Highlow.com

ハイローオーストラリアで口座凍結されたら解除や出金はできる?

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の口座凍結について
この記事でわかること
  • ハイローオーストラリアの口座凍結とは何か
  • ハイローオーストラリアにある2種類の口座凍結について
  • 取引口座が凍結されてしまう条件、凍結された際の解決策の有無

Highlow.com(ハイローオーストラリア)には取引口座の利用を制限されたり、取引や出金自体が全く行えなくなる処分として「口座凍結」があります。

普通に取引している以上、取引や出金が行えなくなるという処分を下される事はありませんが、口座凍結にもいくつか種類があるため、原因や口座凍結の種類について見ていきましょう。

ちなみに、当サイトではハイローオーストラリアの口座開設方法についても詳しく解説しております。まだ口座開設がお済みでない場合はご確認下さい。

Highlow.comの公式ページへ

もくじ

ハイローオーストラリアの口座凍結とは?

ハイローオーストラリアの口座凍結とは、ハイローオーストラリアが禁止行為と定める行為を投資家が行なった場合に、その対処として講じられるサービスの利用停止、または利用制限処分です。

口座が凍結されると、取引や入出金をはじめとする様々な機能の利用が制限された後、ハイローオーストラリアのリスク管理部門・コンプライアンス部門による取引口座調査が行われます。

取引口座調査期間は全ての出金依頼が取り消されるため、口座残高の出金を行う事ができません。

highlow.com(ハイローオーストラリア)の口座凍結画面

また、口座凍結には段階があり、凍結され場合は取引に制限がかかる、入出金が行えなくなる、取引で得た利益を没収されるなどの厳しい処分があるため気を付けなければなりません。

場合によっては、口座が凍結されるだけではなく口座の強制解除となる場合もありますので、禁止事項が定められてる事項に抵触することない取引を心掛けましょう。

平社員サトウ
平社員サトウ
利益分まで没収されるとかちょっと怖いんですけど…
パンダ専務
パンダ専務
凍結はスマホのアプリゲームでいう垢BAN(アカウントBAN)と同じで、普通に取引してたら禁止行為に抵触することはないのダ!

2種類の口座凍結処分について

ハイローオーストラリアには、取引や出金を完全に出来なくなる「完全凍結」と、取引上限額や一部の取引機能が制限される「限定凍結」の2種類の口座凍結処分があります。

ハイローオーストラリアにある2種類の口座凍結処分
  • 完全凍結
    ※取引口座(アカウント)の利用停止、強制解約処分。
  • 限定凍結
    ※一部機能の利用や取引に制限がかかる口座凍結処分。

それぞれの口座凍結は、サッカーで言うところのレッドカードとイエローカードです。

サッカーの場合はレッドカードは一発退場、イエローカードは警告(同試合2枚目で退場、累積で次試合出場停止)ですが、ハイローオーストラリアの場合はイエローカードでも取引上限額が制限されるというペナルティがいきなり課せられるため注意が必要です。

それでは、下記で2つの口座凍結の違いについて、もう少し詳しく下記で紹介します。口座凍結処分にならないためにも、禁止行為をしっかり把握しておくようにして下さい。

口座凍結その1:完全凍結

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の完全口座凍結

完全凍結とはその名の通り、取引口座が完全に凍結され、取引をはじめとした入出金やサービスの利用そのものが一切行えなくなるという、口座凍結処分の中でも最も重たい処分です。

この完全凍結は、主にハイローオーストラリアが禁止行為として定める行為を行った投資家を対象に、今後のサービス利用を規制(停止)するための処置として行われる処分となっています。

完全凍結の概要
  • 最小取引額である1,000円の掛け金でも「入力された金額が、購入可能金額を超えています。」と表示され取引が行えない。
  • 入出金を含むすべてのサービスの利用停止。(リスク管理部門・コンプライアンス部門による取引口座精査次第で出金されるケースもあり)
  • 口座残高の出金依頼を行うと出金依頼が取り消される。

この様に口座凍結の処分が完全凍結の場合は取引を含め入出金などの全ての行為が行なえなくなり、最悪のケースでは取引で得た利益は没収されて利益額の出金を行う事ができません。

ちなみに、利用口座が凍結された場合は、ハイローオーストラリア内にあるリスク管理部門・コンプライアンス部門による取引口座調査が行われ、調査結果次第で出金の可否が決定されます。

調査結果次第では、利益額を含めた全ての金額を出金できたり、入金額の一部のみ返金される事もあるようですが、口座が完全に凍結された時点で出金の可能性を半分は諦める必要があります。

平社員サトウ
平社員サトウ
取引不可、利益額没収…考えただけでも恐ろしい!!
パンダ専務
パンダ専務
これがいわゆる”レッドカード”ってやつだね!一発退場!

口座凍結その2:限定凍結

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の限定口座凍結

ハイローオーストラリアの限定凍結とは限定的に凍結される口座凍結の事で、取引や入手金自体は行えるものの、一部の機能がこれまで通り使えなくなるという口座凍結処分です。

限定凍結ではエントリー中に他のエントリーを行えず、連続したポジションの保有や連打での購入ができなくなる事に加え、一度の取引での取引上限額が5,000円までに制限されます。

限定凍結の概要
  • 1取引の上限額が5,000円。5,001円以上の掛け金の場合は「入力された金額が、購入可能金額を超えています。」と表示され取引が行えない。
  • 1つのオプション取引につき、取引できる数が1つまでと制限される。
  • 入出金自体は可能。(コンプライアンス部による取引口座精査期間は入出金が制限される場合があります)

ちなみに限定凍結は主に過剰に利益を得た場合や自動取引ツールの使用を疑われた時に取られる処置とされていますが、「いくら以上稼いだら凍結される」という明確なラインはありません。

ハイローオーストラリアの公式サイト上にも限定凍結に関する記載はなく、一部では運営側が黒と判断できないグレーなユーザーに対する利用制限処置とされています。

平社員スズキ
平社員スズキ
限定凍結を受けると色々と制限されて不便ですね…
パンダ専務
パンダ専務
一応取引はできるけど、これではまともに稼ぐことができない

Highlow.comの公式ページへ

口座凍結条件、強制解約となる6つの理由

ハイローオーストラリアは口座凍結や強制解約処分が下される理由として、クレジットカードの乱用や本人確認書類の偽造をはじめとした、6つの凍結理由を公式サイト内で紹介しています。

まずは、公式サイト内に記載されている口座凍結条件、強制解約理由6つを御覧下さい。

以下の事由に一つでも該当する場合、口座が強制的に解約されます。

  • レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
  • 業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
  • クレジットカードの乱用が認められた場合
  • 取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
  • 本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
  • 同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

引用元:Highlow.com「よくある質問」

口座凍結理由、強制解約理由を読む限り、普通に口座を開設して取引を行っている以上、ハイローオーストラリアが定める禁止行為に抵触する心配はありません。

それでは、各禁止行為をそれぞれ掘り下げて解説して行きます。

凍結理由①:レート遅延やフロントランニングを狙った取引

レート遅延やフロントランニングを狙った取引

普通に取引をしている場合は問題ありませんが、レートの遅延を狙った取引やフロントランニングに該当する取引を常習的に行っている場合は口座が凍結されます。

バイナリーオプションやFXでは、判定レート配信元である会社が異なるためサービス業者によって取引画面内に表示されているレートに微妙なズレが生じます。

この微妙なズレを利用して取引を行うのがレート遅延を利用した取引です。

理論上ハイローオーストラリアより少し早いレートの動きをする業者やレートあれば、予測が容易いという話ですが、もちろん人間の目で見てわかるほどのズレは基本的にありません。

自動でレートの遅延を狙った機械的取引が行える場合は別ですが、そのような行為も含めてハイローオーストラリアでは禁止されているため、この様な行為は行わなようにして下さい。

パンダ専務
パンダ専務
ちなみにフロントランニングとは金融商品取引業者(証券会社等)が顧客の注文情報を利用した自己売買のことなのダ!普通の人ができる事じゃないから大丈夫なのダ!

凍結理由②:業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用

業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用

自動売買ソフトを利用した取引もNGです。SNSやYoutubeなどで自動取引を推奨する投稿が万栄していますが、機械的な取引が検知された時点で口座が凍結され利益分の没収などが行われます。

ちなみにMT4の様なサインツールであれば問題なく使用可能です。取引を自動で行っているわけではなく、取引のポイントなどを外部ツールを通して見ているに過ぎないため問題ありません。

ただし外部ツールを無理矢理ハイローオーストラリアの取引画面に繋ぎ込んで自動で取引をさせてしまうとOUT。オンラインゲームなどでチートやBOTツールを使って自動でレベリングとかするのと同じで、システムに干渉したり、悪用するようなことがあれば凍結処分の対象となります。

また、世の中には「月間で200万稼げる自動売買ソフト」などと題して高額で素人に怪しいソフトを売りつけている詐欺師もいるため騙されないように心掛けましょう。

ハイローオーストラリアでライングループを使った詐欺が流行ってるらしい
ハイローオーストラリアでライングループを使った悪質レクチャーが流行ってるらしいHighlow.com(ハイローオーストラリア)について調べてみるとライングループに行きつきました。そこにYouTuberまで出てきて、なんだか悪質な予感。よろしければご覧ください。...

凍結理由③:クレジットカードの乱用が認められた場合

クレジットカードの乱用が認められた場合

クレジットカードの乱用とは主にクレジットカードの現金化などです。多額の入金をクレジットカードで繰り返し、取引を行わずに出金を繰り返す事で口座が凍結されます。

また、当然ですが本人名義以外のクレジットカードを使用したり、有効期限がきれたクレジットで決済を行おうとすると「クレジットカードの乱用」と判断されるようです。

通常であれば、取引を開始する時点で本人認証を済ませているはずですので、例え家族であっても自分名義以外のクレジットカードを使うのは避けておきましょう。

※ハイローオーストラリアでは利用できるクレジットカード、利用できないクレジットカードが存在します。楽天カードやSMBC系列の一部利用できないクレジットカードの確認は、下記ページで詳しく紹介していますので併せて御覧下さい。

ハイローオーストラリア クレジットカード
ハイローオーストラリアで使えないクレジットカードと送金依頼失敗の対処法Highlow.com(ハイローオーストラリア)のクレジットカード入金は即時反映でおすすめですが、マスターカードを含む一部のクレジットカードで使えない・入金できないという事態が発生しているようです。送金依頼失敗の原因と併せて御覧下さい。...

凍結理由④:取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える場合

マネーロンダリングを疑われる行為

取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合とは主にマネーロンダリングが疑われる場合と解釈しておけば大丈夫です。

数百万単位で入金を行い、あまり取引をしないまま多額の出金申請を行うと口座が凍結されたり、取引を制限される凍結処分を下され取引口座調査が行われる場合があります。

また、クレジットカードの乱用で挙げた「クレジットの現金化」も取引額に見合わない出金申請などが行われた際にマネーロンダリングを疑われ、出金拒否されるので気を付けましょう。

ちなみに入金額に対してどのくらい取引を行なえばマネーロンダリングと判断されず、口座が凍結されないかは定かではありませんが、資金管理も兼ねて入金額は自身の取引に合わせた額を入金するように心がけて下さい。

凍結理由⑤:本人確認書類に偽造を施した場合

ハイローオーストラリアは取引を開始するにあたり本人確認書類を提出し、認証作業を済ませる必要がありますが、他人の身分証を提出したりして偽装を行う事で口座凍結処分となります。

また、本人以外の名義で口座を開設した場合も同様で、たとえ家族や親族であっても口座の共有などは認められておりませんので口座凍結処分の対象となるため注意が必要です。

どちらにせよ、入金情報や出金先の銀行の情報を入力する際に、本人ではない場合は偽装が発覚してしまいますので、必ずご自身の身分証を提出しましょう。

※2020年1月より本人確認は「写真付本人確認書類」を提出すれば、郵便物等の提出は行わずに口座開設が行えるように変更されていますので、認証作業に必要な書類は1種類です。詳しくは下記ページを御覧下さい。

highlow.com(ハイローオーストラリア)の口座開設申込方法について
【審査どれくらい?】最新ハイローオーストラリア口座開設方法を紹介します!最新のHighlow.com(ハイローオーストラリア)口座開設方法です。2020年に口座開設方法リニューアル後の変更点として、審査の時間が大幅短縮と革新的変更に伴いハイローオーストラリアで新規口座開設をしやすいようになってます!...

凍結理由⑥:同一人が複数口座を開いたことが確認された場合

同一人が複数口座を開いたことが確認された場合

ハイローオーストラリアは原則として一人につき1口座しか開設できません。もし口座が凍結された場合でも、新しく作り直したり他人を取引口座を借りて運用することは禁止されています。

また、口座凍結に伴う作り直しでない場合でも「取引手段や方法によって口座を使い分ける」「資金管理やリスク管理のために複数口座を利用する」という事もできません。

新しくアカウントを作り直した場合も他人の取引口座を使った場合も、入出金や本人認証時に複数の口座利用が発覚してしまうため、複数口座を所持するのはやめておきましょう。

※複数口座開設・再登録を行う際のリスクは下記ページで詳しく紹介しています。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で複数口座を使う方法
ハイローオーストラリアで複数口座開設、再登録する方法Highlow.com(ハイローオーストラリア)で現状考えられる複数口座を所持する方法、再登録する方法を紹介。家族名義や他人名義の取引口座を使用するリスク等も詳しく紹介しています。...

Highlow.comの公式ページへ

その他の口座凍結条件や凍結理由について

上記で紹介したのは、ハイローオーストラリアの公式サイト内で”禁止行為“として実際に記載されている内容を紹介しましたが、ここではその他の凍結条件や理由について紹介します。

スキャルピング取引などが一例ですが、これはよくある質問内でには記載されておらず、口座開設時に目を通す利用規約に記載されている内容ですので、その辺も併せて抑えておきましょう。

連打エントリーで自動売買ツールの使用を疑われた場合

ハイローオーストラリアでワンクリック注文を使った連打取引

ハイローオーストラリアの取引画面には、ワンクリック注文というボタン一つエントリーを行う機能が備わっており、この機能を繰り返し使用することで連続したエントリーが可能です。

この連続したエントリーを行う行為を「連打エントリー」と言いますが、連打エントリーを行う事で自動売買ツールや機械的な取引と誤認されて口座が凍結するケースが確認されています。

もちろんワンクリック注文自体は、取引機能としてハイローオーストラリアの取引画面にもともと備わっているものですので利用する分には何の問題もありません。

ただし執拗に連打エントリーを繰り返す事で、人の手で取引が行われていないとハイローオーストラリア側に判断された場合、限定凍結等の口座凍結処分となるリスクがあるため、ワンクリック注文を利用した取引を行う際は過度な連打エントリーは避けるように心がけましょう。

マーチンゲールやスキャルピング取引などの禁止取引

ハイローオーストラリアで口座凍結対象となる禁止されている取引

禁止される取引、つまりマーチンゲール法を使った取引やスキャルピング取引が該当します。

特にマーチンゲール法を使った取引方法については高確率で凍結されると言われており、非常にリスクが高いので絶対に手を出さないように気を付けておかなければなりません。

取引上限額の関係で20万円以上の取引はできないため、マーチンゲール法は使えないと思われていますが、連続でポジションを保有することでそれに親しいことは出来てしまいます。

仮に故意でないにしろ倍掛けのような取引が続きそれが疑われた時、マーチンゲール法でないと証明することも難しいため、意識的にその様な取引を行わないようにするのが一番です。

※マーチンゲール法のリスクについては下記で紹介しています。

highlow.comのペイアウト率ならマーチンが出来るのか?
ハイローオーストラリアはマーチンゲール法禁止!口座凍結の恐れあり!バイナリーオプション業者 highlow.com(ハイローオーストラリア)ではマーチンゲールの法則が利用出来るのか?気になったので調べました。結果あまり使わないほうがいいのではないかと感じたので、詳細を是非どうぞ!...

転売や両建取引で口座凍結になるのか

ハイローオーストラリアの口座凍結条件として、一部では転売機能の多用や両建取引が口座凍結の対象となるという噂があるため、実際のところどこまでが口座凍結対象なのか調べてみました。

ハイローオーストラリアで禁止されている取引について、間違った認識・情報を公開しているウェブサイトも非常に多いため、何が口座凍結対象となるのか正しく覚えておくようにして下さい。

転売の使いすぎで口座は凍結しない

結論から言うと、転売機能はハイローオーストラリアの取引ツールの一つして準備されているものであり、転売機能の多用に対して口座凍結などの処分を受けることはありません。

この転売機能の活用がどうして口座凍結理由として挙げられているかは定かではありませんが、転売機能は上手く活用することで資金のリスク管理を行う事ができるの機能なので、利確・損切り共に上手く活用していくように心がけましょう。

ハイローオーストラリアの転売機能多用で口座凍結はするのか

※転売機能の使い方については、ハイローオーストラリアの転売機能についてをご確認下さい。

もちろん利用規約等に、転売に関する禁止事項が設けられているわけでもなく、取引における戦術の一つして回数制限を気にすることなく転売機能を活用することが出来ます。

平社員スズキ
平社員スズキ
そもそも転売多様されて困るようなら取引ツールとして組み込まれてないような気もしますね…
パンダ専務
パンダ専務
転売を行う時点で、利確させてもペイアウトは通常時より下がるわけだから利益率もそう高くないしね

両建は禁止取引に該当するため口座凍結対象となる

転売機能の利用は口座凍結処分とならない反面、両建取引は口座利用条件【PDF】内に禁止取引として表記されているため、口座凍結の対象となり強制退会処分となります。

上記は契約条件内にあるPDFに記載されている内容なため、見落としてしまっている方も多いと思いますが、両建注文の注文指示は出してならないと掲載されています。

キャッシュバックなどを受け取った際に、全額出金するために両建取引を行い出金のための取引実績を作る方が居ますが、禁止取引として利用口座が凍結されたり出金依頼が取り消されてしまう恐れがあるため、両建注文での取引は行わないようにして下さい。

ちなみに両建注文の様な取引は、取引履歴をみれば一発でわかるため下手な言い訳や言い逃れができません。禁止取引として何らかの処分が下されてからでは遅いので、注意しておきましょう。

パンダ専務
パンダ専務
利用規約にある禁止行為にもきちんと目を通しておこう!

Highlow.comの公式ページへ

勝ちすぎ・稼ぎすぎで口座凍結?目安金額はいくらから?

ハイローオーストラリアには「勝ちすぎることで運営に取引が大幅に制限される限定凍結処分が下される」という噂があります。これぞハイローオーストラリアのアノマリーです。

仮に限定凍結された場合でも、不正に得た利益でなければ利益額を含めた出金はできるようですが、この手の問題は多くの動画配信者も取り上げています。

■ハイローオーストラリアのアノマリー

  • 単月500万円を超える利益で口座凍結
  • 連打でポジションを保有して短期間で稼ぎすぎると口座凍結
  • トータル収益がプラス数百万で口座凍結
  • 年間利益が1,000万円を超えると口座凍結

内容を見る限り、一定ライン稼ぎすぎる取引が制限されて稼ぎににくくなるというものですが、私自身口座が凍結された経験がないのであまり信用していません。

というのも、口座凍結された投資家の取引背景は他人にはわからないからです。

それは動画配信者も含めてですが、配信しながらグループ取引しているのではないか、連打取引で自動売買を疑われる機械的な取引をしてるのではないかと疑いだせば切がありません。

中には、ハイローオーストラリア側から口座が凍結されるくらい稼いで一人前という方も居ますが、この問題については自身の口座が凍結された時に掘り下げて紹介したいと思います(笑)

収益トータルがマイナスの「マイナス口座」は凍結されない

ハイローオーストラリアでは、稼ぎすぎると取引口座が凍結されるという噂があると同時に、絶対に凍結されることがない口座があると噂されている取引口座があるのをご存知でしょうか?

それが、利益額より損失額が上回る、収支がマイナスの取引口座、通称”マイナス口座”です。

マイナス口座とは?

ペイアウト(収益)より購入金額(投資金額)が大きい取引口座
※負け越しているトータル収益が赤字(マイナス)の取引口座

このような収益トータルがマイナスの取引口座はこれまでの取引で損益が膨らんだ口座なので、一部の投資家からは「どれだけ稼いでも出金可能で凍結される心配もない」と噂されています。

ただし、マイナス口座だから何をしてもいいというわけではなく、自動売買ツールの使用や禁止取引に該当する取引を行なった場合は収支に関係なく処分の対象となることを覚えておきましょう。

そもそもマイナス口座が凍結されないということ自体、一部で噂されている事にすぎず何の確証もない情報ですので、結論としてはトータル収支のプラス、マイナスだけで口座凍結の有無の判断を行わないしておくのが無難です。

ハイローオーストラリアで口座凍結されないための対策

ハイローオーストラリアで取引をする投資家は、口座凍結にならないために事前に口座凍結に該当する禁止事項を把握しておくなどの対策が必要です。

口座が凍結されてしまった後で「知らなかった」と騒いでも時既に遅し。ペナルティを受けて十分に取引が出来ない自体に陥らないためのポイントを抑えておきましょう。

口座凍結理由・禁止事項を把握しておく

まずはなぜ口座凍結が行われるのか、どの様な行為が口座凍結の対象となるのかを把握しておくことが大切です。特に禁止事項に関しては誰でも読める場所に記載されています。

ハイローオーストラリア内にある強制退会項目ハイローオーストラリア内にある強制退会項目

口座が凍結された後で「見ていなかったから」「知らなかったから」と言い訳しても意味がありませんので、ハイローオーストラリアで取引を開始する際は必ず目を通すようにして下さい。

ハイローオーストラリアの禁止事項に関しては当ページ内でも紹介していますが、公式サイト内にある「よくある後質問」の中にも明記されています。確認しておきましょう。

自動売買やマーチンゲール法を使わない

禁止事項の中でも自動売買ツールの利用と、マーチンゲール法を使った取引を行うのは最悪手です。たまに「これくらいばれないだろう」と言う方も居ますが、ほぼ100%の確率でバレます。

そもそもマイページ内の取引履歴からは過去の取引を遡ってPDFやCSVをダウンロードできる仕様ということは、ハイローオーストラリア側で取引履歴を管理していると言うこと。

特にマーチンゲール法の様な取引金額が取引毎に倍増していくようなものであれば、履歴からすぐに判別することができるため、取り締まる側も違反の発見に苦労はしないはずです。

また、不正取引が仮に運営側に検知された場合見でも、「知らなかった」「他の人もやっている」なんて言い訳はもちろん通用しません。

口座凍結したら解除や出金はできる?凍結期間は?

もしもハイローオーストラリアで口座が凍結したら、凍結の解除や出金は行えるのかと気になる方も多いと思いますが、原則として一度凍結され取引口座は無期限凍結で解除は行なえません。

また、出金に関しては凍結後にリスク管理部門、コンプライアンス部門による取引口座調査が行われるため、調査中は出金依頼が取り消され、調査結果次第で出金が可能となります。

口座凍結まとめ
  • 口座凍結の解除→不可
  • 口座凍結後の出金→取引口座調査期間は不可
  • 口座凍結期間→無期限

提出書類の不備などで、一時的な口座凍結処分を受けるなど特殊な場合もあるようですが、特殊なケースを除き不正取引や禁止行為に伴い口座が凍結された場合は永久凍結で解除はできません。

いずれにせよ、凍結後に投資家側で対処できる事はありませんので、サポートに問い合わせを行い凍結原因の究明を行うと同時に、取引口座調査に伴い身分証の提出物を求められる場合があるため、必要に応じて必要書類を準備しておくように心がけましょう。

※ハイローオーストラリアのサポートへ問い合わせる方法は下記ページで詳しく紹介しています。

【最新版】ハイローオーストラリアのサポートへ問い合わせる方法Highlow.com(ハイローオーストラリア)の公式サポートへの問い合わせ方法を電話、メールそれぞれ紹介しています。2019年6月の口座移行に伴い、公式サポートの電話番号が変更されていますので、電話が繋がらないという方は必見です。...

凍結後の再登録・別口座の開設はできない

ハイローオーストラリアでは原則一人につき、1つの取引口座の所持と利用規約で決められているため、口座凍結後に再登録や別口座を新しく開設するとい行為は利用規約違反となります。

ハイローオーストラリアでは口座凍結後の再登録・別講座所持はできない

再登録については、自己申告にて退会を行なった場合のみ、退会日から1年間の期間を空ける事で可能ですが、不正取引や禁止行為に伴う口座凍結処分を受けた場合は自己申告での退会ではありませんので、再登録や別講座の開設は行なえません。

仮に再登録ができたとしても、本人確認を行う時点で再登録である事が確認された時点で開設した口座は再び凍結処分を受けてしまうため、再登録や別口座の所持は行わないようにして下さい。

それでもバイナリーオプション取引を続けて行きたいという場合は、ハイローオーストラリア以外の業者を探し、そちらで取引をしたほうが早いでしょう。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で複数口座を使う方法
ハイローオーストラリアで複数口座開設、再登録する方法Highlow.com(ハイローオーストラリア)で現状考えられる複数口座を所持する方法、再登録する方法を紹介。家族名義や他人名義の取引口座を使用するリスク等も詳しく紹介しています。...

まとめ

このページではHighlow.com(ハイローオーストラリア)の口座凍結とその種類について紹介しました。一度でも凍結された取引口座は基本的に復活することも、新しく作り直すこともできないので気を付けましょう。

  • ハイローオーストラリアの口座凍結には完全凍結と限定凍結の2種類の凍結があり、重い処分の場合は完全凍結となる。
  • 基本的に不正行為を行った場合は完全凍結、疑わしい行為を運営側に検知されると限定凍結となり、凍結後は解除することは不可能。
  • 完全凍結は強制退会と同じ扱い、限定凍結は取引はできるものの大幅に取引を制限される。

また、ネット上には「マーチンゲールやスキャルピングなら凍結にならない」という情報も出回っていますが、運営側に疑わしい取引だと判断された時点で限定凍結などの対処が行われます。

最終的には全て投資家本人の責任として処理されるため、禁止事項として定められているルールは事前に確認して、それに抵触しないように心掛けながら取引を行うようにしましょう!

ハイローオーストラリアの無料デモ取引を始める
ABOUT ME
アバター
パンダ 専務
こんにちは、パンダ専務です。自由に使えるお金が少しでも増えればと思い為替取引を開始してはや5年。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今は社会人の肩書を捨て、そこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは5年間で培ったFXとバイナリーオプションの情報をお届け致します!
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面
日本人に愛される海外業者!

マーシャル諸島でHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから日本人利用率No.1の海外業者で、初心者でも安心して使えます。

利用端末
  • スマホ
  • PC
  • 携帯
  • タブレット
決済方法
  • 銀行
  • カード
  • BTC