を始める
ABOUT ME
パンダ 専務
こんにちは、パンダ専務です。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今はそこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは9年間の投資家人生で培ったFXとバイナリーオプションの情報をお届けします。使えるものは「使える」、使えないものは「使えない」とバシバシ切り込む所存です!
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面
日本人に愛される海外業者!

マーシャル諸島でHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから日本人利用率No.1の海外業者で、初心者でも安心して使えます。

利用端末
  • スマホ
  • PC
  • 携帯
  • タブレット
決済方法
  • 銀行
  • カード
  • BTC
合わせて読みたい